ぴんぽんのき (ピンポンの木) 

学名  Sterculia monosperma (S.nobilis)
日本名  ピンポンノキ 
科名(日本名)  アオイ科 
  日本語別名   
漢名  蘋婆(ヒンハ,píngpó,びんば) 
科名(漢名)  錦葵(キンキ,jĭnkuí)科 
  漢語別名  鳳眼果、七姐果。枇杷果 
英名  Pimpon 
2007/04/26 館林市つつじが岡温室

 ピンポンノキ属 Sterculia(蘋婆 píngpó 屬)には、 世界の熱帯・亜熱帯に約180-300種がある。

  シマピンポン S. ceramica(臺灣蘋婆)
臺灣・マレシア産
  ヤツデアオギリ S. foetida(香蘋婆) 
インド・インドシナ・マレシア産
  セイランノキ S. lanceolata(假蘋婆・鷄冠皮・山木棉)
両広・西南・インドシナ・マレシア産 
  ピンポンノキ S. monosperma(S.nobilis;蘋婆・七姐果;E.Pimpon)
  S. pexa(棉毛蘋婆・家麻樹・九層皮)
 雲南・インドシナ産
   
 アオイ科 Malvaceae(錦葵 jĭnkuí 科)については、アオイ科を見よ。
 漢名蘋婆(ヒンハ,píngpó,びんば)は、梵語 bimba の音写。インドの bimba はヤサイカラスウリ Coccinea grandis(蘋婆)、赤く熟した果実を蘋婆果と呼び、赤く美しい唇をこれに譬える。中国でピンポンノキを蘋婆と呼ぶのは、果実の色と形がヤサイカラスウリに似ていると考えたからであろう。
 別名を鳳眼果というのは、赤い莢が裂けると 中から黒い種子が姿を現す様子から。 
 和名・英名は、ともに漢名蘋婆 píngpó の音写。
 臺灣・福建・両広・インドシナ・マレーシアに分布。 
 種子を食用。よく煮てから調理すると、栗の如し。 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index