そらまめぞく (ソラマメ属) 

 マメ科ソラマメ属 Vicia(野豌豆yěwāndòu屬)には、世界に約160-240種がある。
 日本には、13種が自生し、広くソラマメを栽培し、また数種が帰化している。

  ツルフジバカマ V. amoena(山野豌豆・宿根巣菜・宿根草藤・豆豆苗・蘆豆苗・山黑豆;
         E.Broad-leaf vetch)『中国雑草原色図鑑』118
  ノハラクサフジ V. amurensis(黑龍江野豌豆)
  ミヤマタニワタシ V. bifolia(V.unijuga var.bracteata)
日本(栃木~愛知)・朝鮮産 
  V. bungei(大花野豌豆・三齒萼野豌豆・三齒草藤・山黧豆
{サンリトウ};E.Bunge vetch)
         『中国雑草原色図鑑』120
  V. chinensis(華野豌豆)
  チョウセンエビラフジ V. chosenensis
  クサフジ V. cracca(廣布野豌豆・巣菜・草藤・細葉落豆秧・肥田草;
         E.Bird vetch, Cow vetch)
『中国雑草原色図鑑』120
  ソラマメ V. faba(蠶豆・南豆・佛豆・胡豆;E.Fava bean, Broadbean, Horse bean,
         Windsor bean)
  ツガルフジ V. fauriei(V.venosa var.fauriei)
 北海道・本州東北産 
  キバナカラスノエンドウ V. grandiflora
  スズメノエンドウ V. hirsuta(薇・苕・小巢菜・硬毛果野豌豆・雀野豆)
  ヒロハクサフジ(ハマクサフジ) V. japonica(東方野豌豆・日本野豌豆・透骨草)
         
日本(北海道・本州近畿以東)・朝鮮・中国(東北・華北・西北)・ロシア(東シベリア・遠東)産 
         
中国では嫩葉を食用。『中国本草図録』Ⅴ/2170
  V. kulingana (V.edentata;牯嶺野豌豆・紅花豆・無萼齒野豌豆)
 『中国本草図録』Ⅶ/3187
  ヒナカラスノエンドウ V. lathyroides
  オニカラスノエンドウ V. lutea
  アレチノエンドウ V. monantha
  V. multicaulis(多莖野豌豆・野毛耳・透骨草)
 『中国本草図録』Ⅴ/2171
  ヨツバハギ V. nipponica
    エダウチヨツバハギ var. ramosa
  V. nummularia(西南野豌豆・黄花野豌豆野馬豆)
  V. ohwiana(頭序歪頭菜)
日本・朝鮮・中国(東北・西北)・ロシア(シベリア・遠東)産 
  オオバクサフジ V. pseudo-orobus(假香野豌豆・大葉野豌豆・槐條花・大葉草藤・蘆豆苗)
         
ユーラシア・北アフリカ暖温帯産 『中国本草図録』Ⅵ/2692 
  V. ramosissima(V.gigantea;大野豌豆・野豌豆・大巣菜) 『中国本草図録』Ⅰ/0142
  V. ramuliflora(V.baicalensis;北野豌豆・貝加爾野豌豆) 『中国本草図録』Ⅸ/4203・4204
  V. sativa
    オオカラスノエンドウ
(オオヤハズエンドウ) ssp. sativa(救荒野豌豆・大巢菜・野綠豆・
         野菜豆・野苕子;E.Common vetch)
         
 『中国本草図録』Ⅵ/2693・『中国雑草原色図鑑』119
    ヤハズエンドウ
(カラスノエンドウ) ssp. nigra(V.angustifolia,
          V.segetalis;窄葉野豌豆・狹葉野豌豆・大巢菜・野綠豆;
         E.Narrowleaved vetch)
『中国雑草原色図鑑』119
      ホソバヤハズエンドウ var. minor
  イブキノエンドウ V. sepium(野豌豆・滇野豌豆;E.Bush vetch)
         
歐洲原産。1568渡来、伊吹山薬草園で栽培。北海道・伊吹山等に帰化 
  カスマグサ V. tetrasperma(四籽野豌豆・烏喙豆)
ユーラシア暖温帯産、北米に帰化 
  ナンテンハギ (タニワタシ・フタバハギ) V. unijuga(歪頭菜・草豆・两葉豆苗)
  V. venosa
    ホソバヨツバハギ ssp. venosa(柳葉野豌豆) 『中国本草図録』Ⅲ/1228
    エビラフジ ssp.cuspidata
      エビラフジ var.cuspidata(V.deflexa)
        エビラフジ f. cuspidata
山形・新潟・長野・富山産 
        ヒメヨツバハギ f. minor
岡山・九州産 
      シロウマエビラフジ var. glabristyla
白馬岳産 
    ビワコエビラフジ ssp. stolonifera
愛知・岐阜・三重・滋賀産 
    シコクエビラハギ ssp. yamanakae
四国産 
  V. villosa
    ビロードクサフジ ssp. villosa(長柔毛野豌豆・毛葉苕子・毛茸苔子;
         E.Fodder vetch)
歐洲・西アジア産、北海道・本州・四国・九州・琉球に帰化 
    ナヨクサフジ ssp. varia
 歐洲産、北海道・本州・四国・九州に帰化 
   
 マメ科 LEGUMINOSAE(FABACEAE;豆科)については、マメ科を見よ。
 属名 Vicia は、vincire(巻きつく)から。
 
 『詩経』に「薇を采(と)り薇を采る」と詠われ、伯夷叔斉が「首陽山に隠れ、薇を采」った(『史記』伯夷叔斉伝)というその薇(ビ,wēi)は、野豌豆の仲間だと言う。(古来これをゼンマイと訓ずるのは誤りと言う)。
 野豌豆属の葉と茎は、味が今日のとうみょう(豆苗・豌豆苗児)によく似て、古代には著名な蔬菜であった。生食も可能であり、またスープの具にもされた。蘇軾が詩に詠った元脩菜がこれであり、巢元脩が嗜んだのでこの名がある。同じ理由で一名を巢菜(ソウサイ,cháocài)といい、今日の野豌豆属の一部の漢名に、それが遺っている。明代には、官により栽培されて、宗廟の祭祀に用いられた。
 若芽を蔬菜とするほか、種子を炒め物にして食い、また花を鑑賞するために栽培することもあった。
 『詩経』国風・召南・草虫に、「彼の南山に陟(のぼ)り、言(ここ)に其の薇を采(と)る」と。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index