『爾雅』釋草

→『爾雅』・テキスト・索引などについて

漢字の字画を確認したい場合には、Word などにコピーした上で 拡大してください。

0001  (イク,yu4)、山韭(サンキュウ,shan1jiu3)
0002 茖
 (カク,ge2)、山蔥(サンソウ,shan1cong1)
0003 葝
 (ケイ,qing2)、山■{『諸橋』12,No.43260。薤と同}(サンカイ,shan1xie4)
0004 蒚
 (レキ,li4)、山蒜(サンサン,shan1suan4)
      
〔今山中多有此菜。皆如人家所種者。茖葱(カクソウ,ge2cong1)、細莖大葉。
        
《韭は、ニラ Allium tuberosum(韭菜)》
        
(葱)は、ネギ Allium fistulosum(葱)》
        
茖は、ギョウジャニンニク Allium victorialis ssp. platyphyllus(茖葱)
        
《■・薤は、ラッキョウ Allium chinense;A.bakeri(藠頭)。0069を見よ》
        
《山蒜は、ノビル Allium macrostemon(薤白)か》
 
0005 
(ヘキ,bi4)、山蘄(サンキン,shan1qin2。サンキ,shan1qi2とも)
      
〔『廣雅』云、山蘄 當歸(トウキ,dang1gui1)。當歸、今似蘄而麤大。〕
        
《0005・0054・0086・0144・0188に重出。Angelica sinensis(當歸)。ニホントウキは A.actiloba(東當歸)》
 
0006 椴
(タン,duan4)、木槿(ボクキン,mu4jin3)
0007 櫬
(シン,qin4)、木槿。
      
〔別二名也。似李樹華、朝生夕隕、可食。或呼日及(ジツキュウ,ri4ji2)、亦曰王蒸(オウジョウ,wqng2zheng1)。〕
        
ムクゲ Hibiscus syriacus(木槿)》

0008 朮
(チュツ,zhu2)、山薊(サンケイ,shan1ji4)。 
      
〔『本草』云、朮、一名山薊。今朮似薊、而生山中。〕
        
シナオケラ Atractylodes chinensis(蒼朮)。薊はアザミの類》
 
0009 楊
(ヨウ,yang2)、枹薊(フウケイ,fu2ji4)
      
〔似薊而肥大。今呼之馬薊(バケイ,ma3ji4)。〕
        
シナオケラ Atractylodes chinensis(蒼朮)。0178重出》
        
《後世には、楊はヤナギハコヤナギを指す》

0010 
(セン,jian4)、王蔧(オウスイ,wang2hui4)
      
〔王帚(オウシュウ,wang2zhou3)也。似藜(レイ,li2)、其樹可以爲埽篲(ソウスイ,sao4hui4)。江東呼之曰落帚(ラクシュウ,luo4zhou3)。〕
        
ホウキギ(ホウキグサ) Kochia scoparia(地膚)》
        
葥は0145重出。jian4 と読む時はホウキギまたはナガバモミジイチゴqian2 と読む時はオオバコ
 
0011 
(リョク・ロク,lu4)、王芻(オウス,wang2chu2)
      
〔菉、蓐(ジョク,ru4)也。今呼鴟脚莎(シキャクサ,qi1jiao3suo1)。〕
        
コブナグサ Arthraxon hispidus(草)》
 
0012 拜
(ハイ,bai4)蔏藋(ショウチョウ,shang1diao4)
      
蔏藋、亦似藜。
        
シロザ Chenopodium album(藜・灰菜)》
 
0013 蘩
(ハン,fan2)、皤蒿(ハコウ,po2hao1)
      
〔白蒿(ハクコウ,bai2hao1)。〕
        
ハイイロヨモギ Artemisia sieversiana(白蒿)。0037・0231重出》
0014 蒿
(コウ,hao1)、菣(キン,qin4)
      
〔今人呼靑蒿(セイコウ,qing1hao1)香中炙啖者、爲菣。
        
カワラニンジン Artemisia apiacea(靑蒿,セイコウ,qinghao)》
0015 蔚
(イ,wei4)、牡菣(ボウキン,mu3qin4)。 
      
〔無子者。〕
        
オトコヨモギ Artemisia japonica(牡蒿,ボウコウ,muhao)》

0016 齧
(ゲツ,nie4)、彫蓬(チョウホウ,diao1peng2)
         《齧は、0146重出》
0017 薦
(セン,jian4)、黍蓬(ショホウ,shu3peng2)
      
〔別蓬種類。〕

0018 ■
{草冠に[摩垂に卑]}(ヒ,bi3)、鼠莞(ソカン,shu3guan1)
      
〔亦莞屬也。纎細似龍須(リョウシュ,long2xu1)。可以爲席。蜀中出好者。〕
        
《龍須・龍鬚は リュウノヒゲ Ophiopogon japonicus(麥冬)》
 
0019 
(ケイ,jing4)、鼠尾(ソビ,shu3wei3)
      
〔可以染皂。
        
アキノタムラソウ Salvia japonica(鼠尾草)》
 
0020 菥蓂
(セキベキ,xi1mi4)、大薺(タイセイ,da4ji4)
      
〔似菜(セイサイ,ji4cai4)細。俗呼之曰老薺(ロウセイ,lao3ji4)。
        グンバイナズナ Thlaspi arvense(菥蓂)》

0021 蒤
(ト,tu2)、虎杖(コジョウ,hu3zhang4)
      
〔似紅草(コウソウ,hong2cao3)而麤大、有細刺。可以染赤。〕
        
イタドリ Polygonum cuspidatum;Reynoutria japonica(虎杖)。蒤字は、0169重出
 
0022 孟
(モウ,meng4)、狼尾(ロウビ,lang2wei3)
      
〔似茅(ボウ,mao2)。今人亦以覆屋。〕
 
0023 瓠棲
(コセイ,hu4xi1)、瓣(ベン,ban4)
      
〔瓠中瓣也。『詩』云、齒如瓠棲。〕
        
《『詩経』衛風「碩人」に、「齒は瓠犀(コセイ・コサイ,hu4xi1)の如し」と。》
        
《瓠は、ユウガオ(フクベヒョウタン) Lagenaria siceraria(瓠子・扁蒲・葫蘆)。瓠棲・瓠犀は その種子》
 
0024 茹藘
(ジョリョ・ジョロ,ru22)、茅蒐(ボウシュウ,mao2sou1)
      
〔今之蒨(セン,qian4)也。可以染絳。〕
        
アカネ Rubia argy;R.akane(茜,セン,qian4)》
 
0025 果臝
(カラ,guo3luo3)之實、栝樓(カツロウ,kuo4lou2;gua1lou2)
      
〔今齊人呼之爲天瓜(テンカ,tian1gua1)。〕
        
キカラスウリ Trichosanthes kirilowii(栝樓)》
 
0026 荼
(ト,tu2)、苦菜(クサイ,ku3cai4)
      
〔『詩』曰、誰謂荼苦。苦菜、可食。〕
        
ノゲシ Sonchus oleraceus(苦苣菜)》
 
0027 萑
(スイ,zhui1)、蓷(タイ,tui1)
      
〔今茺蔚(シュウイ,chong1wei4)也。葉似荏、方莖白華、華生節間。又名益母(エキボ,yi4mu3)、『廣雅』云。〕
         
メハジキ Leonurus japonicus(益母草)。0135参照》
 
0028 ■
{草冠に鷊}(ゲキ,yi4)、綬(シュウ,shou4)
      
〔小草有雜色、似綬。〕
 
0029 粢
(シ,zi1)、稷(ショク,ji4)
      
〔今江東人、呼粟(ゾク,su4)爲粢。〕
        
アワ Setaria italica(小米)》
0030 衆
(シュウ,zhong4)、秫(ジュツ,shu2)
      
〔謂黏粟(ネンゾク,nian2su4)也〕
 
0031 戎叔
(ジュウシュク,rong2shu1)、謂之荏菽(ジンシュク,ren3shu1)
      
