ひまらやはっかくれん (ヒマラヤ八角蓮) 

学名  Sinopodophyllum hexandrum (S.emodi, Podophyllum hexandrum, P.emodi, Dysosma emodi) 
日本名  ヒマラヤハッカクレン 
科名(日本名)  メギ科 
  日本語別名   
漢名  桃兒七(トウジシチ,táoérqī) 
科名(漢名)  小蘗(ショウハク,xiaobo)科 
  漢語別名   
英名  Himalayan mayapple 

2008/04/29 東京山草会展示

 モモイロミヤオソウ属 Sinopodophyllum(桃兒七屬)には、次の1種がある。

  ヒマラヤハッカクレン S. hexandrum(桃兒七) 
 
 メギ科 Berberidaceae(小蘗科)については、メギ科を見よ。 
     
 中国(陝西・甘粛・雲南・四川・青海・チベット)・ヒマラヤ地方に分布。 
 中国では、根茎・根・果実を薬用にする。 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index