がくあじさい (額あじさい)  

学名  Hydrangea macrophylla f. normalis
日本名  ガクアジサイ
科名(日本名)  ユキノシタ科、又はアジサイ科
  日本語別名  ガク(額)、ガクバナ、ガクソウ、ハマアジサイ、ズイノキ、シロズイ
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2008/07/01 小石川植物園
 アジサイ H. macrophylla f. macrophylla の原種。
 園芸品種に、次のようなものがある。
   フイリガクアジサイ cv.'Maculata'
   ハチジョウチドリ(八丈千鳥)
   ミカンバガクアジサイ cv.'Mikanba-Gaku-Azisai'

 なお、型 forma は変種 var.として扱う場合がある。
 アジサイ属 Hydrangea(繡毬屬)については、アジサイを見よ。
 和名は、花序の周囲に額のように装飾花をつけることから。
 日本の固有種で、房総半島・三浦半島・伊豆半島・伊豆諸島に自生し、浜辺近くの樹林に生ずる。そのほか、小笠原・御前崎・伊良湖崎・知多半島・紀伊半島南部・足摺岬などに野生状態のものがあるが、本来の自生であるか否かは決め難い、という。
 中国(浙江)で自生品が発見されたと報告があるが、なお検討を要する、という。
 観賞用によく植栽する。
 むかし枝から髄を取り、灯心に用いた。
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「山椒(さんせう)るひ」に、「がく あぢさいのひとへ也。色、白と浅黄」と。
フイリガクアジサイ cv. Maculata  2008/07/01 小石川植物園

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index