にくずく (肉豆蔲) 

学名  Myristica fragrans
日本名  ニクズク
科名(日本名)  ニクズク科
  日本語別名  シシズク
漢名  肉豆蔲(ニクトウコウ,ròudòukòu,にくづく)
科名(漢名)  肉豆蔲(ニクトウコウ,ròudòukòu,にくづく)科
  漢語別名  
英名  Nutmeg
写真は『中国本草図録』Ⅰ/0076・『週刊朝日百科 植物の世界』9-99
 ニクズク科 Myristicaceae(肉豆蔲 ròudòukòu 科)には、世界の熱帯に約21属520種がある。

   Horsfieldia(風吹楠屬・假玉果屬)
 インド・東南アジア・ニューギニア・ミクロネシアに約100種
     H. glabra(風吹楠)
     H. hainanensis(海南風吹楠・假玉果)

   Knema(紅光樹屬・擬肉豆蔲屬)
東南アジアに約90種
     K.furfuracea(紅光樹)
     K. globularia(小葉紅光樹)
     K. pierrei(擬肉豆蔲)

   ニクズク属 Myristica(肉豆蔲屬) 
    
 ニクズク属 Myristica(肉豆蔲 ròudòukòu 屬)には、インド・東南アジア・オーストラリア北東部に約150-170種がある。

   M. argentea(長形肉豆蔲;E.Macassar nutmeg,Papua nutmeg)インドネシアの西イリアン産
   コウトウニクズク M. cagayanensis(臺灣肉豆蔲・蘭嶼肉豆蔲)
 臺灣・フィリピン産
   ニクズク M. fragrans(肉豆蔲・迦拘勒;E.Nutmeg)
        
マレー産、『中国本草図録』Ⅰ/0076・『週刊朝日百科 植物の世界』9-99
   M. malabarica(孟買肉豆蔲;Bombay nutmeg)
   M. simiarum(比律賓肉豆蔲)
   M. yunnanensis(雲南肉豆蔲) 
    
 漢土で豆蔲と呼ぶものは、ほかにショウガ科の
   草豆蔲 Alpinia katsumadai
   白豆蔲 Wurfbainia vera(Amomum kravanh, A.kepulaga)
   紅豆蔲 Alpinia galanga
などがある。
 なお、Amomum cardamomum
(Elettaria cardamomum)は ショウズク(小豆蔲)、いわゆるカルダモン cardamon である。
 豆蔲の意義は、ソウズクの訓を見よ。
 インドネシアのモルッカ諸島 Moluccas(馬魯古群島)原産、広く世界の熱帯で栽培する。
 チョウジとニクズクはモルッカ諸島の特産品であり、16世紀にはポルトガル、17世紀にはオランダによりヨーロッパ運ばれた。18世紀以降、アフリカなど各地で栽培されるようになって、今日に至る。
 日本には、嘉永元年(1848)に長崎に入る。現在では、まったく栽培されていない。
 仮種皮を除いた種子をナツメグ nutmeg(肉豆蔲)と呼び、仮種皮をニクズク花 mace(肉豆蔲衣・玉果花)と呼び、ともに古来香辛料・薬用として著名。『中薬志Ⅱ』pp.120-122 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index