さんな (山奈)

学名  Hedychium spicatum
日本名  サンナ
科名(日本名)  ショウガ科
  日本語別名  
漢名  長穗薑花(チョウスイキョウカ,changsuijianghua)
科名(漢名)  薑科
  漢語別名  土良薑(ドリョウキョウ,tuliangjian)、白草菓(ハクソウカ,baicaoguo)、草果藥
英名  
2010/08/24 富山県薬用植物指導センター   「Hedychium spicatum」 サンナ」と表示
なお、IPNI及び『週刊朝日百科 植物の世界』10-188所載の Hedychium spicatum は、花色は白。
『中国本草図録』Ⅴ/2431所載のものは、花色は緋色。

 シュクシャ属 Hedychium(薑花屬)の植物については、シュクシャ属を見よ。
 かつて、李時珍『本草綱目』(ca.1578)などに載る山奈(サンナ,shānnài)・山柰(サンダイ,shānnài)を、この Hedychium spicatrum にあてる説(中尾万三)があった。
 今日では、山奈・山柰はショウガ科 バンウコン属 Kaempferia(山柰屬)のバンウコンK.galanga (山柰・沙薑)とする。
 中国南部(雲南・四川)・ヒマラヤの、海抜1000-2000mの林中に分布する。
 根状の茎・果実を薬用にするという。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index