くろうすご (黒臼子)

 学名

 Vaccinium ovalifolium

 和名

 クロウスゴ

 科名(和)

 ツツジ科

  別名(和)

 

 漢名

 

 科名(漢)

 

  別名(漢)

 

 英名

 


2012/08/12 長野県 木曾駒ケ岳 千畳敷カール (h. ca. 2660m)

 クロウスゴ V. ovalifolium には、次のような変種・品種がある。
   ケバノクロウスゴ f. villosum
   ミヤマエゾクロウスゴ var. alpinum 
北海道の高山に産。
   オククロウスゴ var. sachalinense
北海道(利尻島)・樺太産。  

 スノキ属 Vaccinium(越橘屬または烏飯樹屬)については、スノキ属を見よ。 

 和名ウスゴ(黒子)は、果実の形から。

 日本(北海道・本州中部以北の亜高山帯・高山帯)・千島・カムチャツカ・北アメリカ北部に分布。

 果実は食用にする。

 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index