〔即胡豆(コトウ,hu2dou4)也。〕
        
ダイズ Glycine max(大豆)》
 
0032 卉
(キ,hui4)、草。
      
〔百草総名〕
 
0033 
(エン,yan3)、雀弁(ジャクベン,que4bian4)
      
〔未詳〕
        
《00536葍を見よ》

0034 
(ヤク,yue4)、雀麥(ジャクバク,que4mai4)
      
〔即燕麥(エンバク,yan4mai4)也。〕
        
カラスムギ Avena fatua(野燕麥)》
 
0035 
(カイ,huai4)、烏薞(ウソン,wu1sun1)
        
0139重出
0036 
(レン,lian4)、菟(トカイ,tu4gai1)
0037 (ハン,fan2)、菟●
{草冠に奚}(トケイ,tu4xi1)
    
〔皆未詳〕
      
後の解釈によれば、萰は蘞(レン,lian3)、カガミグサ。蘩は款冬、フキタンポポ。蘩は0013・0231重出
 
0038 
(イン,yin2)、菟瓜(トカ,tu4gua1)
      
〔菟瓜、似土瓜(ドカ,tu3gua1)。〕
        
カラスウリ Trichosanthes cucumeroides(王瓜)》
 
0039 茢
(レツシン,lie4zhen1)、豕首(シシュ,shi3shou3)
      
〔『本草』曰、彘盧(テイロ,zhi4lu2)、一名蟾■{虫偏に諸}蘭(センショラン,chan2zhu2lan2。蟾■は蟾蜍)。今江東呼豨首(キシュ,xi1shou3)。可以●{火偏に芻}(ソウ,chao3)蠶蛹(サンヨウ,can2yong3)。〕
        
《李時珍『本草綱目』15天名精に、「天名精(テンメイセイ,tian1ming2jing1)、乃天蔓菁(テンマンセイ,tian1man2jing1)之訛也。其氣如豕彘、故有豕首・彘顱之名。昔人謂之活鹿草。…『爾雅』云、豕首也。郭璞注云、江東呼豨首、可以炒(ソウ,chao3)蠶蛹食。」と。》
        
ヤブタバコ Carpesium abrotanoides(天名精)》
 
0040 荓
(ヘイ,ping2)、馬帚(バシュウ,ma3zhou3)
      
〔似蓍(シ,shi1,めどぎ)。可以爲掃蔧(ソウスイ,sao3hui4)。〕
        
《李時珍『本草綱目』15蠡實に、「『爾雅』云、荓、馬帚也。此即荔草(レイソウ,li4cao3)、謂其可爲馬刷、故名。今河南北人呼爲鐵掃帚(テツソウシュウ,tie3sao3zhou3)、是矣」と。》
        
ネジアヤメ Iris ensata var. chinensis(馬藺,バリン,malin)》
 
0041 ■
{草冠に[病垂に鬼]}(カイ,hui4)、懷羊(カイヨウ,huai2yang2)
      
〔未詳〕
 
0042 茭
(コウ,jiao1)、牛(ギュウキ,niu2qi2)
      
〔今馬(バキ,ma3qi2)葉細鋭、似芹。亦可食。
        
《李時珍『本草綱目』26馬に、蘄は「音は芹(キン,qin2)」と。また「凡物大者、多以馬名。此草、似芹而大故也。俗称野茴香」「馬蘄、與芹同類而異種、処処卑湿地有之」と
        
《『新註校定 国訳本草綱目』に、牧野はこれを シャク Anthriscus sylvestris と判定した》

0043 葖
(トツ,tu1)、蘆(ロフク,lu2fu2)
      
、宜爲菔(フク,fu2)。蘆菔(ロフク,lu2fu2)、蕪菁(ブセイ,wu2jing1,かぶ)屬、紫華、大根。俗呼雹葖(ハクトツ,bao2tu1)〕
        ダイコン Raphanus sativus(蘿蔔,ラフク,luo2bo・萊菔,ライフク,lai2fu2))》

0044 淔
(チョク,zhi2)、灌(カン,guan4)
      
〔未詳〕
0045 
(シュウ,xiu2)、芝(シ,zhi1)
      
〔芝、一歳三華、瑞草。〕
 
0046 筍
(シュン,sun3)、竹萌(チクモウ,zhu2meng2)
      
〔初生者(タケの嫩芽)。〕
 
0047 
(トウ,dang4)、竹(チク,zhu2)
      
〔竹(タケ)別名。『儀禮』曰、、材建鼓之間、謂簫管之屬〕
 
0048 莪
(ガ,e2)、蘿(ラ,luo2)
      
〔今莪蒿(ガコウ,e2hao1)也。亦曰■{草冠に廩}蒿(リンコウ,lin3hao1)。〕
        
《『新註校定 国訳本草綱目』15「■蒿」に、あるいはカワラニンジン Artemisia apiacea(蒿・青蒿)かという。
             いずれにせよ むかし日本でキツネアザミにあてたのは誤り、という》


0049 苨
(デイ,ni3)(テイデイ,di3ni3)
      
〔薺苨(セイデイ,ji4ni3)。〕
        
ツリガネニンジン属の Adenophora trachelioides (薺苨・杏葉菜・老母鷄肉)。0091重出》
 
0050 ■
{糸偏に至}(テツ,die2)、履(リ,lü3)
      
〔未詳。〕
0051 (コウ,xing4)、接余(セツヨ,jie1yu2)
0052 其葉、苻
(フ,fu2)
      
〔叢生水中、葉圓在莖端、長短隨水深淺。江東食之。亦呼爲莕。音杏。
        
ジュンサイ Brasenia schreberi (蓴菜)》
 
0053 白華
(ハクカ,bai2hua2)、野菅(ヤカン,ye3jian1)
      
〔菅、茅(ボウ,mao2)屬。『詩』曰、白華菅兮。〕
 
0054 (ヘキ,bi4)、白蘄(ハクキ,bai2qi2)
      
〔即上山蘄(サンキン,shan1qin2)。〕
        
《Angelica sinensis(當歸)。0005・0086・0144・0188に重出》

0055 菲
(ヒ,fei3)、芴(ブツ,wu4)
      
〔即土瓜(ドカ,tu3gua1)也。〕
        
カブの類。一名蒠菜(ショクサイ,xi2cai4)、0124重出。カブは0090に重出》
 
0056 葍
(フク,fu2)(フウ,fu4)
      
〔大葉白華、根如指、正白可啖。〕
        
《『諸橋』9,31395葍に、『説文通訓定聲』を引いて「葍、爾雅釋草、葍、又葍茅、又雀弁。按、一物。蔓生、白華者名、亦華者名茅、爵頭色者名。即今之旋復花、其淺紅者亦曰鼓子花也。其根、初春蒸啖・生食、倶美」と。 0033◆を見よ》
        
ヒルガオ Calystegia japonica(日本天劔)・コヒルガオ C.hederacea(打碗花)。0078・0158重出》

0057 熒
(ケイ,jiong3)、委萎(イイ,wei3wei3)
      
〔藥草也。葉似竹、大者如箭竿、有節。葉狹而長、表白裏靑。根大如指、長一二尺、可啖。〕
        
アマドコロ Polygonatum odoratum(玉竹・萎蕤)》
 
0058 ■
{蒟の立に月を代入}(ク,qu2) 、艼熒(テイケイ,ting1jiong3)
      
〔未詳〕
 
0059 竹
(チク,zhu2)、萹蓄(ヘンチク,bian1xu4)
      
〔似小藜、赤莖節。好生道旁。可食、又殺蟲。〕
        
ミチヤナギ Polygonum aviculare(萹蓄)》
 
0060 葴
(シン,zhen1)、寒漿(カンショウ,han2jiang1)
      
〔今酸漿草(サンショウソウ,suan1jiang1cao3)、江東呼曰苦葴(クシン,ku3zhen1)。音針。〕
        
ホオズキ Physalis alkekengi(酸漿)》
        
《葴に二義あり。一はリュウキュウアイ。0199を見よ》

0061 薢茩
(カイコウ,xie4gou4)、芵(ケツコウ,jue2guang1)
      
