しらん (紫蘭) 

学名  Bletilla striata
日本名  シラン
科名(日本名)  ラン科
  日本語別名  シケイ、シュラン、ラン
漢名  白芨・白及(ハクキュウ,baiji) 
科名(漢名)  蘭(ラン,lan)科
  漢語別名  白及子、白根、雙腎草(ソウジンソウ,shuangshencao)、地螺絲、白鷄娃・白鷄兒、連及草、羊角七、西牛角、呼良薑
英名  Bletilla
2007/05/10 薬用植物園
2005/05/17 三芳町竹間沢
 シラン属 Bletilla(白芨屬)には、東アジアに約9種がある。
   アマナラン B. formosana(小白芨)
 『雲南の植物』57
   B. ochracea(黄花白芨・猫兒薑)
 『中国本草図録』Ⅵ/2949
   シラン B. striata(白芨・雙腎草) 
 ラン科 Orchidaceae(蘭科)については、ラン科を見よ。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)白芨に、「和名加々美」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』8
(1806)に、「シラン シケイ花戸 シュラン筑前阿州豫州播州雲州 ラン奥州」と。
 漢名は、李時珍『本草綱目』(ca.1596)白及の釈名に、「其の根は白色、連及して生ず。故に白及と名づく」と。
 日本(関東以西)・朝鮮・中国(華東・華南・陝西・四川・雲南)・臺灣に分布。
 日本では、野生のものは準絶滅危惧種。
 本種 或いは同属の B. ochracea(狹葉白芨・黄花白芨・猫兒薑)の偽球茎を、熱湯につけ 日干ししたものを、白芨(びゃくきゅう)と呼び 薬用にする。『中薬志Ⅰ』pp.146-148
 また、澱粉を糊として用いる。
 西行(1118-1190)『山家集』百首に、

   野辺の色も 春のにほひも おしなべて 心そめける さとりにぞなる
     
(楊梅の春の匂 遍吉の功徳なり、紫蘭の秋の色は 普賢菩薩の真相なり)
 
 『花壇地錦抄』(1695)巻四・五「草花 夏之部」に、「紫蘭 初。葉ハさゝのやうにて、中より花出て、こいむらさき」「白蘭 初。葉ハしらんよりみじかく、花しろし」と。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index