つぼすみれ (坪菫) 

学名  Viola verecunda
日本名  ツボスミレ
科名(日本名)  スミレ科
  日本語別名  ニョイスミレ、コマノツメ
漢名  菫菜(キンサイ,jǐncài)
科名(漢名)  菫菜(キンサイ,jǐncài)科
  漢語別名  菫菫菜(キンキンサイ,jinjincai)、如意草(rúyìcǎo,にょいそう)
英名 (English Name)  
2007/03/29 野川公園

2007/04/15 神代植物公園

2006/04/13 田島が原

 Kew植物園では、Viola hamiltoniana をこの種の正名とし、V.alata, V.arcuata, V.excisa, V.distans, V.verecunda などをそのシノニムとする。
 『植物智』によれば、Viola arcuata をこの種の正名とし、V.hamiltoniana, V.verecunda, V.alata, V.excisa, V.distans などをそのシノニムとする。
 なお、YList によれば、タイワンツボスミレは Viola arcuata, そのシノニムは V.hamiltoniana auct. non D.Don である。
 スミレ属 Viola(菫菜 jǐncài 屬)の植物については、スミレ属を見よ。
 和名のつぼ(坪・壺)は、一説に庭、一説に距のこと。
 ニョイは仏具の如意、葉の形から。
 日本(北海道・本州・四国・九州)・臺灣・朝鮮・中国(吉林・遼寧・河北・陝甘・華東・両湖・両広・西南)・千島・樺太・ウスリー・アムールに分布。
 中国では、全草を薬用にする。
 『万葉集』に、

   山振
(やまぶき)の咲きたる野辺(ぬべ)のつぼすみれ此の春の雨に盛りなりけり
      
(8/1444,高田女王)
   茅花
(つばな)抜く浅茅(あさぢ)が原のつぼすみれ今盛りなり吾が恋ふらくは
      
(8/1449,大伴田村家大嬢)

とあるのは、今日のツボスミレか、あるいはタチツボスミレか、どちらとも決めがたいという。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index