〔芵明(ケツメイ,jue2ming2)也。葉黃鋭赤華、實如山茱萸(サンシュユ,shan1zhu1yu2)、或曰■{草冠に陵}(リョウ,ling2)也。關西謂之薢茩、音皆。〕
        
エビスグサ Cassia obtusifolia(決明・馬蹄決明)》
 
0062 莁荑
(ブテイ,wu2ti2)、蔱蘠(サツショウ,sha1qiang2)
      
〔白蕢(カイ,kui4)〕
        
《疏に、莁荑の音は巫夷(ブイ,wu1yi2)と。古くからしろひゆ・あかひゆなどと訓む》
 
0063 瓞
(テツ,die2)、瓝(ハク,bo2)
        《瓝は、0160重出》
0064 其紹
(ショウ,shao4)、瓞
      
〔俗呼瓝瓜爲瓞。紹者瓜蔓緒亦著子、但小如瓝。〕

0065 芍
(シャク,shao2)、鳧茈(フシ,fu2zi3)
      
〔生下田。苗似龍須(リョウシュ,long2xu1,ジャノヒゲ)而細。根如指頭黒色、可食。〕
        
《オオクログワイ Eleocharis tuberosa (荸薺,ボツセイ,bi2qi2)》
 
0066 
(ルイ,lei4)、■{草冠に鼎}(テイトウ,ding3dong3)
      
〔似蒲(ホ,pu2)而細〕
 
0067 蕛
(テイ,ti2)(テツ,die1)
      
〔蕛、似、布地生穢草。〕
        
《古くから、くろびえ・いぬくろびえなどと訓む》

0068 鉤
(コウ,gou1)、芺(オウ,ao3)
      
〔大如拇指、中空、莖頭有臺、似、初生可食。〕
         
《鉤は、0171重出》

0069 {『諸橋』12,No.43260。薤と同}(カイ,xie4)、鴻薈
(コウカイ,hong2hui4)
      
〔即■菜也。〕
        《■・薤は、ラッキョウ Allium chinense;A.bakeri(藠頭)。0003を参照》
 
0070 蘇
(ソ,su1)、桂荏(ケイジン,gui4ren3)
      
〔蘇、類。故名桂荏。〕
        
シソ Perilla frutescens var. crispa(紫蘇)》
 
0071 薔
(ショク,se4)、虞蓼(グリョウ,yu2liao3)
      
〔虞蓼、澤蓼(タクリョウ,ze2liao3)。〕
       
 《一説に、「薔虞(ショクグ,se4yu2)、蓼(リョウ,liao3)」と訓む。『説文解字』0025》
        
ヤナギタデ(マタデ) Polygonum hydropiper;Persicaria hydropiper(水蓼)》
 
0072 
(チョウ,tiao2)(チョウ,tiao2)
      
〔未詳〕
        
ギシギシ Rumex japonicus(羊蹄)。0151重出》
 
0073 虋
(ボン,men2)、赤苗(セキビョウ,chi4miao2)
      
〔今之赤粱粟(セキリョウゾク,chi4liang2su4)。〕
0074 芑
(キ,qi3)、白苗(ハクビョウ,bai2miao2)
      
〔今之白粱粟(ハクリョウゾク,bai2liang2su4)。皆好穀也。〕
        
《いずれもアワ Setaria italica(粱・粟・小米)の一種》
 

0075 
(キョ,ju4)、黒黍(コクショ,hei1shu3)
      
〔『詩』曰、維秬、維秠。〕
0076 
(ヒ,pi1)、一稃(,fu1,もみ)二米。
      
〔此亦黑黍、但中米異耳。漢・和帝時、任城生黑黍、或三四實、實二米、得黍三斛八斗、是。〕
        
《いずれもキビ Panicum miliaceum(黍)の一種》
 
0077 稌(ト,tu2)、稻(トウ,dao4)
      
〔今沛國、呼稌。〕
        
イネ Oryza sativa(稻)》
 
0078 葍(フク,fu2)(ケイボウ,qiong2mao2)
      
、華有赤者爲葍一種耳。亦猶菱(リョウチョウ,ling2tiao2)華、黃白異名。
        
ヒルガオ Calystegia japonica(日本天劔)・コヒルガオ C.hederacea(打碗花)。0056・00158を見よ》
        《菱は、ここでは陵。陵苕(リョウチョウ,ling2tiao2)は ノウゼンカズラ
 
0079 臺
(タイ,tai2)、夫須(フシュ,fu1xu1)
      
〔鄭箋『詩』云、臺可以爲禦雨笠。〕
        
《臺は薹、かさすげと訓む》

0080 ■
{草冠に搴}(ケン,jian3)、●{草冠に罰}(ハツ,fa2)
      
〔未詳〕
 
0081 
(ボウ,memg2)、貝母(バイモ,bei4mu3)
      
〔根如小貝、員(圓)而白華、葉似韭。〕
        
バイモ Frittilaria verticillata var.thunbergii;F.thunbergii(浙貝母)》
 

0082 
(キョウ,qiao2)蚍衃(ヒフ,pi2pei1)
      
〔今荊葵(ケイキ,jing1kui2)也。似葵紫色。謝氏云、小草、多華少葉。葉又翹(ギョウ,qiao2)起。〕
        
ゼニアオイ Malva sylvestris(錦葵・芘芣(ヒフ,bi4fu2)・荊葵)》
 
0083 艾
(ガイ,ai4)、冰臺(ヒョウタイ,bing1tai2)
      
〔今艾蒿(ガイコウ,ai4hao1)。〕
        
チョウセンヨモギ Artemisia argyi(艾蒿)》
 
0084 
(テン,dian3)、亭歴(テイレキ,ting2li4)
      
〔實葉皆似芥(カイ,jie4)。一名狗薺(コウセイ,gou3ji4)。『廣雅』云、音展。〕
        
《別名は、葶藶(テイレキ,ting2li4,いぬなずな)・大適・大室・蕇蒿。古来いぬなずなと訓む
        
《ヒメグンバイナズナ Lepidium apetalum(獨行菜・辣辣)・マメグンバイナズナ L.virginicum(北美獨行菜)》
        
《マメグンバイナズナ属 Lepidium(獨行菜屬)は、日本には自生種が無く、5種が帰化している》
 
0085 苻
(フ,fu2)、鬼目(キモク,gui3mu4)
      
〔今江東有鬼目草、莖似葛(カツ,ge2)、葉員(圓)而毛、子如耳璫(ジトウ,er3dang1)也。赤色叢生。〕
        
ヒヨドリジョウゴ Solanum lyratum(白英)》
 
0086 (ヘキ,bi4)庾草
(ユソウ,yu2cao3)
      
〔未詳。〕
       
 《薜はトウキ、0005・0054・0144・0188に重出》
 
0087 
(ゴウ,ao2)、■{草冠に[女偏に(容の口に又を代入)]}{草冠に縷}(ソウル,sao33)
      
〔今蘩●(ハンル,fan23)也。或曰雞腸草(ケイチョウソウ,ji1chang2cao3)。〕
        
ハコベ Stellaria media(繁縷・蘩蔞)》
 
0088 離南
(リナン,li2nan2)、活莌(カツタツ,huo2tuo1)
      
〔草生江南、高丈許、大葉、莖中有瓤(ジョウ,rang2,うりわた)、正白。零陵人祖曰貫之(カンシ,guan4zhi1)、爲樹。〕
        
《カミヤツデ Terapanax papyriferus(通脱木・通草)。0162重出》
 
0089 
(ロウ,long2)、天(テンヤク,tian1yue4)
0090 須
(シュ,xu1)、葑(ホウソウ,feng1zong3)
      
〔未詳〕
        
蘢は オオケタデ Persicaria orientalis;Polygonum orientale(葒草)。0118重出》
        
《須は、スイバ Rumex acetosa(酸模)。0123を見よ
        
《葑蓯は、カブ Brassica campestris;B.rapa(蕪菁)。カブは0055重出》
 
0091 蒡
(ホウ,pang2)、隱荵(インジン,yin3ren3)
      
