うまのすずくさ (馬鈴草) 

学名  Aristolochia debilis
日本名  ウマノスズクサ
科名(日本名)  ウマノスズクサ科
  日本語別名  ウマノスズカケ(馬鈴懸)、ウマノスズ、ジャコウソウ、オハグロバナ、ショウモクコウ
漢名  馬兜鈴(バトウレイ,mǎdōulíng)
科名(漢名)  馬兜鈴科
  漢語別名  靑木香(セイボクコウ,qingmuxiang)・土靑木香・野木香根、天仙藤(テンセントウ,tianxianteng)、都淋藤、獨行根、雲南根、臭拉秧子、痒辣菜
英名  Slender dutchman's pipe
2008/06/01 薬用植物園

2005/07/16   薬用植物園

2005/08/11 同上

2009/08/09 さいたま市 田島が原

2007/08/13 薬用植物園

 被子植物の分類については、被子植物 Angiospermae を見よ。
 ウマノスズクサ科 Aristolochiaceae(馬兜鈴科)には、4-5属 約500種がある。
   Apama(阿柏麻屬)
 近年は Thottea に含むことが多い
     A. hainanensis(阿柏麻)
   ウマノスズクサ属 Aristolochia(馬兜鈴屬)
   カンアオイ属 Asarum(細辛屬) 
   Hydnora(鞭寄生屬)
   Lactoris(嚢粉花屬)
   Saruma(馬蹄香屬)
 
 ウマノスズクサ属 Aristolochia(馬兜鈴屬)には、温帯から熱帯に約400種がある。
   A. autroszechuanica(川南馬兜鈴・大葉靑木香)
 『中国本草図録』Ⅶ/3056
   A. braziliensis
   A. calcicola(青香藤・南木香)
   A. championii(三筒管・長葉馬兜鈴)
 『中国本草図録』Ⅱ/05
   A. cinnabarina(四川硃砂蓮)
   A. clematitis(E.;Birthwort)
   マルバウマノスズクサ A. contorta(A.nipponica;北馬兜鈴・馬兜鈴・臭葫蘆・後老婆罐)
         
『中国本草図録』Ⅰ/0033・『中国雑草原色図鑑』18
   コロバウマノスズクサ A. cucurbitifolia(南瓜葉馬兜鈴・瓜葉馬兜鈴・靑木香)
   A. cucurbitoides(齒被馬兜鈴・葫蘆葉馬兜鈴)
   ウマノスズクサ A. debilis(馬兜鈴・靑木香)
   A. delavayi(貫葉馬兜鈴)
      var. micrantha(山草果・山蔓草)
   A. fangchi(防己馬兜鈴・廣防己)
 『中国本草図録』Ⅳ/1590
   A. feddei(大寒藥)
   A. fordiana(通城虎)
   A. gentilis(優貴馬兜鈴・小馬兜鈴・小獨一味)
   A. griffithii(西藏馬兜鈴)
 中国(雲南)・ヒマラヤ産、
         『中国本草図録』Ⅴ/2053・『週刊朝日百科 植物の世界』9-48
   A. hainanensis(海南馬兜鈴)
 『中国本草図録』Ⅲ/1081
   A. heterophylla(異葉馬兜鈴・異形馬兜鈴・漢中防己・防己・靑木香)
         『中薬志Ⅰ』pp.246-255、『中国本草図録』Ⅶ/3057
         
