すずらん (鈴蘭)

学名  Convallaria keiskei (C. majalis var. keiskei)
日本名  スズラン
科名(日本名)  キジカクシ科
  日本語別名  キミカゲソウ(君影草)、ベンケイソウ
漢名  鈴蘭(レイラン,línglán)
科名(漢名)  天門冬(テンモンドウ,tianmendong)科 
  漢語別名  君影草(junyingcao)、草玉鈴(caoyuling)・鈴鐺花、蘆藜花・小蘆藜・小蘆鈴、鹿鈴・鹿鈴草、香水花・草寸香、糜子菜・掃帚糜子、
英名  

2018/05/17 長野県富士見町入笠山

2017/06/11 長野県霧ケ峰八島ケ原

 2006/06/04 北大植物園 (札幌)

 スズラン属 Convallaria(鈴蘭 línglán 屬)は、北半球に1種がある。
   C. majalis
     スズラン var.manshurica
     ドイツスズラン var. majalis(C.transcaucasia)
     アメリカスズラン var. montana(C. majuscula) 
北アメリカ(アパラチア)産 
 スズランの仲間は、ユーラシア大陸北部・北アメリカに分布し、地理的な変異がある。これを、
  (1) ユーラシアのものを、広くユーラシア大陸に分布するドイツスズラン C. majalis と、
    東アジア温帯に分布するスズラン(鈴蘭) C. keiskei に分け、
    北アメリカ産のもの C. majascula とで3種とする説、
  (2) 日本のスズランを、ドイツスズランの変種 var. keiskei とする説、
  (3) アメリカ産のものも含めて、これらを1種 C. majalis に統一する説
     (この説では Convallaria は1種のみとなる)、
などがある。

 日本では、『
改訂新版 日本の野生植物』は(3)の立場を採る。
 中国では、近年の『植物智』は(3)の立場をとる。
 キジカクシ科(クサスギカズラ科) Asparagaceae(天門冬科)については、キジカクシ科を見よ。
 日本では、古くは君懸草(きみかけそう)と呼び、鈴蘭は ラン科のカキランを指したという。
 漢名の鈴蘭・君影草は日本語の輸入。
 属名は、ラテン語「谷」とギリシア語「ゆり」の合成造語(英語の Lily-of-the-valley はこれと同義)
 種小名 majalis は「五月に花さく」。
 日本(北海道・本州近畿以北・九州)・朝鮮・中国(東北を中心に,河北・河南・山東・山西・陝西)・シベリア東部に分布。 
 全草に有毒成分を持つ。
 中国では、開花時の全草・根を薬用にする。『中薬志Ⅲ』p.191 
 北海道の道花。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index