〔似蘇、有毛。今江東呼爲隱荵、藏以爲(ソ,zu1,つけもの)、亦可瀹食。〕
        《李時珍『本草綱目』12「薺苨」集解に、「又陶弘景(452-536)注桔梗、言其葉名隱忍、可煮食之、治蠱毒。謹按『爾雅』云、、隱忍也。郭璞(276-324)注云、似蘇、有毛。江東人藏以爲葅、亦可瀹食。葛洪(283?-343?)『時後方』云、隱忍草、苗似桔梗、人皆食之。搗汁飮、治蠱毒。拠此、則隱忍非桔梗、乃薺苨苗也。薺苨苗甘可食、桔梗苗苦不可食、尤爲可證。『神農本草經』無薺苨、止有桔梗一名薺苨。至『別録』始出薺苨。蓋薺苨・桔梗一類、有甜・苦二種、則其苗亦可呼爲隱忍也」と。薺苨は、ツリガネニンジン属の Adenophora trachelioides (薺苨・杏葉菜・老母鷄肉)、0049重出》
 
0092 莤
(ユウ,you2)、蔓于(マンウ,man2yu2)
      
〔草生水中、一名軒于(ケンウ,xuan1yu2)。江東呼莤、音猶。〕
        
カリガネソウ属の Caryopteris nepetaefolia(蕕)乃至ダンギク C.incana(蘭香草)》

0093 
(ロ,lu3)、蔖(サ,zha1)
      
〔作履。苴草(ショソウ,ju1cao3)。
        
《履(くつ)の下敷きを作るのに用いる草、あぶらがやの一種という》
 
0094 柱夫
(チュウフ,zhu3fu1)(ヨウシャ,yao2che1)
      
〔蔓生、細葉紫華、可食。今俗呼曰翹搖車(ギョウヨウシャ,qiao2yao2che1)。〕
        
カラスノエンドウ Vicia angustifolia(窄葉野豌豆・大巣菜)乃至その仲間》
 
0095 出隧
(シュツスイ,chu1sui4)、蘧蔬(キョソ,qu2shu1)
      
蘧蔬、似土菌、生菰草(コソウ,gu1cao3)中。今江東啖之、甜滑。音≪氈、衍字≫{叟偏に毛}(クシュウ,qu2shu1)。
        
マコモ Zizania latifolia;Z. cauducifolia(茭笋)》
 
0096 蘄茝(キサイ,qi2chai3)、蘼蕪
(ビブ,mi2wu2)
      
〔香草、葉小如萎状、『淮南子』云、似蛇牀(ジャショウ,she2chuang2,0176を見よ)。『山海經』云、臭如蘼蕪。
        
茞(シン,chen2)と(シ・サイ,zhi3・chai3)は別字茞は草の名。
            は、サイ,chai3 と読めば香草の名、シ,zhi3 と読めば芷(シ,zhi3)に通じヨロイグサ(白芷)

 
0097 茨
(シ,ci2)、蒺藜(シツレイ,ji2li2)
      
〔布地蔓生細葉、子有三角刺人。見『詩』〕
        
ハマビシ Tribulus terrestis(蒺藜)》
 
0098 蘮蒘
(ケイジョ,ji4ru2)、竊衣(セツイ,qie4yi1)
      
〔似芹(キン,qin2)可食、子大如麥、兩兩相合。有毛著人衣。〕
         
ヤブジラミ Torilis japonica(破子草)或はオヤブジラミ T.scabra(窃衣)》

0099 
(ボウ,mao2)、顚蕀(テンキョク,dian1ji2)
      
〔細葉有刺、蔓生。一名商蕀。『廣雅』云、女木(ジョボク,nü3mu4)也。〕
        
クサスギカズラ Asparagus cochinchinensis(天門冬)。李時珍『本草綱目』(ca.1596)による》
 
0100 
(カン,guan4)、芄蘭(ガンラン,wan2lan2)
      
雚芄(カンガン,guan4wan2)、蔓生。斷之有白汁。可啖。
        
ガガイモ Metaplexis japonica(蘿藦)》
 
0101 ■{草冠に[爻偏に尋]}(タン,tan2)、莐藩(チンハン,chen2fan1)
      
〔生山上、葉如韭。一曰●{木偏に是}母(シボ,chi2muu3)。〕
        
■は蕁(タン,tan2)に同。0218重出。》
           《●母は、『十三経注疏』本は提母(シボ,chi2mu3)に、『四部備要』本は
母(シボ,chi2mu3)に作る》
        
ハナスゲ Anemarrhena asphodeloides(知母)。》

0102 (ユ,yu2)、蕮(セキ,xi4)
      
〔今澤蕮(タクセキ,ze2xi4)。〕
        
サジオモダカ Alisma plantago-aquatica var. orientale;A.orientalis(澤瀉,タクシャ,ze2xie4)。0136重出》

0103 
(ケン,juan4)、鹿■{草冠に靃}(ロクカク,lu4huo4)
0104 其實、莥
(ジュウ,niu3)
      
〔今鹿豆(ロクトウ,lu4dou1)也。葉似大豆(タイトウ,da4dou1,だいず)、根黃而香。蔓延生。〕
        
《タンキリマメ Rhynchosia volubilis(鹿藿)。■は、藿に同》
 
0105 薃侯
(コウコウ,hao4hou2)、莎(サ,suo1)
        
《一説に、「薃、侯莎」と読む
0106 其實、媞
(テイ,ti2)
      
〔『夏小正』曰、薃也者莎。(イ,wei2)媞者其實。〕
        
ハマスゲ Cyperus rotundus(香附子・莎草)》
 
0107 (カン,guan1)、苻蘺(フリ,fu2li2)
0108 其上、
(レキ,li4)
      
〔今西方人、呼蒲(ホ,pu2)爲莞蒲(カンホ,guan1pu2)謂其頭臺首也。今江東謂之苻蘺。西方亦名蒲中莖爲。用之爲席。音羽(衍字か)翮(カク,he2;レキ,li4)。〕
        
ガマ Typha latifolia(蒲草)》

0109 (カ,he2)、芙渠(フキョ,fu2qu2)
      〔別名芙蓉(フヨウ,fu2rong2)、江東呼荷。〕
        《荷も芙渠・芙蕖(フキョ,fu2qu2)も、ハスの花
0110 其莖、茄(カ,jia1)
        《茄は、カ,jia1と読めばハスの茎、キャ・カ,qie2と読めばナス》
0111 其葉、■{艸冠に遐}(カ,xia2)
0112 其本、蔤(ビツ,mi4)
      〔莖下白蒻(ハクジャク,bai2ruo4)、在泥中者。〕
0113 其華、菡萏(カンタン,han4dan4)
      
〔見『詩』。〕
0114 其實、蓮(レン,lian2)
      〔蓮謂房也。〕
0115 其根、藕(ゴウ,ou3)
0116 其中、的(テキ,di4)
      〔蓮中子也。0212重出〕
0117 的中、薏(ヨク,yi4)
      〔中心苦。〕
        
《以上、ハス Nelumbo nucifera(蓮)の各部分の名》
 
0118 紅
(コウ,hong2)(ロウコ,long2gu3)
0119 其大者、
(キ,kui1)
      
〔俗呼紅草爲蘢鼓(ロウコ,long2gu3)。語轉耳。
        オオケタデ Persicaria orientalis;Polygonum orientale(葒草)。0089重出
 
0120 
(サ,cuo2)、薺實。
     
 〔薺子名。〕
       
 《ナズナ Capsella bursa-pastoris(薺)の種子》
 
0121 
(フン,fen2)(シ,xi3)
     
 〔『禮記』曰、苴麻(ショバ,ju1ma2)之有。〕
0122 、麻。
      
〔別二名。〕
       
 《アサ Cannabis sativa(大麻)。0159重出》
 
0123 須
(シュ,xu1)(ソンブ,sun1wu2)
      
蕪、似羊蹄(ヨウテイ,yang2ti2)、葉細味酢、可食。〕
 
       《スイバ Rumex acetosa(酸模)。須は0090重出》
 
0124 
(ヒ,fei3)、蒠菜(ショクサイ,xi1cai4)
      
