ぺぐのき (ペグの木) 

学名  Senegalia catechu (Acacia catechu)
日本名  ペグノキ 
科名(日本名)  マメ科 
  日本語別名  アセンヤクノキ(阿仙薬木) 
漢名  兒茶(ジチャ,érchá) 
科名(漢名)  豆(トウ,dòu)科 
  漢語別名  孩兒茶、西謝、烏爹泥
英名   
2008/04/17 薬用植物園   「アセンヤクノキ」と標示
 Kew植物園のIPNI・植物智などによれば、
S.catechu の花序は 球状ではなく穗狀だが・・・・

 アラビアゴムノキ属 Senegalia(兒茶 érchá 屬)には、熱帯・亜熱帯に約200-220種がある。

  ツルアカシア S. caesia(Acacia caesia;尖葉相思)
  ペグノキ
(アセンヤクノキ・カテキュアカシア) S. catechu(Acacia catechu, Mimosa catechuu
         ;兒茶) 『中薬志Ⅲ』pp.609-612、『中国本草図録』Ⅰ/0110
  オキナワネム S. rugata(Acacia concinna, A.rugata;藤金合歡・金合歡)
          
『中国本草図録』Ⅸ/4180
  アラビアゴムノキ S. senegal(Acacia senegal;阿拉伯膠樹)
   

 マメ科 Leguminosae(Fabaceae;豆 dòu 科・荳科)については、マメ科を見よ。
 阿仙薬(あせんやく)は、強い収斂性を持ち、止血・下痢止めなどに用いた生薬の和名。
 Uncaria gambir(カギカズラ属を参照)から抽出したものをガンビール阿仙薬、Senegalia catechu から抽出したものをペグ阿仙薬という(今日の日本薬局方はガンビール阿仙薬を用いる)。
 本種はアセンヤクノキと呼ばれたが、U.gambir と区別するために 近年はペグノキと呼ばれる。
 種小名 catechu は、インド現地語からという(なお、ビンロウの種小名も catechu)。 
 雲南・ミャンマー・タイ・ヒマラヤ・インドに分布。
 臺灣・浙江・兩廣・ジャワなどで栽培。 
 芯材を砕いて煎じた汁を濃縮乾燥したものを阿仙薬(E.catechu;C.兒茶)と呼び、(生薬・)色料・香料・染料・革鞣し料・防腐剤などとして用いる(た)。
 熱帯アジアでは、キンマ噛み betel chewing(ビンロウの誌を見よ)の主要な香料。  

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index