こでまり (小手鞠) 

学名  Spiraea cantoniensis
日本名  コデマリ
科名(日本名)  バラ科
  日本語別名  スズカケ
漢名  麻葉繡毬(マヨウシュウキュウ,maye xiuqiu)
科名(漢名)  薔薇(ショウビ,qiangwei)科
  漢語別名  石棒子、麻葉繡綫菊
英名  Reeves spir(a)ea
2005/05/09 学内

 変種にヤエコデマリ var. plena がある。
 シモツケ属 Spiraea(繡綫菊属)の植物については、シモツケを見よ。
 和名は、花序の形を小さな手毬に擬えて。コというのは、オオデマリに対する名だが、両者は別科。
 中国(廣東・福建)原産。中国では、河北以南で栽培。
 日本では、すでに江戸時代初期に栽培されていた。
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「山椒(さんせう)るひ」に、「小てまり しもつけのやうニて、木長クのびる物。花形くゝりて、ふさのごとく、立花ニすゞかけといひてつかふハ是なり」と。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index