菲草、生下溼(シュウ,shi1,濕と同)地。似蕪菁(ブセイ,wu2jing1)、華紫赤色。可食。〕
        
カブの類、0055重出。カブは0090に重出
 
0125 
(カイ,kui4)、赤莧(セキカン,chi4xian4)
     
 〔今之莧赤莖者。〕
        
ヒユ Amaranthus tricolor(莧・莧菜)の茎の赤いもの》

0126 蘠蘼
(ショウビ,qiang2mi2)虋冬(ボントウ,men2dong1)
      
〔門冬(モントウ,men2dong1)、一名滿冬(マントウ,man3dong1)、『本草』云。〕
       
 《一説に、蘠蘼は薔薇(ショウビ,qiang2wei4)、すなわちノイバラ。郝懿行『義疏』に、「『說文』云、蘠蘼、虋冬也。即今薔薇」と。》
        
《一説に、蘠蘼は薔薇、しかし虋冬は天門冬麥門冬。したがって『爾雅』の説明は誤り、と。》
 
0127 萹(ヘン,bian1)、苻止
(フシ,fu2zhi3)。 
     
 〔未詳。〕
 
0128 濼
(レキ,li4)、貫眾(カンシュウ,guan4zhong4)
      
〔葉員(圓)鋭、莖毛黒、布地、冬不死。一名貫渠(カンキョ,guan4qu2)。『廣雅』云、貫節(カンセツ,guan4jie2)。〕
        
《今日中国では、次のものを貫眾と呼ぶ。
           
オシダ Dryopteris crassirhizoma(粗莖鱗毛蕨・綿馬鱗毛蕨・大貫眾・東北貫眾)
           
Lunathyrium acrostichoides(蛾眉蕨・亞美蹄蓋蕨)
           
クサソテツ(コゴミ・ガンソク) Matteuccia struthiopteris(莢果蕨・小葉貫眾・黃瓜香・野鶏膀子)
           
ゼンマイ Osmunda japonica(紫・高脚貫眾・鶏心貫眾)
           
Osmunda cinnamomea var.asiatica(分株紫)
           
Osmunda vachelli(華南紫)
           
ヒリュウシダ Blechnum orientale(烏毛蕨・龍船蕨・赤蕨頭)
           
Brainia insignis(蘇鐡蕨)
           
オオカグマ Woodwardia japonica(狗脊蕨・狗脊・大場貫眾)
           
Woodwardia unigemmata(單芽狗脊蕨)
 
0129 莙
(キン,jun1)、牛藻(ギュウソウ,niu2zao3)
      
〔似藻、葉大。江東呼爲馬藻(バソウ,ma3zao3)。〕
 
0130 蓫薚
(チクトウ,chu4tang1)、馬尾(バビ,ma3wei3)
      
〔『廣雅』曰、馬尾、商陸(ショウリク,shang1lu4)。『本草』云、別名薚。今關西亦呼爲薚。江東呼爲當陸(トウリク,dangllu4)。〕
          《ヤマゴボウ Phytolacca esculenta(商陸)。蓫は、一字ではギシギシ Rumex japonicus(羊蹄)》
 
0131 
(ヘイ,ping2)、蓱(ヘイ,ping2)
      
〔水中浮蓱、江東謂之薸(ヒョウ,piao2)。音瓢。
       
 《コウキクサ Lemna minor(浮)・ウキクサ Spirodela polyrhiza(紫)》
0132 其大者、蘋
(ヒン,pin2)
     
 〔『詩』曰、于以采蘋。〕
        
デンジソウ Marsilea quadrifolia(田字草)》
 
0133 莃
(キ,xi1)、菟葵(トキ,tu4kui2)
      
〔頗似而小、葉狀如藜、有毛。汋啖之、滑。〕
        《チョウセンセツブンソウ
 Shibateranthis stellata(菟葵)セツブンソウを見よ。》
 
0134 芹
(キン,qin2)、楚葵(ソキ,chu3kui2)
      
〔今水中芹菜(キンサイ,qin2cai4)。〕
       
 《セリ Oenanthe javanica(水芹)》
 
0135 
(タイ,tui1)、牛■{蘋の歩に禿を代入}(ギュウタイ,niu2tui1)
      
〔今江東呼草爲牛■者、高尺餘許、方莖、葉長而鋭、有穗、穗間有華、華紫縹色、可淋以爲飮。〕
        
《李時珍『本草綱目』15茺蔚の集解に、「蓷・藬名本相同、但以花色分別之、其爲一物無疑矣」と。これによれば、メハジキ Leonurus japonicus(益母草)の一種。0027重出。》
 
0136 
(ショク,xu4)、牛脣(ギュウシン,niu2chun2)
     
 〔『毛詩』傳曰、水蕮(スイセキ,shui3xi4)也。如藚、斷寸寸有節、拔之可復。
         
サジオモダカ Alisma plantago-aquatica var. orientale;A.orientalis(澤瀉,タクシャ,ze2xie4)。0102重出》
 
0137 苹
(ヘイ,ping2)、藾蕭(ライショウ,lai4xiao1)
     
 〔今藾蒿(ライコウ,lai4hao1)也。初生亦可食。〕
         
チョウセンヨモギ A. argyi(艾・艾蒿・家艾)か。
         
《苹は、また (ヘイ,qing2)(ヒン,pin2)に通じる。0131・0132参照》
 
0138 連
(レン,lian2)、異翹(イギョウ,yi4qiao2)
      
〔一名連苕(レンチョウ,lian2tiao2)、又名連草(レンソウ,lian2cao3)。『本草』云。〕
         
レンギョウ Forsythia suspensa(連翹)。或はトモエソウ Hypericum ascyron(黃海棠)・オトギリソウ H.erectum(小連翹)か》
 
0139 (タク,ze2)、烏蕵(ウソン,wu1sun1)
      
〔即上(カイ,huai4)也。〕
       
 《0035重出》

0140 傅
(フ,fu4)、横目(オウモク,heng2mu4)
     
 〔一名結縷(ケツル,jie13) 、俗謂之鼓箏草(コソウソウ,gu3zheng1cao3)。〕
 
0141 釐
(リ,li2)、蔓華(マンカ,man4hua2)
      
〔一名蒙華(モウカ,meng3hua2)。〕
 
0142 蔆
(リョウ,ling2)、蕨(ケツビ,jue2mei2)
      
〔蔆、今水中芰(キ,ji4)。〕
       
 《蔆は 菱に同。ヒシ Trapa bispinosa(菱・蔆・菱角・芰)》
 
0143 大菊
(タイキク,da4ju2)、蘧麥(キョバク,qu2mai4)
     
 〔一名麥句薑(バクコウキョウ,mai4gou1jiang1)、即瞿麥(クバク,qu2mai4)。〕
        
カワラナデシコ Dianthus superbus(瞿麥)》
 
0144 (ヘキ,bi4)牡■
{草冠に贊}(ボウサン,mu3zan4)
      
〔未詳。〕
        《薜は、0005・0054・0086・0188に重出》
 
0145 (セン,jian4)、山苺(サンバイ,shan1mei2)
      
〔今之木苺(ボクバイ,mu4mei2)也。實似藨苺(ヒョウバイ,pao1mei2)、而大。亦可食。〕
        
ナガバモミジイチゴ Rubus palmatus(懸鉤子)》
        
葥は0010重出。jian4 と読む時はホウキギまたはナガバモミジイチゴqian2 と読む時はオオバコ
 
0146 齧
(ゲツ,nie4)、苦菫(クキン,ku3jin3)
      
〔今菫葵(キンキ,jin3kui2)也。葉似柳、子如米汋。食之滑。〕
       
 《齧は、0016重出。すみれの仲間》

0147 
(タン,tan2)、石衣(セキイ,shi2yi1)
      
〔水苔(スイタイ,shui3tai2)也。一名石髮(セキハツ,shi2fa4)。江東食之。或曰藫。葉似{『諸橋』12,No.43260。と同字}而大。生水底。亦可食。〕

