やまぼうし (山法師) 

学名  Benthamidia japonica(Cornus kousa)
日本名  ヤマボウシ
科名(日本名)  ミズキ科
  日本語別名  ヤマグワ、ダンゴギ・ダンゴバラ、マイダマギ
漢名  四照花(シショウカ,sizhaohua)
科名(漢名)  山茱萸(サンシュユ,shanzhuyu)科
  漢語別名  山茘枝、野茘枝
英名  Dogwood
2010/05/28 神代植物公園

2007/05/20 神代植物公園

2011/08/01 茅野市北山

2004/12/01 学内

2006/11/18 神代植物公園

 ヤマボウシ属 Benthamidia には、次のようなものがある。
   ヒマラヤヤマボウシ
(キイロヤマボウシ) C. capitata(Dendrobenthamia capitata;
        頭状四照花・鷄嗉子・野茘枝・山茘枝) 『雲南の植物Ⅱ』183・『雲南の植物』142

        中国・ヒマラヤに分布
   ハナミズキ
(アメリカヤマボウシ) B. florida(Cornus florida)
   ヤマボウシ B. japonica(Cornus kousa,Dendrobenthamia japonica)
     var. angustata(Dendrobenthamis angustata;陜葉四照花・山茘枝・野茘枝)
     ヤエヤマヤマボウシ var. chinensis(B.sinensis;四照花・山茘枝)
        
 『中国本草図録』Ⅳ/1777
   セイガンヤマボウシ C. nuttallii
        
北アメリカ西海岸に分布。カナダのブリティッシュコロンビア州の州花

 なお、中国の Dendrobenthamia(四照花屬)には、他に次のようなものがある。
   D. gigantea(大型四照花)
   D. hongkongensis(Cornus hongkongensis;香港四照花)
   D. melanotricha(Cynoxylon melanotricha;光葉四照花‣黑毛四照花) 
 ミズキ属 Cornus(棶木屬)とヤマボウシ属 Benthamidia については、ミズキ属を見よ。
 和名は、4枚の白い苞と その中央の花を、法師の坊主頭と頭巾に擬えて。
 種小名は、日本の方言クサから。
 基本種は日本・朝鮮に分布。中国には長江流域に変種 var. chinensis(英名は Chinese dogwood)が分布。
 果実は、食える。
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「辛夷(こぶし)のるひ」に、「いつき 葉ハ沙羅双樹のごとくにて一所ニ四葉づゝ付。花ハ白、大りん。是も四葩(は)づゝ付。枝にならびて咲物なれバ、其見事成事、たとへを取ニ物なし。しかし四花四葉とて、大キニきらふ花なり。一名山桑(やまくは)ト云」と。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index