びゃくずく (白豆蔲)

学名  Wurfbainia vera (Amomum krervanh, A.kravanh)
日本名  ビャクズク
科名(日本名)  ショウガ科
  日本語別名  
漢名  白豆蔲(ハクトウコウ, báidòukòu, びゃくずく)
科名(漢名)  薑(姜,キョウ,jiāng)科
  漢語別名  豆蔲、圓豆蔲、紫蔲、十開蔲
英名  Cardamon
 ビャクズク属 Wurfbainia には、中国南部・ヒマラヤ・インドシナ・マレシアに約27種がある。

  W. biflora(Amomum biflorum;雙花豆蔲) マラヤ・スマトラ産
  ジャワビャクズク W. compacta(Amomum kepulaga, A.compactum, Alpina striata,
         Zingiber compactum; 爪哇白豆蔲・白豆蔲 báidòukòu)
        
スマトラ・ジャワ産 『中国本草図録』Ⅰ/0438
  W. longiligularis(Amomum longiligulare;海南砂仁)
         
広東・海南島・インドシナ産『中国本草図録』Ⅰ/0440 
  W. microcarpa(Amomum microcarpum;細砂仁) 広西・インドシナ産
  W. neoaurantiaca(Amomum neoaurantiacum, A.aurantiacum;紅殻砂仁) 雲南産
  ショウガモドキ W. uliginosa(Amomum uliginosum) インドシナ・スマトラ産
  ビャクズク W. vera(Amonmum krervanh, A.kravanh, A.verum; 豆蔲白豆蔲;
          E.Cambodian(Siamese)round cardamon)
          
タイ・カンボジア・ベトナム産。種子を薬用 
  ヨウシュンシャ W. villosa(Amomum villosum, Elettaria villosa;
          砂仁 shārén・陽春砂仁) 福建・兩廣・雲南産
          
果実を薬用。『中薬志Ⅱ』p p.329-335、『中国本草図録』Ⅱ/0938 
    シュクシャ(ミカクシ) var. xanthioides(縮砂蔤 sùshāmì・縮砂・進口砂仁)
          ベトナム・ビルマ・タイ・インドネシア産。種子(砂仁)を薬用。
          『中薬志Ⅱ』pp.329-335、『中国本草図録』Ⅲ/1442
   
 漢名を豆蔲(トウコウ,dòukòu,ずく)という植物には、ほかに次のようなものがある。
   ニクズク Myristica fragrans(肉豆蔲)
   Alpinia galanga(紅豆蔲・大良薑・大高良薑) 中国の両広・雲南に分布。
   ソウズク Alpinia katsumadai(草蔲・草豆蔲) 臺灣・海南島に分布。
   ショウズク Elettaria cardamomum(小豆蔲・三角蔲)
 インドのマラバール地方原産 
 ショウガ科 ZINGIBERACEAE(薑 jiāng 科)については、ショウガ科を見よ。
 和名は、漢名の呉音。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)豆蔲に、「和名加宇礼牟加宇乃美」と。
 豆蔲の意義は、ソウズクの訓を見よ。
 英名カルダモン cardamon は、種子を薬用・香辛料にするショウガ科の植物を指す。いくつかの種があるが、いずれも熱帯アジア産。
 1は、ショウズク Elettaria cardamomum(Amomum cardamomum)。
 2は、1と同様に用いるショウガ科の植物、例えばここに掲げるビャクズク Amomum kravanh。
 インドシナ南部・スマトラに分布。雲南・広東で栽培するが、その量は少ない。
 種子は揮発油を含み、強烈な香りを放つ。
 種子を薬用にする。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index