われもこう 

学名  Sanguisorba officinalis
日本名  ワレモコウ
科名(日本名)  バラ科
  日本語別名  ウマズイカ・スイカグサ
漢名  地楡(チユ, dìyú)
科名(漢名)  薔薇(ショウビ,qiangwei)科
  漢語別名  黃瓜香(コウカコウ,huangguaxiang)、玉札、玉豉(ギョクシ,yuchi)、酸赭、野升麻、紅繡毬、土兒紅、一枝箭、紫朶苗子、小紫草、馬猴棗、血箭草
英名  Garden burnet
2021/03/09 小平市玉川上水緑地

2008/07/24 長野県霧が峰

2011/08/15 長野県霧ヶ峰 (八島が原)

2008/09/11 入間市宮寺


2008/08/28 上信県境 湯の丸高原

 ワレモコウ属 Sanguisorba(地楡 dìyú 屬)には、北半球の温帯・亜寒帯に約15種がある。

  シロバナトウウチソウ S. albiflora
  S. alpina(高山地楡)
中央アジア・シベリア・中国(甘粛・寧夏・新疆)産 
  S. applanata(寛蕊地楡)
河北・山東・江蘇産 
  S. canadensis(白花地楡)
 北米東北部産 『中国本草図録』Ⅶ/3162
  S. diandra(疏花地楡)
ヒマラヤ・チベット産 
  S. filiformis (矮地楡・蟲蓮)
四川・雲南・チベット産 
         
『雲南の植物Ⅰ』138・『雲南の植物』128・『中国本草図録』Ⅴ/2151
  カライトソウ S. hakusanensis
  エゾトウウチソ S. japonensis 北海道日高産 
  ミヤマワレモコウ
(ウスイロワレモコウ・メワレモコウ) S. longifolia(S.officinalis
        var.longifolia;長葉地楡) 『中国本草図録』Ⅳ/1679
        
日本(北海道南部・本州中部)・朝鮮・臺灣・中国(東北・華北・華東・両湖・両広・西南)・
        蒙古・シベリア産
  オランダワレモコウ S. minor
  ナンブトウウチソウ S. obtusa
日本(早池峰山)・朝鮮(北部)産 
  ワレモコウ S. officinalis (地楡)『中国雑草原色図鑑』96 
  S. sitchensis (白花地楡)
 『中国本草図録』Ⅲ/1195
  タカネトウウチソウ S. stipulata(S.sitchensis;白花地楡) 『中国本草図録』Ⅲ/1195
  S. tenuifolia

    チシマワレモコウ var. kurilensis(S.grandiflora;大花地楡)
    ナガボノワレモコウ var. tenuifolia(細葉地楡)
         『中国本草図録』Ⅵ/2667『中国雑草原色図鑑』96
   
 バラ科 Rosaceae(薔薇科)については、バラ科を見よ。
 和名の由来は不明。
 俗に吾亦紅・吾紅・吾木香・我木香・吾毛香・割木香などと書くのは、すべて当て字。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)地楡に、「和名阿也女多牟、一名衣比須祢」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)地楡に、「和名阿夜女太無、一云衣比須禰」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』
(1806)に、「アヤメタム和名鈔 ヱビスネ同上 シヒモノマクラ古歌 ノヅチ同上 ワレモカウ ダンゴイタダキ江州 ダンゴバナ勢州 ノコギリサウ ノカヘリ石州 キウリグサ日州 ボウズバナ和州 ノコギリグサ江州 テンビサウ紀州。花色赤キ故ニ名ヅク」と。また「ワレモカウニ同名多シ。麝草・蒼朮・カルカヤニ似たル草 皆ワレモカウノ名アリ」と。
 漢名について、李時珍『本草綱目』(ca.1596)地楡の釈名に、「弘景曰く、〈其の葉は楡に似て長く、初めて生ずるや地に布く。故に名づく。其の花・子、紫黒色、豉の如し。故に又た玉豉と名づく〉と」と。
 属名は、ラテン語で sanguis(血)と sorbere(吸収する)による造語。根を止血薬として用いることから。
 中国(東北・華北・西北・華東・両湖・広西・西南・チベット)・シベリアからヨーロッパに至るユーラシア大陸のほか、日本・樺太に遺存的に分布。
 中国では、根を薬用にし、同属のいくつかの植物の根を同様に用いる。『中薬志Ⅰ』pp.201-203
 また、S. filiformis(矮地楡・綫葉地楡)の根を蟲蓮と呼び、薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index