ひまらやゆきのした (ヒマラヤ雪下) 

学名  Bergenia sp.
日本名  ヒマラヤユキノシタ
科名(日本名)  ユキノシタ科
  日本語別名  
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  Bergenia
2007/03/21 所沢市本郷 2007/03/26 三芳町竹間沢
2006/04/24 三芳町竹間沢

 ヒマラヤユキノシタ(チョウセンイワウチワ)属 Bergenia(巖白菜 yánbáicài 属)には、中国・ヒマラヤ
・シベリアに6-7種がある。

  ナガバユキノシタ
(シベリアユキノシタ) B. crassifolia(B.coreana, B.cordifolia;
         厚葉梅・厚葉巖白菜)
朝鮮(北部)・中国(新疆)・モンゴル・シベリアに分布 
  B. emeiensis(峨嵋巖白菜)
四川産 
  カガミユキノシタ B. pacumbis(B.himalaica, B.ligulata;舌巖白菜)
         
中国(雲南・チベット)・ミャンマー・ヒマラヤ・カシミールに分布 
  B. purpurascens(印度巖白菜)
         中国(西南・チベット)・ヒマラヤ産。『雲南の植物Ⅰ』94・『中国本草図録』Ⅴ/2130・
         
『原色高山植物大図鑑』461・『週刊朝日百科 植物の世界』5-275
    var. delavayi(巖白菜)
中国(四川・雲南・チベット)に分布
  B.×schmidtii
 観賞栽培用の雑種 
  B. scopulosa(地白菜・盤龍七)
秦嶺・祁連山産 
  ヒマラヤユキノシタ B. stracheyi(短柄巖白菜)
         
 チベット・ヒマラヤ・タジキスタンに分布。園芸品種ベルゲニアの原種。
         『週刊朝日百科 植物の世界』5-274 
   
 ユキノシタ科 Saxifragaceae(虎耳草科)については、ユキノシタ科を見よ。
 和名は、かつてヒマラヤ起源と考えられたことから。
 今日の園芸品は雑種起源と考えられるが、両親は不明。
 似た品種が多く、日本では品種名が不明確な場合が多いという。
 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index