きょうがのこ (京鹿子) 

学名  Filipendula purpurea
日本名  キョウガノコ 
科名(日本名)  バラ科
  日本語別名  
漢名  槭葉蚊子草(シュクヨウブンシソウ,qiyewenzicao)
科名(漢名)  薔薇(ショウビ,qiangwei)科
  漢語別名  
英名  Japanese meadowsweet
2007/06/06 京都府立植物園

 F. purpurea(槭葉蚊子草)の基本変種。
 白花品種をナツユキソウ(夏雪草)という。
 シモツケソウ属 Filipendula(蚊子草屬・合葉子屬)については、シモツケソウを見よ。
 和名は、花の様子を 京染めの鹿子絞りに擬えて。
 しばしば栽培観賞されているが、自生地は不明。
 福島県・新潟県に野生するコシジシモツケソウ F. purpurea var. auriculata(F. auriculata)の改良品種、あるいはシモツケソウ F. mutijuga との雑種、と言う。
 『花壇地錦抄』(1695)巻四・五「草花 春之部」に、「鹿子(かのこ)草 中末。うすむらさき、こまか成花也。かのこのことし」と。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index