0148 
(キク,ju2)、治(チショウ,zhi4qiang2)。
     
 〔今之秋華菊(シュウカキク,qiu1hua1ju2)。〕
        
キク Dendranthema grandiflorum(菊)》

0149 唐蒙
(トウモウ,tang2meng2)、女蘿(ジョラ,nü4luo2)
0150 女蘿、菟絲
(トシ,tu4si1)
      
〔別四名。『詩』云、爰采唐矣。〕
       
 《サルオガセ Usnea longissima(長松蘿)・ヨコワサルオガセ U.diffracta(破莖松蘿・節松蘿・雲霧草)。0202重出》
 
0151 苗(ビョウ,miao2)(チョウ,tiao2)
     
 〔未詳〕
        
蓨(チョウ,tiao2)はギシギシ Rumex japonicus(羊蹄)。0072重出
 
0152 
(ケイ,gui1)、蒛葐(ケツボン,que1pen2)
      
〔覆葐(フクボン,fu4fen2)也。實似苺(バイ,mei2)而小、亦可食。〕
       
 《覆盆子(フクボンシ,fu4pen2zi)はキイチゴの仲間、R.chingii(華東復盆子)や、ナガバモミジイチゴ R.palmatus(懸鈎子)・R.coreanus(插田泡)・R.corchorifolius (山苺)など》
 
0153 
(キュウ,ji1)、菫草(キンソウ,jin4cao3)
      
〔即烏頭(ウトウ,wu1tou2,うず)也。江東呼爲菫、音靳。〕
       
 《菫・堇は同字。トリカブト Aconitum calmichaeli(烏頭)
 
0154 
(セン,jain1)、百足(ヒャクソク,bai3zu2)
      
〔未詳。〕
       
 《『漢語大詞典』は、地蜈蚣草とする。『中日大辞典』は、蜈蚣草(ゴコウソウ,wu2gong1cao3)を タマシダ或はモエジマシダとする。》
        
《タマシダ Nephrolepis auriculata・モエジマシダ Pteris vittata(蜈蚣草・蜈蚣蕨)》

0155 
(ケン,jian1)、戎葵(ジュウキ,rong2kui2)
      
〔今蜀葵(ショクキ,shu2kui2)也。似葵(キ,kui2)、華如木槿木槿(ボクキン,mu4jin3)華。〕
        
タチアオイ Alcea rosea(Althaea rosea;蜀葵)》

0156 
(ケイ,ji4)狗毒(コウドク,gou3du2)
      
〔樊光云、俗語苦如蘻。
       
 《『諸橋大漢和辞典』は、まちんと》

0157 垂
(スイ,chui2)、比葉(ヒヨウ,bi3ye4)
     
 〔未詳。〕

0158 蕧
(フク,fu4)、盜庚(トウコウ,dao4geng1)
      
〔旋蕧(センフク,xuan2fu4)、似菊(キク,ju2)。〕
        
ヒルガオ Calystegia japonica(日本天劔)・コヒルガオ C.hederacea(打碗花)。0056・0078重出》

0159 ■
{草冠に字}(シ,zi4)、麻母(バボ,ma2mu3,まぼ)
      
〔苴麻(ショバ,ju1ma2)盛子者。〕
         《■は芓(シ,zi4)と同字。アサ Cannabis sativa(大麻)の雌株。0121重出》

0160 瓝
(ハク,bo2)、九葉(キュウヨウ,jiu3ye4)
      
〔今江東有草五葉、共叢生一莖、俗因名爲五葉。即此類也。〕
        《瓝は、0063重出》
        
《一説(清・翟灝)に、ホザキノイカリソウ Epimedium sagittatum(三枝九葉草)かと》

0161 
(ボウ,miao3)(シソウ,zi3cao3)
      
〔可以染紫、一名(シレツ,zi3lie2)、『廣雅』云。
       
 ムラサキ Lithospermum erythrorhizon(紫草)》

0162 倚商
(イショウ,yi3shang1)、活脱(カツタツ,huo2tuo1)
      
〔即離南(リナン,li2nan2)也。〕
        《カミヤツデ Terapanax papyriferus(通脱木・通草)。0088重出》

0163 
(ショク,zhi1)黃蒢(コウト,huang2chu2)
      
草、葉似酸漿草(サンショウソウ,suan1jiang1cao3,ホオズキ)、小而白、中心黃。江東以作食。〕
        イヌホオズキ Solanum nigrum(龍葵,リョウキ,long2kui2)。
          『漢語大詞典』に、顏之推『顏氏家訓』書證を引いて、「江南別有苦菜、葉似酸漿、其花或紫或白、子大如珠、熟時或赤或黑、此菜可以釋勞。案、郭璞注『爾雅』、此乃蘵、黃蒢也。今河北謂之龍葵」と。》
        蒢は、ワレモコウ Sanguisorba officinalis(地榆,チユ,di4yu2)。『漢語大詞典』に、『廣雅』釋草を引いて、「菗蒢(チュウト,chou2chu2)、地榆也」と。》

0164 藒車
(ケツシャ,qie4che1)、芞輿(キツショ,qi4yu2)
      
〔藒車、香草。見『離騒』。〕

0165 權
(ケン,quan2)、黃華(コウカ,huang2hua1)
      
〔今謂牛芸草(ギュウウンソウ,niu2yun2cao3)爲黃華。華黃、葉似■{草冠に牧}蓿(ボクシュク,mu4xu4)〕
        
《『爾雅』釋木0031に、「權、黃英」として重出》
        
《■{草冠に牧}蓿は、ウマゴヤシ Medicago hispida(苜蓿)・ムラサキウマゴヤシ M.sativa(紫苜蓿)》

0166 
(ビ,mi3)、春草(シュンソウ,chun1cao3)
     
 〔一名芒草(ボウソウ,mang2cao3)、『本草』云。〕
        
フナパラソウ Cynanthum atratum(白薇)》
        
《芒草は、一に菵草・莽草、シキミ属の Illicium lanceolatum(莽草・山木蟹・木蟹柴・大茴)。》

0167 蔠葵
(シュウキ,zhong1kui2)、蘩露(ハンロ,fan2lu4)
      
〔承露(ショウロ,cheng2lu4)也。大莖小葉、華紫黃色。〕
       
 《ツルムラサキ Basella rubra(落葵)》

0168 
(ビ,wei4)、荎藸(チツチョ,chi2chu2)
     
 〔五味(ゴミ,wu3wei4)也。蔓生、子叢在莖頭。〕
        
チョウセンゴミシ Schisandra chinensis(五味子)。釋木0018重出》

0169 蒤(ト,tu2)、委葉
(イヨウ,wei3ye4)
      
〔『詩』云、以茠(コウ,hao1)蒤蓼。〕
        
《田圃の雑草。蒤字は、0021重出》

0170 皇
(コウ,huang2)、守田(シュデン,shou3tian2)
      
〔似烏麥(ウバク,wu1mai4)、子如彫胡米(チョウコベイ,diao1hu2mi3)、可食。生廃田中。一名守氣(シュキ,shou3qi4)。〕
       
 《烏麥は、一説にソバ、一説にカラスムギ
       
 《彫胡米は、マコモ(茭笋)の実》

0171 鉤
(コウ,gou1)藈姑(ケイコ,kui2gu1)
      
〔鉤■{婁偏に瓜}(コウロウ,gou1lou4)也。一名王瓜(オウカ,wang2gua1)、實如瓝瓜(ハクカ,bo2gua1)、正赤、味苦。〕
        
カラスウリ Trichosanthes cucumeroides(王瓜)。瓝は小さい瓜の名
        
《鉤は、0068重出》

0172 望
(ボウ,wang4)、■{[卦算冠に舛]の下に木}(ジョウシャ,cheng2che1)
      
〔可以爲索、長丈餘。〕
        
《■は、乘の本字》

0173 困
(コン,kun4)、衱袶(キョウコウ,jie2jiang4)
     
 〔未詳。〕
        
《本文は、また「困衱、袶」とも》

0174 攫
(カク,jue2)、烏階(ウカイ,wu1jie1)
      
