つるにんじん (蔓人参)

学名  Codonopsis lanceolata
日本名  ツルニンジン
科名(日本名)  キキョウ科
  日本語別名  ジイソブ(爺渋)
漢名  羊乳(ヨウニュウ,yang2ru3)
科名(漢名)  桔梗(ケツコウ,jiegeng)科
  漢語別名  四葉參(シヨウシン,siyeshen)、輪葉黨參、奶參(ダイシン,naishen)・奶薯・乳頭薯・乳薯、山海螺、狗頭參、白蠎肉
英名  
2012/08/28 長野県 茅野市北山

2009/08/09 田島が原

2007/10/04 神代植物公園

 ツルニンジン属 Codonopsis(黨參屬)は、次のようなものがある。
   C. argentea(銀背葉黨參)
   C. bulleyana(管鐘黨參) 
『雲南の植物』214
   C. canescens (灰毛黨參・灰白葉黨參・北路蛇頭黨)
   C. cardiophylla (光葉黨參・大頭黨・心葉黨)
   C. clematidea (新疆黨參・直立黨參)
『原色高山植物大図鑑』85
   C. convolvulacea (鷄蛋參・牛尾參・補血草)
          
『雲南の植物』214・『週刊朝日百科 植物の世界』2-36
     var. forrestii(大金綫吊葫蘆・珠子參)
         
 『雲南の植物Ⅱ』226・『中国本草図録』Ⅷ/3836
     var. hirsuta(硬毛鷄蛋參) 『雲南の植物Ⅱ』226
     var. pinifolia(松葉黨參)
   C. cordifolia(心葉黨參)
   C. cordifolioidea(擬心葉黨參)
   C. deltoides(三角葉黨參)
   C. efilamentosa(缺花絲黨參)
   C. gombalana(貢山黨參)
   C. handeliana(閃毛黨參)
   C. henryi(川鄂黨參)
   C. kawakamii
臺灣産。『週刊朝日百科 植物の世界』2-37
   ツルニンジン(ジイソブ) C. lanceolata (羊乳)
   C. macrantha(大花黨參)
   C. macrocalyx (大萼黨參・巨萼黨參) 『中国本草図録』Ⅷ/3837
   C. meleagris(珠鷄斑黨參)
   C. micrantha (小花黨參)
   C. modesta(素花黨參)
   C. mollis(長花黨參)
   C. nervosa (脈花黨參・柴黨參・綠花黨參・高山黨參) 『中国本草図録』Ⅷ/3838
   C. ovata(卵葉黨參)
   ヒカゲツルニンジン C. pilosula (C. sylverstris;
         黨參,トウシン,dang3shen1,
とうじん・臺參・蔓參・仙草根・葉子菜・
         素花黨參)
         『中薬志Ⅰ』pp.377-382、
『中国本草図録』Ⅰ/0365・『中国雑草原色図鑑』224
     var. glaberrima(無毛黨參)
     var. volubilis(C.volubilis;纏繞黨參)
   C. purpurea(紫花黨參)
   C. subglobosa (球花黨參・蛇頭黨參) 『中国本草図録』Ⅷ/3839
   C. subscaposa (抽葶黨參・康南根)
   トウサン C. tangshen (川黨參)『中薬志Ⅰ』pp.377-382
   C. thalictrifolia(唐松草黨參)
          
『原色高山植物大図鑑』89・『週刊朝日百科 植物の世界』2-38
   C. tsinlingensis (秦嶺黨參)
   C. tubulosa (管花黨參) 
『雲南の植物』214・『中国本草図録』Ⅵ/2869
   バアソブ(婆渋) C. ussuriensis (雀斑黨參)
   C, vinciflora(輻冠黨參)
   C. viridiflora(綠花黨參)  
 キキョウ科 CAMPANULACEAE(桔梗科)については、キキョウを見よ。
 和名ツルニンジンは、根がオタネニンジンに似て、蔓性であることから。
 ジイソブは、バアソブの対、花の内側の文様を、老人のそばかすに擬えて。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』(1806)に、「羊乳ハ ツルニンジン一名ツルシヤジン トゝギニンジン対州 キキヤウガラクサ キキヤウカヅラ勢州 ツリガネカヅラ江戸 チソブ木曽 トゝラモチ羽州 ツリガネニンジン佐州」と。
 漢名に乳・奶とあるのは、根を漢方薬として 婦人の乳汁不足・乳腺炎などの治療に用いることから。
 參(シン,shen)については、オタネニンジンを見よ。
 日本・朝鮮・中国(東北・華北・華東・中南)・ウスリー・アムールに分布。
 中国では、根を四葉參と呼び、薬用にする。
 同属の植物では、ほかに C.pilosula(黨參)の根を 黨參(党参,トウシン,dangshen,
とうじん)と呼び、薬用にする。また、地方により、川黨參・綠花黨參・直立黨參・蛇頭黨參・灰白葉黨參・大頭黨・康南根・小花黨參・管花黨參・卵葉黨參・秦嶺黨參・巨萼黨參などを、黨參として薬用にする。『中薬志Ⅰ』pp.377-382 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index