えごのき 

学名  Styrax japonica
日本名  エゴノキ
科名(日本名)  エゴノキ科
  日本語別名  チシャノキ・チサノキ、ヤマチサ・ヤマヂシャ(山萵苣)、ズサ・ヂサ、コヤスノキ、ロクロギ、チョウメン、サボン
漢名  野茉莉(ヤマツリ,yemoli)
科名(漢名)  野茉莉科、安息香(アンソクコウ,anxixiang)科
  漢語別名  
英名  Japanese snowbell
2007/04/08 薬用植物園
2006/05/20 野川公園
2007/05/12 小平市
2006/06/22 薬用植物園
 エゴノキ科 Styracaceae(野茉莉科)には、約11属150種がある。
   Alniphyllum(赤楊葉屬)
     A. eberhardtii(牛角樹・滇赤楊)
     A. fortunei(赤楊葉)
     A. pterospermum(臺灣赤楊葉)
   アメリカアサガラ属 Halesia(銀鐘花屬)
   Huodendron(山茉莉屬)
     H. biaristatum(雙齒山茉莉)
       ssp. parviflorum(小花山茉莉)
   Melliodendron(鴉頭梨屬)
     カラスナシ M. xylocarpum(鴉頭梨・水冬・白花樹)
     M. wangianum(川鴉頭梨)
   Parastyrax(茉莉果屬)
     P. lacei(茉莉果)
     P. macrophylla(大葉茉莉果・大呵啡)
   アサガラ属 Pterostyrax(白辛樹屬)
日本乃至ビルマに4種
     アサガラ P. corymbosa(小葉白辛樹)
     オオバアサガラ P. hispida(P.micrantha)
     P. psilophylla(白辛樹)
   Rehderodendron(木瓜紅屬)
     R. kwangtungensis(廣東木瓜紅)
     R. kweichowense(貴州木瓜紅)
     R. macrocarpum(木瓜紅)
     R. praeteritum(毛果木瓜紅)
   Sinojackia(秤錘樹屬)
     S.rehderiana(狹果秤錘樹)
     S. xylocarpa(秤錘樹)
   エゴノキ属 Styrax(野茉莉屬) 
 エゴノキ属 Styrax(野茉莉屬)には、次のようなものがある。
   S. argentifolius(銀葉野茉莉) 『雲南の植物Ⅲ』221
   S. agrestis(南粤野茉莉)
   アンソクコウノキ S. benzoin(安息香,アンソクコウ,anxixiang)
 ジャワ・スマトラ産。樹脂の安息香を採る、『中薬志Ⅲ』pp.556-559
   S. calvascens(灰葉野茉莉)
   S. chinensis(中華安息香)
 『中国本草図録』Ⅱ/757
   S. confusa(白花龍)
   S. dasyantha(垂珠花・白客馬葉)
   S. grandiflora(大花野茉莉)
 『雲南の植物Ⅱ』203
   S. hemsleyana(老鴰鈴)
   S. huana(墨泡)
   S. hypoglauca(白花樹・粉背安息香)
   エゴノキ S. japonica(野茉莉・木香柴・野白果樹・山白果)
     var. calycothrix(毛萼野茉莉)
     オオバエゴノキ var. kotoensis
   S. limprichtii(楚雄野茉莉)
   S. macranthus(大蕊野茉莉)
 『雲南の植物Ⅲ』221
   S. macrothyrsus(靑山安息香)
   ハクウンボク S. obassia(玉鈴花・老開皮)
   S. odoratissima(郁香野茉莉)
   セイヨウエゴノキ S. officinalis
   S. paralleloneurum
スマトラ産、樹脂は安息香
   S. rosea(粉花野茉莉)
   S. rugosa(皺葉野茉莉)
   コハクウンボク S. shiraiana
   S. shweliensis(瑞麗野茉莉)
   S. suberifolia(紅皮樹・椆樹・栓葉安息香・粘高樹・赤血仔・狐狸公)
     var. caloneura(滇紅皮)
   S. subniveus(白葉安息香)
   シャムアンソクコウノキ S. tonkiensis(越南野茉莉・越南安息香・暹羅安息香・滇安息香・白花樹) ベトナム・ラオス・タイに分布。樹脂は安息香、『中薬志Ⅲ』pp.556-559、『雲南の植物Ⅲ』221・『中国本草図録』Ⅹ/4790
   S. wilsonii(小葉野茉莉) 
 和名は、果実がえごい(えぐい)ことから。
 萵苣は、チサ。なお、標準和名をチシャノキというものは、ムラサキ科の Ehretia ovalifolia、一名カキノキダマシ。四国・九州・琉球・臺灣に分布(マルバチシャノキを見よ)
 ただし、歌舞伎『先代萩』に出るチシャノキは、こちらのエゴノキであるという(牧野)。
 チサの語源については、チサを見よ。
 果皮にエゴサポニンを含み、魚類に強い毒性を示す(人には無害)
 中国では、花・葉・果及び虫癭の中の白い粉を、薬用にする。
 同属の S.benzoin(安息香)・S.tonkiensis(越南野茉莉・越南安息香・暹羅安息香・滇安息香)の樹脂を、安息香(アンソクコウ,anxixiang) Benzoin と呼び、薬用にする。『中薬志Ⅲ』pp.556-559
 benzoin は、アラビア語 lubanjawi(ジャワの香料・乳香)から。
 安息香は、安息国から来た香料。安息はパルティア Parthia、その初代の王アルサケスArsaces I の音写から。
 日本では、新鮮な果皮を洗濯に用い、絞り汁は川に流して魚をしびれさせて捕えた(いわゆる魚毒)という。
 材は緻密で粘り気が強く、各種の器具・玩具を作るのに用いる。むかし番傘の轆轤
(ろくろ,骨を集めて開閉する 中央の円筒形の部分)にも使われた。
 『万葉集』に、

   気
(いき)の緒に念へる吾を山ぢさの花にかきみ(君)が移ろひぬらむ (7/1360,読人知らず)
   山萵苣の白露しげみうらぶるる心も深く吾が恋止まず
(11/2469,読人知らず)

   ・・・ちさの花 さけるさかりに はしきよし そのつま
(妻)のこ(児)
   あさよひ
(朝夕)に え(笑)みみえ(笑)まずも うちなげき かた(語)りけまくは・・・
      
(18/4106,大伴家持)
 
 また、「いちし」と記される植物は、諸説があるが、一にエゴノキ、またクサイチゴ、ギシギシなどとする。
ベニガクエゴノキ  f. rubricalyx
  
2007/05/22 小石川植物園
シダレエゴノキ  2005/05/22 東京都薬用植物園

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index