〔即烏杷(ウハ,wu1pa2)也。子相連著、状如杷齒。可以染皂。〕

0175 杜
(ト,du4)、土鹵(ドロ,tu3lu3)
     
 〔杜衡(トコウ,du4heng2)也。似葵而香。〕
       
 《ウスバサイシンの仲間 A. forbesii(杜衡・南細辛)》

0176 盱
(ク,xu1)、虺牀(キショウ,hui3chuang2)
      
〔蛇牀(ジャショウ,she2chuang2)也。一名馬牀(バショウ,ma3chuang2)、『廣雅』云。〕
        
《ハマゼリ属の Cnidium monnieri(蛇牀・蛇床)

0177 
(ベイ,mi3)、蔜(ゴウ,ao2)
     
 〔未聞。〕
        蔜は0087重出。 ハコベ Stellaria media(繁縷・蘩蔞)》

0178 赤袍薊(セキホウケイ,chi4pao2ji4)
      
〔即上 枹薊(フウケイ,fu2ji4)。〕
        
枹薊は0009重出。シナオケラ Atractylodes chinensis(蒼朮)》

0179 菟奚
(トケイ,tu4xi1)、顆涷(カトウ,ke1dong1)
     
 〔款涷(カントウ,kuan3dong1)也。紫赤華、生水中。〕
        
フキタンポポ Tussilago farfara(款冬・橐吾)》

0180 中馗
(チュウキュウ,zhong1qiu2)、菌(キン,jun4)
      
〔地蕈(チシン,di4xun4)也。似蓋。今江東名爲土菌(ドキン,tu3jun4)、亦曰馗廚(キチュウ,qiu2chu2)。可啖之。〕
        
《大型の食用キノコ》
0181 小者、菌。
      
〔大小異名。〕

0182 
(シュウ,zou1)、小葉。
      
〔未聞。〕

0183 苕
(チョウ,tiao2)、陵苕(リョウチョウ,ling2tiao2)
     
 〔一名陵時(リョウジ,ling2shi2)、『本草』云。〕
0184 黃華、蔈
(ヒョウ,biao1)
0185 白華、茇
(ハイ,pei4)
      
〔苕、華色異、名亦不同。音沛。〕
        
ノウゼンカズラ Campsis grandiflora(凌霄花・紫葳)》

0186 
(ビ,mei2)、從水生。
      
〔生於水中。〕
        は蘼蕪(ビブ,mi2wu2)、センキュウ(オンナカズラ) Ligusticum wallichii(川芎)。0096重出》

0187 薇
(ビ,wei1)、垂水(スイスイ,chui2shui3)
      
〔生於水邊。〕
        
カラスノエンドウ Vicia angustifolia(窄葉野豌豆・大巣菜)》

0188 
(ヘキ,bi4)、山麻(サンバ,shan1ma2)
      
〔似人家麻、生山中。〕
        
薜は、0005・0054・0084・0144に重出

0189 莽
(ボウ,mang3)、數節。
      
〔竹類也。節間促。〕
0190 桃
(トウ,tao2)枝四寸、有節。
      
〔今桃枝節間相去、多四寸。〕
0191 
(リン,lin2)、堅中(ケンチュウ,jian1zhong1)
      
〔竹類也。其中實。〕
0192 簢
(ビン,min3)、筡中(トチュウ,tu2zhong1)
      
〔言其中空、竹類〕
        《一説に、「簢・筡、中。」と読む》
0193 仲無、
(コウ,hang2)
      
〔亦竹類。未詳〕
0194 ■
{竹冠に怠}(タイ、dai4)、箭萌(センモウ,jian4meng2)
      
〔萌筍(たけのこ)屬也。『周禮』曰、■葅(ショ,zu1,つけもの)鴈醢(カイ,hai3,ひしお)。
0195 篠
(ショウ,xiao3)、箭(セン,jian4)
      
〔別二名。〕

0196 
(ホウ,bao1)、霍首(カクシュ,huo4shou3)、素華(ソカ,su4hua2)、軌鬷(キソウ,gui3zong1)
      
〔皆未詳。〕

0197 芏
(ト,du4)、夫王(フオウ,fu2wang2)
     
 〔芏草生海邊、似莞藺(カンリン,guan1lin4)。今南方越人采以爲席。〕

0198 
(キ,qi2)、月爾(ゲツジ,yue4er3)
      
〔即紫藄(シキ,zi3qi2)也。似可食。〕
        
ゼンマイ Osmunda japonica(紫藄)》

0199 葴
(シン,zhen1)、馬藍(バラン,ma3lan2)
      
〔今大葉冬藍(トウラン,dong3lan2)也。〕
        《
リュウキュウアイ Strobilanthes cusia;S.flaccidifolius(馬藍)
        
《葴に二義あり。一はホオズキ。0060を見よ》

0200 姚莖
(ヨウケイ,yao2jing1)、涂(トセイ,tu2ji4)
      
〔未詳。〕
 
0201 芐(コ,hu4)、地黃(チコウ,di4huang2,じおう)
      
〔一名地髓(チズイ,di4sui3)。江東呼芐。音
       
 《ジオウ Rehmannia glutinosa(地黃)》

0202 蒙
(モウ,meng2)、王女(オウジョ,wang23)
     
 〔蒙、即唐(トウ,tang2)也。女蘿(ジョラ,nü3luo2)別名。〕
        《サルオガセ Usnea longissima(長松蘿)・ヨコワサルオガセ U.diffracta(破莖松蘿・節松蘿・雲霧草)。0150重出》

0203 拔
(ハツ,fa2)、蘢葛(ロウカツ,long2ge2)
      
〔似葛(カツ,ge2,クズ)、蔓生有節。江東呼爲龍尾(リョウビ,long2wei3)、亦謂之虎葛(コカツ,hu3ge2)。細葉赤莖。〕
        
ヤブガラシ Cayratia japonica(烏蘞苺)》

0204 
(ソク,su4)、牡茅(ボウボウ,mu3mao2)
      
〔白茅(ハクボウ,bai2mao2,チガヤ)屬。〕

0205 菤耳
(ケンジ,juan3er3)、苓耳(レイジ,ling2er3)
      
〔『廣雅』云、枲耳(シジ,xi3er3)也。亦云、胡枲(コシ,hu2xi3)。江東呼爲常枲(ジョウシ,chang2xi3)。或曰、苓耳。形似鼠耳、叢生如盤。〕
        
《Cerasium arvense(卷耳)。オランダミミナグサの同属異種》

0206 蕨
(ケツ,jue2)、■{草冠に}(ヘツ,bie1)
      
〔『廣雅』云、(シキ,zi3qi2)、非也。初生無葉、可食。江西謂之■。
        
《一に、■を(ヘツ,bie1)に作る。ワラビ Pteridium aquilinum var.latiusculum(蕨)

0207 蕎
(キョウ,qiao2)、邛鉅(キョウキョ,qiong2ju4)
      
〔今藥草大戟(タイゲキ,da4ji3)也。『本草』云。〕
       
 《トウダイグサ属のタカトウダイ Euphorbia pekinensis(大戟)》

0208 繁
(ハン,fan2)、由胡(ユウコ,you2hu2)
      
〔未詳。〕
 
0209 
(ボウ,wang2)、杜榮(トエイ,du4rong2)
      
〔今草(ボウソウ,wang2cao3)。似茅、皮可以爲繩索履屩也。〕
       
 《ススキ Miscanthus sinensis(芒・芒草)》
 
0210 
(ロウ,lang2,いぬあわ)、童粱(ドウリョウ,tong2liang2)
      
稂、莠(ユウ,you3)類也。
        
莠は、エノコログサ Setaria viridis(狗尾草)
 
