ポプラ 

学名  Populus nigra var. italica
日本名  セイヨウハコヤナギ 
科名(日本名)  ヤナギ科 
  日本語別名  ポプラ、イタリアポプラ
漢名  鑽天楊(サンテンヨウ,zuāntiānyáng) 
科名(漢名)  楊柳(ヨウリュウ,yángliǔ)科
  漢語別名  黑楊、筆楊 
英名  Lombardy poplar, Black poplar
2005/04/21 跡見学園女子大学新座キャンパス(以下、同)
2004/11/27
2005/12/05
2006/12/02
2005/01/11
2006/06/04 北海道大学 (札幌)
 いわゆる「北大のポプラ並木」。
 平成16年(2004)9月8日、台風18号の強風で、半数近くが被害を受けました。
 2006現在 若い苗を植えて、再生がはかられています。

 ヤマナラシ属(ハコヤナギ属) Populus(楊屬)については、ヤマナラシ属を見よ。
 ヤナギ科 Salicaceae(楊柳科)の植物については、ヤナギ科を見よ。
 ヤマナラシというのは 葉柄が扁平で風に震えることから山鳴し、ハコヤナギとは むかし材で扇の箱を作ったことから箱柳という。
 中国では、歴史的にヤナギ科の樹木を楊柳と総称してきた。
 一般的には、そのうちヤマナラシ
(ハコヤナギ)属の樹木を楊と呼び、ヤナギ属の植物を柳と呼ぶ。
 学名の属名は、ラテン語の人民 populus。
 英名ポプラは、広義にはヤマナラシ属の総称、狭義にはセイヨウハコヤナギ P. nigra var. italica。
 「第2次大戦中イタリアで、ヨーロッパクロヤマナラシ P. nigra (英名 black poplar)、その変種で樹形がほうき状となるセイヨウハコヤナギ var. italica (英名 Lombardy poplar)やアメリカクロヤマナラシ P. deltoides (英名 cottonwood)などを使った交雑が行われ、多数の早生の品種すなわちイタリアポプラが作り出された。さらに戦後、より多くの種を用いた育種が世界各国で大々的に進められ、多くのいわゆる改良ポプラの品種が作られた。」(世界大百科事典)
 材は白くて軟らかく、マッチの軸木材。今日では、ほかに包装材・パルプ材などとして用いる。また、街路樹・防風林などとして、広く植栽されている。
 『旧約聖書』の詩篇137に、バビロンの捕囚となった古代イスラエルの人々が、バビロンの流れのほとりに生えた柳の木に竪琴を掛け、故郷のシオンを思い出して涙を流した、とある「バビロンの柳」は、同属のコトカケヤナギ P. euphratica (Balsamiflua euphratica) であったという。
 ローマ時代には、ポプラは家々の前に植えられ、人々はその木陰で集会した。
 中国では、賈思勰『斉民要術』(530-550)巻5に「種楡・白楊」が載る。
 日本では、ポプラの仲間を植栽するようになったのは、明治以降のこと。
 文部省唱歌「牧場の朝」
(1932)に、

   ただ一面に立ちこめた
   牧場の朝の霧の海。
   ポプラ並木のうっすりと
   黒い底から、勇ましく
   鐘が鳴るなる、かんかんと。・・・
 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index