のげいとう (野鶏頭) 

学名  Celosia argentea
日本名  ノゲイトウ
科名(日本名)  ヒユ科
  日本語別名  アマサク、イヌゲイトウ、キツネビ、ノビキヤシ、イヌノラ
漢名  靑葙(セイショウ,qingxiang)
科名(漢名)  莧(カン,xian)科
  漢語別名  葙(ショウ,xiang)、野鷄冠花(ヤケイカンカ,yejihuanhua)、狗尾花、狗尾莧、白鷄冠、白桂菊花
英名  Celosia, Feather cockscomb
2007/06/20 薬用植物園
2007/07/21 同上

 ケイトウ属 Celosia(青葙屬)については、ケイトウを見よ。
 漢名靑葙の名義は不明(李時珍『本草綱目』)
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)青葙に、「和名宇末佐久、一名阿末佐久」と。
 源順『倭名類聚抄』(ca.934)青葙に、「和名宇末佐久、一云阿万佐久」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』11
(1806)に、「青葙 アマクサ和名鈔 ノゲイトウ イヌゲイトウ豫州 キツネビ摂州 ノビキヤシ同上 イヌノラ防州」と。
 熱帯アジア原産、江戸時代に渡来した。今は関東以西に帰化している。
 中国では、種子(青葙子)・茎・葉・花序を 薬用にする。『中薬志Ⅱ』pp.230-234 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index