ほるとそう (ほると草) 

学名  Euphorbia lathyris
日本名  ホルトソウ
科名(日本名)  トウダイグサ科
  日本語別名  コハズ(小巴豆)、クサホルト(草ほると)
漢名  續隨子(ショクズイシ,xusuizi)
科名(漢名)  大戟(タイゲキ,daji)科
  漢語別名  小巴豆(ショウハトウ,xiaobadou)、菩薩豆、千金子(センキンシ,qianjinzi)・千兩金、拒冬、聯歩
英名  Caper spurge
2009/04/30 薬用植物園
2006/06/22 同上
2008/07/21 薬用植物園

 トウダイグサ属 Euphorbia(大戟屬)の植物については、トウダイグサを見よ。
 和名のほるとはポルトガルの略、種子から油をとり ポルトガル油(オリーブ油)の代用としたことから。草ほるとは、木のオリーブに対していう。
 なお、似た名を持つものにホルトノキがある。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』13(1806)続随子に、「通名ホルトサウ コクドサウ チヤウセンヤナギ種樹家」と。
 漢名は、「葉の中に葉を出だす。數數相續いて生ず。故に名づくと(本草綱目)
 ヨーロッパ原産。
 東アジアでも早くから栽培されており、日本には、一説に約六百年前、一説に宝永
(1704-1711)年間に渡来したという。
 有毒植物、全草に有毒物質を含む。
 種子から油を採り、薬用などに用いる。『中薬志Ⅱ』pp.31-33
 今日では、代表的な石油植物の一。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index