うまのみつば (馬三葉)

 学名  Sanicula chinensis 
 和名  ウマノミツバ 
 科名(和)  セリ科 
  別名(和)   
 漢名  變豆菜(ヘントウサイ,biàndòucài) 
 科名(漢)  繖形(傘形,サンケイ,sănxíng)科 
  別名(漢)  藍布正、鴨脚板 
 英名   

2022/07/20 入間市宮寺 

2007/07/31高尾山

 ウマノミツバ属 Sanicula(變豆菜 biàndòucài 屬)には、世界に約40種がある。

  ウマノミツバ S. chinensis(S.elata var.japonica;變豆菜)
『中国本草図録』Ⅴ/2236
  S. coerulescens(S.stapfiana;天藍變豆菜・尖葉肺經草)
         
湖北・廣東・四川・雲南産 『全國中草藥匯編 上』p.62『中国本草図録』Ⅶ/3257
  ヤマナシウマノミツバ S. kaiensis
山梨長野産
  ヒメウマノミツバ S. lamelligera(S.satsumana;薄片變豆菜・大肺經草)
         
『中国本草図録』Ⅶ/3258
  S. orthacantha(直刺變豆菜・黑鵝脚板)
華東・湖南・両広・陝甘・西南産 『中国本草図録』Ⅵ/2756
  ニイタカミツバ S. petagnioides(臺灣變豆菜)
臺灣産
  クロバナウマノミツバ S. rubriflora(紅花變豆菜)
         
岩手・長野・朝鮮・中国東北・モンゴリア・極東ロシア産『中国本草図録』Ⅳ/1775
  フキヤミツバ S. tuberculata(瘤果變豆菜)
北海道・本州・四国・九州・朝鮮・黒龍江産
   
 セリ科 Apiaceae(Umbelliferae;繖形(傘形) sănxíng 科)については、セリ科を見よ。

  

 北海道・本州・四国・九州・琉球・朝鮮・華東・両湖・西南・西北・東北・極東ロシアに分布。  

  


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index