ちょうせんあさがお (朝鮮朝顔) 

学名  Datura metel
日本名  チョウセンアサガオ
科名(日本名)  ナス科
  日本語別名  ナンバンアサガオ、マンダラゲ(曼陀羅華)・マンダラヨウ、キチガイナスビ(気違茄子)、イガナスビ、ゲカタオシ、ダツラ・ダツラシ
漢名  洋金花(ヨウキンカ,yangjinhua)
科名(漢名)  茄(カ,qie)科
  漢語別名  曼荼羅花(マンダラカ,mantuoluohua)・白花曼陀羅、風茄兒・山茄子、金盤托茘枝(キンバンタクレイシ,jinpantuolizhi)、南洋金花、
英名  Entire-leaved thornapple, Hindu datura
2005/08/19 薬用植物園

2010/10/16 薬用植物園


 チョウセンアサガオ属 Datura(曼陀羅屬)は、熱帯アメリカを中心に、世界の熱帯・亜熱帯・暖温帯に、約24種が分布する。
  D. ceratocaula
  ツノミチョウセンアサガオ D. ferox
熱帯アメリカ原産
  チョウセンアサガオ D. metal(洋金花・金盤托茘枝・曼荼羅花・白花曼陀羅・南洋金花)
        
『中国雑草原色図鑑』196
    ヤエチョウセンアサガオ 'Floreplena'(D.fastuosa) インド乃至近東・エジプトに分布
  ヨウシュチョウセンアサガオ
(広義) D. stramonium
    シロバナヨウシュチョウセンアサガオ f. stramonium(曼陀羅・醉心花・狗核桃)
         原産地不明、古くから世界中に分布。『中国本草図録』Ⅱ/0811・『中国雑草原色図鑑』196
    トゲナシチョウセンアサガオ var. inermis(D.inermis;無刺曼陀羅)
    ヨウシュチョウセンアサガオ
(狭義) var.tatura(var.chalybea;紫花曼陀羅) 
  D. versicolor
  ケチョウセンアサガオ(アメリカチョウセンアサガオ) D. wrightii(D.inoxia;毛曼陀羅・
        軟枝曼荼羅・鳳茄花・串筋花・洋金花・北洋金花)
         熱帯アジア原産、一説に北アメリカ原産。アメリカチョウセンアサガオを
        
 D.meteloides とすることがある。『中国本草図録』Ⅴ/2302
 
 なお、キダチチョウセンアサガオ属 Brugmansia を独立して扱うことがある。
  ピンクダチュラ(コダチチョウセンアサガオ) B. arborea(D.arborea;木曼陀羅)
        
 『中国本草図録』Ⅱ/08089
  ニオイチョウセンアサガオ B. cornigera(D.cornigera) 低木、メキシコ原産
  ベニバナチョウセンアサガオ B. sanguinea(D.sanguinea) 
低木、ペルー原産
  オオバナチョウセンアサガオ(キダチチョウセンアサガオ・カシワバチョウセンアサガオ)
         B. suaveolens(D.suaveolens)
 熱帯アメリカ原産 
 ナス科 SOLANACEAE(茄科)については、ナス科を見よ。
 和名にかかわらず、朝鮮半島とは特別の関係は無い。
 命名の由来は不明、あるいは韓国から渡来したものかともいう。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』13(1806)曼陀羅花に、「テウセンアサガホ ヤマナスビ ナンバンアサガホ ハリナスビ豫州 トウナスビ同上 外科コロシ讃州 外科ダウシ伯州石州豫州 天竺ナスビ防州 イガナスビ同上 ギバサウ豊前 チヤメラサウ江戸 キチガヒナスビ石州 アヰス備後 イガナス長州 キアサガホ下総 テウセンタバコ遠州 トウアサガホ バラモンサウ」と。
 和名・漢名を曼陀羅・曼陀羅華と呼ぶ植物については、デイコを見よ。
 属名は、サンスクリット語の dhattura に起源し、直接にはヒンディー名 dhatura から。
 インド原産。
 日本には 宝永
(1704-1711)年間に薬用に輸入され、栽培されたが、その後廃れた。今日では、かえって花の観賞用に植栽されている。沖縄には野生がある。
 葉・花・種子(曼陀羅子,マンダラシ,mantuoluozi)などにアルカロイドを含み、猛毒。
 中国では、チョウセンアサガオ・ケチョウセンアサガオ・シロバナヨウシュチョウセンアサガオの開いた花を洋金花と呼び、花・葉・種子を、曼陀羅と呼び、薬用にする。『中薬志Ⅲ』pp.346-351、『中草藥現代研究』Ⅱp.542 
 日本では、文化元年(1804)、花岡青洲(1760-1835)が日本で初めての乳がんの手術に当って、全身麻酔に用いた。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index