だけかんば (岳樺・嶽樺) 

学名  Betula ermanii
日本名  ダケカンバ
科名(日本名)  カバノキ科
  日本語別名  ソウシカンバ(草紙樺)、タケゾウシ・タケカンバ・タケシカンバ、エゾノダケカンバ、シラカンバ・シラハリ、ブタ・ブタカンバ、アツサ
漢名  嶽樺(ガクカ,yuehua)
科名(漢名)  樺木(カボク,huamu)科
  漢語別名  
英名  Erman's birch
2010/05/03 群馬県吾妻郡嬬恋村

2007/08/31 群馬県嬬恋村
2006/10/26 蓼科山 (御泉水)
 カバノキ属 Betula(樺木屬)については、カバノキ属を見よ。
 タケカンバは、高山に生えることから。別名ソウシカンバ(草紙樺)は、剥した樹皮に字を書けることから。
 かばの語源については、かにはを見よ。
 これをアツサと呼ぶのは諏訪地方(武田久吉『民俗と植物』)
 日本(北海道・本州中部以北・四国)・朝鮮・中国(東北・内蒙古)・千島・カムチャツカに分布。アジア東北部に分布。シラカバより高いところに生える。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index