ちょうせんごみし (朝鮮五味子) 

学名  Schisandra chinensis (Kadsura chinensis, Sphaerostemma japonica)
日本名  チョウセンゴミシ
科名(日本名)  マツブサ科
  日本語別名  
漢名  五味子(ゴミシ,wuweizi)
科名(漢名)  木蘭(ボクラン,mulan)科
  漢語別名  北五味子(ホクゴミシ,beiwuweizi)、遼五味、山花椒
英名  
2007/04/19 薬用植物園
2007/04/12 明治薬科大学薬草園
2008/08/18 明治薬科大学薬草園


 マツブサ属 Schisandra(五味子屬・北五味子屬)については、マツブサを見よ。
 和名は、朝鮮半島から渡来したと考えられたことから。
 漢名は、「(果実の)皮・肉は甘・酸、核の中は辛・苦、都な鹹味有り。此れ則ち五味(甘・苦・酸・辛・鹹)具わる」ことから(李時珍『本草綱目』)
 日本(北海道・東北及び中部の山地)・朝鮮・中国(東北・華北・両湖・江西・四川)・アムール・樺太に分布。
 日本では、享保
(1716-1735)に朝鮮半島から薬用に導入。明治に入ってから、日本の山地にも自生することが判明。
 埼玉県では準絶滅危惧(NT)。
 中国では、果実を五味子と呼び、薬用にする(『中薬志Ⅱ』pp.36-37、『中草薬現代研究』Ⅰp.350、日本薬局方)
 なお、南五味子とは S. sphaerandra(圓葯五味子・珠蕊五味子・華中五味子)の実、一説にサネカズラ属の植物の実。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index