やまならし (山鳴し)

学名  Populus sieboldii
日本名  ヤマナラシ
科名(日本名)  ヤナギ科
  日本語別名  ハコヤナギ(箱柳)、ドロ
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2009/04/20 仙台市東北大学植物園
 ヤマナラシ属(ハコヤナギ属) Populus(楊屬)には、次のようなものがある。

 ヤマナラシ亜属 Populus
   P. adenopoda (響葉楊) 『中国本草図録』Ⅹ/4550
   ウラジロハコヤナギ(ギンドロ・ハクヨウ) P. alba (銀白楊)
     var. pyramidalis(新疆楊)
   P. berolinensis(中東楊)
   P. bonatii(圓葉楊) 
『雲南の植物Ⅰ』154
   ポプラ(セイヨウハコヤナギ) P.×canadensis (加拿大楊) 『中国本草図録』Ⅸ/4065
   P. cathayana (靑楊)
 中国(遼寧・華北・西北・四川・チベット)に分布
   P.charbinensis(哈靑楊)
   P. ciliata(緣毛楊)
   チョウセンヤマナラシ P. davidiana (山楊)
        
日本・朝鮮・中国(東北・華北・華東・西北)に分布
   ナミキドロ
(アメリカクロヤマナラシ) P. deltoides 北アメリカ産
   P. diversifolia (胡楊・胡桐)
『中国本草図録』Ⅱ/0520
   P. hopeiensis(河北楊・椴楊・串楊)
   エゾヤマナラシ P. jesoensis
   P. koreana(香楊)
   P. lasiocarpa (大葉楊)
   P. laurifolia(苦楊)
   ドロヤナギ(ドロノキ・デロ) P. maximowiczii (遼楊・臭梧桐)
        
日本(中部以北)・朝鮮(中部以北)・中国(東北・内蒙古・河北)・ウスリー・アムールに分布
   ヨーロッパヤマナラシ
(ヨーロッパクロヤマナラシ) P. nigra(黑楊;E.Black poplar)
        
ヨーロッパ原産
     セイヨウハコヤナギ var. italica (鑽天楊) → P.×canadensis
     var. thevestina(箭桿楊)
   P. pruinosa(灰胡楊)
   P. pseudo-simonii (小靑楊)
 『中国本草図録』Ⅴ/2039
   P. purdomii (東
(冬?)瓜楊)
   P. rotundifolia var. duclouxiana(淸溪楊)
   ヤマナラシ(ハコヤナギ) P. sieboldii
 日本(北海道・本州・四国)に分布
   P. simonii (小葉楊) 『中国本草図録』Ⅸ/4066
   P. szechuanica(川楊)
      var. tibetica(藏川楊)
 『雲南の植物Ⅰ』154
   P. talassica(密葉楊)
   P. tomentosa(毛白楊・響楊)
中国(遼寧・華北・華東・西北)に分布。
        『中国本草図録』Ⅸ/4067、『中草藥現代研究』Ⅲp.222
   P. ussuriensis(大靑楊)
   アメリカヤマナラシ P. tremuloides
北アメリカ産
   P. wilsonii(椅楊)
   P. yunnanensis(雲南白楊・滇楊)
『雲南の植物Ⅱ』145

 コトカケヤナギ亜属 Turanga
   コトカケヤナギ P. euphratica 
『旧約聖書』の詩篇137に詠われる柳
   P. ilicifolia
   P. pruinosa
 
 和名は、葉が風に揺れてぶつかりあい、音を立てることから。
 日本(北海道・本州・四国)・朝鮮に分布。
 
 『旧約聖書』詩篇137に、バビロニアの捕囚となった古代イスラエルの人々が、首都バビロンの流れのほとりに生えた柳の木に竪琴を掛け、故郷のシオンを思い出して涙を流した、とある「バビロンの柳」は、ポプラの仲間(ヤナギ科ヤマナラシ属)のコトカケヤナギ Populus euphratica であったという。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index