とまと (トマト) 

学名  Lycopersicon esculentum
日本名  トマト
科名(日本名)  ナス科
  日本語別名  アカナス(赤茄子)トウナス(藤茄子)・ツルナスビ(蔓茄子)、サンゴナスビ・サンゴジュナスビ(珊瑚樹茄)、トウガキ(唐柿)・ロクガツガキ(六月柿)、 
漢名  蕃茄(バンカ,fanqie)
科名(漢名)  茄科
  漢語別名  西紅柿(セイコウシ,xihongshi)、洋紅柿(ヨウコウシ,yanghongshi)、蕃柿(バンシ,fanshi)、六月柿
英名  Tomato, Love apple
2004/07/06 三芳町竹間沢
2005/05/24 東大農園

 多くの栽培品種がある。
   マメトマト
(チェリートマト) var. cerasiforme など 
 トマト属 Lycopersicon(蕃茄屬)は、南アメリカ西部からガラパゴス諸島に9-10種が分布する。果実は有毒なものが多い。
   L. cheesmanii
   L. chilense
果実は緑色
   トマト L. esculentum(E.Tomato)
     var. cerasiforme
果実は食える。栽培トマトの原種
   L. hirsutum
果実は緑色
   L. pervianum 
果実は緑色
   フサスグリトマト
(カラントトマト)  L. pimpinellifolium(E.Red currant,
        Grape tomato) 
果実は赤色 
 ナス科 SOLANACEAE(茄科)については、ナス科を見よ。
 英名は、一説にメキシコ原住民による tomati から、或はペルー語の tomate から。
 一説に、古フランス語・古スペイン語のトマテ
(「膨らむ果実」)から。
 イタリア語名はポモドーロ pomodoro、「金のリンゴ」の意。
 属名は「狼の桃」、果実の色が血を思わせることから。種小名は「食用の」。
 南アメリカアンデス地方(西斜面のペルー・エクアドル地方)原産、一説に栽培化された場所はメキシコ・中央アジア。広く世界の熱帯・温帯で栽培されている。
 16世紀にヨーロッパに持ち込まれ、はじめは有毒果実と誤られたこともあり、観賞用に栽培。
 18世紀中葉から主にイタリアで蔬菜として食用に供され、19世紀にイタリア・アメリカで普及、20世紀に入ると広く大衆化した。
 中国文献では『広群芳譜』(1708)に「蕃柿」として初見。
 日本文献では貝原益軒
(1630-1714)『大和本草』(1709)に「唐がき」として初見。日本では初めは観賞用。食用にされたのは、明治時代に北海道に新品種(9品種)が導入されてから後であり、普及したのは昭和に入ってから。中国でも、一般に栽培されるようになったのは日本と同じ頃であろうという。
 
   驚きて猫の熟視
(みつ)むる赤トマトわが投げつけしその赤トマト
   見れば乞食
(かたゐ)は腐れ赤茄子(トマト)をかいつかみ
     ひたぶる泣きて食
(くら)ふなりけり
       
(北原白秋『桐の花』1913)
 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index