0211 藨
(ヒョウ,pao1)、麃(ヒョウ,pao2)。
      
〔麃、即莓(バイ,mei2)也。今江東呼爲藨莓。子、似覆盆(フクボン,fu4pen2)而大、赤、酢甜可啖。〕
        
ナワシロイチゴ Rubus parvifolius(茅苺)》
 
0212 的
(テキ,di4)、薂(ケキ,xi2)。
      
〔即蓮實也。〕
        
ハス Nelumbo nucifera(蓮)の実。0116重出》

0213 購
(コウ,gou4)、蔏蔞(ショウロウ,shang1lou2)
       
〔蔏蔞、蔞蒿(ロウコウ,lou2hao1)也。生下田。初出可啖。江東用羹魚。〕
         
セイタカヨモギ Artemisia selengensis(蔞蒿)》

0214 茢
(レツ,lie4)、勃茢(ボツレツ,bo2lie4)
      
〔一名石芸(セキウン,shi2yun2)。『本草』云。〕
 
0215 葽繞
(ヨウジョウ,yao3rao4)、棘蒬(キョクエン,ji2yuan1)
      
〔今遠志(エンシ,yuan3zhi4,おんじ)也。似麻黃(バコウ,ma2huang2,まおう)、赤華、葉鋭而黃、其上謂之小草。『廣雅』云。〕
       
 《イトヒメハギ Polygala tenuifolia(遠志)》
 
0216 
(シ,ci4)、刺(シ,ci4)
      
〔草刺針也。關西謂之刺。燕北朝鮮之間、曰茦。見『方言』。
 
0217 蕭
(ショウ,xiao1)、萩(シュウ,qiu1)
     
 〔即蒿(コウ,hao1)。〕
       
 《蒿は、カワラニンジン Artemisia apiacea(蒿・靑蒿)》
 
0218 ■
{草冠に[爻偏に尋]}(タン,tan2)、海(カイソウ,hai3zao3)
      
〔藥草也。一名海蘿(カイラ,hai3luo2)。如亂髮。生海中。『本草』云。〕
        
《■は、又の音は シン・ジン,qian2;xun2。0101重出。は藻の本字》
 
0219 長楚
(チョウソ,chang2chu3)、銚芅(ヨウヨク,yao4yi4)
       
〔今羊桃(ヨウトウ,yang2tao2)也。或曰鬼桃(キトウ,gui3tao2)。葉似桃、華白、子如小麥、亦似桃。〕
        
シナサルナシ Actinidia chinensis(獼猴桃)。銚芅は、銚弋・■{草冠に銚}とも。》
 
0220 蘦
(レイ,ling2)、大苦(タイク,da4ku3)
       
〔今甘草(カンソウ,gan1cao3)也。蔓延生、葉似荷、靑黃、莖赤有節、節有枝相當。或云、蘦似地黃(チコウ,di4huang2)。〕
         
《郭璞説ではカンゾウ Glycyrrhiza uralensis(甘草)、
            沈括(1031-1095)説ではカシュウイモ Dioscorea bulbifera(黃獨・黄藥子)》
 
0221 芣苢
(フイ,fu2yi3)、馬舄(バセキ,ma3xi4)
0222 馬舄
(バセキ,ma3xi4)、車前(シャゼン,che1qian2)
       
〔今車前草。大葉長穗、好生道邊。江東呼爲蝦蟆衣(カマイ,ha2ma2yi1)。
         
オオバコ Plantago asiatica(車前)》
 
0223 綸
(カン,guan1)、似綸。
0224 組
(ソ,zu3)、似組。東海有之。
       
〔綸、今有秩嗇夫所帶、糾青絲綸。組、綬也。海中草生彩理有象之者、因以名云。〕
         
《コンブ Laminaria sp.(昆布)。昆布は綸布の転訛と言う》
 
0225 帛
(ハク,bo2)、似帛。
0226 布
(フ,bu4)、似布。華山有之。
      
 〔草葉有象布帛者。因以名云。生華山中。〕
 
0227 苀
(コウ,hang2)、東蠡(トウレイ,dong1li3)
       
〔未詳。〕
 
0228 緜馬
(メンバ,mian2ma3)、羊齒(ヨウシ,yang2chi3)
       
〔草、細葉、葉羅生而毛、有似羊齒。今江東呼爲鴈齒(ガンシ,yan4chi3)。繅(ソウ,sao1)者、以取繭緒。〕
         
《オシダ科オシダ属の Dryopteris filix-mas(歐洲鱗毛蕨・緜馬)》
 
0229 
(カツ,kuo4)、麋舌(ビゼツ,mi2she2)
       
〔今麋舌草。春生、葉有似於舌。〕
 
0230 搴
(ケン,qian1)柜朐(キョク,ju3qu2)
       
〔未詳。〕
 
0231 
(ハン,fan1)之醜、秋爲蒿(コウ,hao1)
       
〔醜、類也。春時、各有種名、至秋老成、皆通呼成蒿。〕
         
ハイイロヨモギ Artemisia sieversiana(白蒿)。0013・0037重出》
 
0232 芺
(オウ,ao3)・薊(ケイ,ji4)、其實(フ,fu1)
       
〔芺與薊、莖頭皆有蓊臺(オウタイ,weng3tai2)、名荂。荂、即其實、音俘。
 
0233 
(ヒョウ,biao1)
0234
 (フ,fu1)
0235 荼
(ト,tu2)
       
〔即芀(チョウ,tiao2)
0236 猋
(ヒョウ,biao1)
0237 藨
(ヒョウ,biao1)
0238 芀
(チョウ,tiao2)
       
〔皆芀・荼之別名。方俗異語所未聞。〕
         
《みなヨシなどの穂・花を謂う》
0239 葦
(イ,wei3)醜、芀。
       
〔其類、皆有芀秀。〕
 
0240 葭華
(カカ,jia1hua1)
       
〔即今蘆(ロ,lu2)也。〕
         
ヨシ Phragmites communis(蘆葦)》
0241 蒹
(ケン,jian1)(レン,lian2)
       
〔似萑(カン,huan2)而細、高數尺。江東呼爲薕藡(レンテキ,lian2di2)、音廉。〕
         オギ Miscanthus sacchariflorus(荻)》
0242 葭
(カ,jia1)、蘆(ロ,lu2)
      
 〔葦(イ,wei3)也。〕
         ヨシ Phragmites communis(蘆葦)》
0243 
(タン,tan3)、薍(ガン,wan4)
       
〔似葦而小、實中。江東呼爲烏蓲(ウキュウ,wu1qiu1)、音丘。
         
オギ Miscanthus sacchariflorus(荻)》
0244 其萌、■
{草冠に[弓偏に]}(ケン,quan2)
       
〔今江東呼蘆笋爲■、然則萑葦之類。其初生者、皆名■、音繾綣(ケンケン,qian3quan3)。〕
 
0245 
(ユ,yu2)
0246 
(イ,wei3)
0247 
(コウ,huang2)
0248 華
(カ,hua1)
0249 榮
(エイ,rong2)
       
〔『釋言』云、華、皇也。今俗呼草木華初生者爲、音■{豕偏に隋}豬(イチョ,wei3zhu1)。蕍、猶敷蕍、亦華之貌、所未聞。
 
0250 卷施草
(ケンシソウ,juan3shi1cao3)、拔心不死。
       
〔宿莽(シュクボウ,su4mang2)也。『離騒』云。〕
 
0251 
(イン,yun2)、茭(コウ,xiao4)
       
〔今江東呼藕、紹緒如指、空中、可啖者、爲茭(『十三經注疏』本に茇(ハツ,ba2)に作る)茭、即此類。〕
 
0252 
(カイ,gai1)、根。
       
〔別二名。俗呼韭根、爲荄。
 
0253 攫
(カク,jue2)、橐含(タクガン,tuo2han2)
       
〔未詳。〕

0254 華
(カ,hua1)(フ,fu1)
       
〔今江東呼華爲荂、音敷。〕
0255 (カ,hua1)荂榮(フエイ,fu1rong2)
       
〔轉相解。〕
0256 木謂之華、草謂之榮。
0257 不榮而實者、謂之秀
(シュウ,xiu4)、榮而不實者、謂之英(エイ,ying1)。  



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜サイト TOPページへ カワニナデシコ 文藝譜index 中国(漢以後 清以前)index