やはずそう (矢筈草) 

学名  Kummerowia striata(Lespedeza striata, Microlespedeza striata)
日本名  ヤハズソウ
科名(日本名)  マメ科
  日本語別名  ヤハズハギ、ハサミグサ
漢名  鷄眼草(ケイガンソウ, jīyǎncǎo)
科名(漢名)  豆(トウ,dou)科
  漢語別名  
英名  Striate kummerowia, Japan(Japanese) clover
2007/08/30 群馬県 浅間高原

2010/08/22 富山県 魚津市 片貝川流域

2008/09/11 羽村市多摩川原

Click & enlarge.
Click & enlarge.


 ヤハズソウ属 Kummerowia(鷄眼草屬)には、東アジアに2種がある。

   マルバヤハズソウ K. stipulacea(Lespedeza striata var.stipulacea,
        Lespedeza stipulacea;堅毛鷄眼草・長萼鷄眼草・短萼鷄眼草・直立鷄眼草)
       
 『中国本草図録』Ⅴ/2162・『中国雑草原色図鑑』105
   ヤハズソウ K. striata(Lespedeza striata;鷄眼草)『中国雑草原色図鑑』105 
    
 マメ科 LEGUMINOSAE(FABACEAE;豆科)については、マメ科を見よ。
 和名は、葉の先を千切り取ると、残りが矢筈形になることから。
 日本(北海道・本州・四国・九州・琉球)・朝鮮・臺灣・中国(東北・華北・両湖・両広・西南)・ロシア(遠東)に分布。
 牧草として北アメリカに入り、現地で広く帰化している。
 全草を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index