さるすべり (猿滑) 

学名  Lagerstroemia indica
日本名  サルスベリ
科名(日本名)  ミソハギ科
  日本語別名  ヒャクジツコウ(百日紅)、サルナメシ・サルナメリ、ハダカノキ・ハダカギ
漢名  紫薇(シビ,ziwei)  
科名(漢名)  千屈菜(センクツサイ,qianqucai)科
  漢語別名  ほかに花の色により白薇(ハクビ,baiwei)・紅薇(コウビ,hongwei)・翠薇(スイビ,cuiwei)などを区別し、薇花(ビカ,weihua)と総称。
 また百日紅(ヒャクジツコウ,bairihong)、滿堂紅(マンドウコウ,mantanghong)、痒痒樹(ヨウヨウジュ,yangyangshu)、拍癢花(ハクヨウカ,paiyanghua)、海棠樹(カイドウジュ,haitangshu)、猴剌脱(コウラツダツ,houlatuo)、猴郎達樹(コウロウタツジュ,houlangdashu)、無皮樹(ブヒジュ,wupishu)
英名  Crape myrtle, Indian lilac
2007/04/29 神代植物公園
2005/07/28 学内
2005/08/23 三芳町竹間沢
2004/10/08 学内 2005/12/10 三芳町竹間沢
 サルスベリ属 Lagerstroemia(紫薇屬)には、次のようなものがある。
   コサルスベリ(ムラサキサルスベリ) L. amabilis 中国原産、サルスベリとシマサルスベリの雑種。
   ヤクシマサルスベリ L. fauriei 屋久島山地に自生。
   サルスベリ L. indica(紫薇)
   オオサルスベリ(オオバナサルスベリ・ジャワザクラ) L. speciosa 東南アジア原産、サイゴン・シンガポールなどで街路樹として植栽。 『中国本草図録』Ⅸ/4253
   シマサルスベリ L. subcostata(南紫薇・苞飯花・九荊)
   L. tomentosa(毛葉紫薇)
 『雲南の植物Ⅲ』60 
 ミソハギ科 LYTHRACEAE(千屈菜科)については、ミソハギ科を見よ。
 和名サルスベリ・サルナメリなどは、樹幹がすべらかなことから。中国の別名猴剌脱・猴郎達樹も同。
 なお、ナツツバキヒメシャラにも サルスベリの称があった。
 漢名百日紅は、花期が(陰暦6月から9月までと)長いことから。
 中国で、幹を指で掻けば枝葉が動くといい、痒痒樹・拍癢花の称がある。
 日本でも、同様にサスリノキ・クスグリノキ・コソグリノキ・コチョコチョノキ・ワライギなどの別名がある。
 英名に含まれる Myrtle は ミルテだが、所謂ミルテの花は全く別の植物であり、フトモモ科の常緑樹ギンバイカ。
   ギンバイカ M. communis(E.Myrtle,G.Myrte,F.Myrte)
南ヨーロッパ原産、女神ウェヌスの神木。『週刊朝日百科 植物の世界』4-184

 また、ヒメツルニチニチソウの英名も Myrtle。
 属名 Lagerstroemia は、スウェーデン人ランゲルストレーム Magnus von Langerstroem(?-1759)に因む。彼は、リンネの友人。
 中国南部原産。日本には鎌倉時代までに(一説に江戸時代以前に)渡来。
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「山椒(さんせう)るひ」に、「百日紅(ひやくじつかう) 花色くれない、むらさきのやうニも見ゆる。さかり久敷有」と。
 
   油蝉いま鳴きにけり大かぜのなごりの著
(し)るき百日紅(さるすべり)のはな
   冬庭に百日紅の木ほそり立ち七面鳥のつがひあゆめり
     
(1914,斉藤茂吉『あらたま』)
   長崎の昼しづかなる唐寺やおもひいづれば白きさるすべりのはな
     (1921,斎藤茂吉『つゆじも』)
   ゆふぐれのかぜ庭土をふきとほり散りし百日紅
(ひやくじつこう)の花を動かす
   しづかなる秋日
(あきび)となりて百日紅(さるすべり)いまだも庭に散りしきにけり
     (1935,斎藤茂吉『暁紅』)
   わが庭は冬さびにけりまぼろしにいまだも見ゆるさるすべりの花
     
(1936「庭前初冬」,斎藤茂吉『暁紅』)
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index