うきあぜな (浮畦菜) 

学名  Bacopa rotundifolia
日本名  ウキアゼナ
科名(日本名)  ゴマノハグサ科
  日本語別名  
漢名  
科名(漢名)  玄參(ゲンシン,xuanshen)科
  漢語別名  
英名  Disc waterhyssop

2009/08/23 岐阜県白川郷



   オトメアゼナ属 Bacopa(假馬齒莧屬)には、次のようなものがある。
   B. floribunda(多花假馬齒莧)
世界の熱帯に分布、中国では海南島に分布。 
   オトメアゼナ B. monnieri(假馬齒莧)
      
世界の熱帯・亜熱帯に分布、東アジアでは中国(福建・広東・雲南)・臺灣に分布。 
      
中国では、全草を白花猪母菜と称して薬用にする。 
   ウキアゼナ B. reotundifolia  
 ゴマノハグサ科 SCROPHULARIACEAE(玄參科)については、ゴマノハグサ科を見よ。
 
 北アメリカ原産。第二次世界大戦後日本に入り、東海~九州に帰化。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index