はないかだ (花筏) 

学名  Helwingia japonica
日本名  ハナイカダ
科名(日本名)  ミズキ科
  日本語別名  ママッコ、ヨメノナミダ、ツキデノキ
漢名  靑莢葉(セイキョウヨウ,qingjiaye)
科名(漢名)  山茱萸科
  漢語別名  
英名  
2007/04/29 神代植物公園
雄株 雌株

2007/05/20 同上 (雌株)

2007/06/28 同上 (雌株)


 ハナイカダ属 Helwingia(靑莢葉屬)には、次のようなものがある。
   H. chinensis(中華靑莢葉・葉長花)
 『雲南の植物Ⅱ』184・『中国本草図録』Ⅴ/2237
   H. himalaica(西藏靑莢葉・西南靑莢葉‣葉上花)
 『雲南の植物Ⅱ』184・『中国本草図録』Ⅱ/0748
   ハナイカダ H. japonica(靑莢葉‣葉上花)
     コバノハナイカダ var. parvifolia
     var. szechuanensis(H.szechuanensis;四川靑莢葉)
     リュウキュウハナイカダ ssp. liukiuensis
   H. omeiensis(峨眉靑狹葉・葉上花) 『中国本草図録』Ⅶ/3263 
 ミズキ科 CORNACEAE(山茱萸科)については、ミズキ科を見よ。
 和名は、葉の上に花をつけることから。
 日本の各地に分布。雌雄異株。
 葉と果実を葉上珠と呼び、薬用にする。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index