防己についてはツヅラフジを参照。 
   オオバウマノスズクサ A. kaempferi(大葉馬兜鈴)
   A. kwangsiensis(A. shukangii;廣西馬兜鈴・大葉馬兜鈴・管南香)
 『中国本草図録』Ⅰ/0035
   リュウキュウウマノスズクサ A. liukiensis
   キダチウマノスズクサ A. mandshuriensis(Hoquartia manshuriensis;木通馬兜鈴・
         馬木通・關木通)
木通を見よ。『中国本草図録』Ⅳ/1591
   A. minutissama(朱砂蓮)
   A. mollis(柔毛馬兜鈴・金獅藤・金絲藤)
   ビロードウマノスズクサ A. mollissima(綿毛馬兜鈴・尋骨風)
 『中国本草図録』Ⅳ/1592
   モッコウウマノスズクサ A. moupinensis(木香馬兜鈴・寶興馬兜鈴・
         淮通馬兜鈴・穆坪馬兜鈴)
         『雲南の植物Ⅰ』80・『中国本草図録』Ⅶ/3058・『週刊朝日百科 植物の世界』9-34
   A. neolengifolia(綫葉馬兜鈴)
 『中国本草図録』Ⅴ/2054
   アリマウマノスズクサ(ホソバウマノスズクサ) A. onoei(A. arimaensis)
   A. ovatifolia(卵葉馬兜鈴・毛藤香) 『中国本草図録』Ⅶ/3059
   A. recurvilabra(彎唇馬兜鈴)
   A. saccata(嚢花馬兜鈴)
   タイワンウマノスズクサ(アリマウマノスズクサ・ホソバウマノスズクサ)
          A. shimadae(A.onoei;臺灣馬兜鈴・木香・藤薯)
   A. szemaoense(思茅馬兜鈴・夢卜防己)
   A. tagala(卵葉馬兜鈴・耳葉馬兜鈴・黒面防己)
 『中国本草図録』Ⅰ/0036 
   タンザワウマノスズクサ A. tanzawana(A.kaempferi var.tanzawana)
   A. transsecta(粉質花馬兜鈴・細尖馬兜鈴・粉質青木香・蝴蝶暗消)
   A. tuberosa(背蛇生・硃砂連・廣西硃砂連) 『中国本草図録』Ⅹ/4571
   A. tubiflora(管花馬兜鈴・逼血雷)
   A. westlandii(香港馬兜鈴・銀袋・百解馬兜鈴・白金果欖・廣防己・木防己・藤防己・防己)
         
『中薬志Ⅰ』pp.246-255。防己についてはツヅラフジを参照。
   A. yunnanensis(雲南馬兜鈴・南木香)
   コウシュンウマノスズクサ A. zollingeriana(A.kankauensis;港口馬兜鈴)

 また、アリストロキアの通称で 観賞用に栽培するものに、次のようなものがある。
   パイプカズラ A. elegans(A. littoralis)
   A. finbriata
   A. gigantea
ブラジル産
   オオパイプカズラ(ペリカンバナ) A. grandiflora(E.Dutchman's pipe)
       
グアテマラ・アンティル諸島産 
 和名は、果実の形から。漢名も同。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』14(1806)馬兜鈴に、「ジヤカウサウ苗ノ名。下同 ウマノスゞカケ和州 ツンボグサ播州。コノ実耳ヲ毒ス、故ニ名ク チドリサウ同上 ウマノスゞグサ片玉本草 ウマノスゞ実ノ名 スゞナリ勢州。同上 靑木香根名」と。
 属名は、 aristos(最善)+locheia(出産)の意。ヨーロッパでは、A. clematitis の根茎の芳香が分娩の痛みを和らげると考え、これを安産の薬としたことから。
 A. clematitis の英名 Birthwort も同意。なお Birthwort はウマノスズクサ属の植物の総称としても用いる。
 英名 Dutchman's pipe は、花の形から。
 日本(本州中部以南・四国・九州)・中国(河南・山東・安徽・江蘇・浙江・福建・江西・兩湖・廣西)に分布。
 ウマノスズクサ属の植物は、一般に有毒。
 果実を馬兜鈴、茎葉を天仙藤、根を靑木香(土靑木香・獨行根)と呼び、いずれも薬用にする。『中薬志』Ⅰpp.277-281・Ⅱpp.69-74・Ⅲpp.479-481
 ただし、木香(ボクコウ,muxiang,もっこう)と呼ぶ中薬は、本来はまったく別物、木香の解説を見よ。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index