しおで

学名  Smilax riparia var. ussuriensis (var.ussuriensis f.maximowiczii, S.oldhami, S.maximowiczii, S.ovatorotunda var.ussuriensis)
日本名  シオデ
科名(日本名)  サルトリイバラ科
  日本語別名  ショデコ
漢名  牛尾菜(ギュウビサイ,niúwěicài)
科名(漢名)  菝葜(ハツカツ,baqia)科
  漢語別名  草菝葜、牛尾蕨・牛尾結、土春根、七層樓
英名  
雌株    2020/07 小平市玉川上水緑地

雄株   2009/07/18 小平市玉川上水緑地

2011/08/15 長野県霧ヶ峰 (八島が原)

2020/10/29 小平市玉川上水緑地

 漢名は、種に対するもの。
 サルトリイバラ属(シオデ属) Smilax(菝葜屬)については、サルトリイバラ属を見よ。
 アイヌ語のシュウォンテから(宮部「アイヌ薬用植物」)
 日本(北海道・本州・四国・九州)・朝鮮・中国(東北・華北・華中・華南・西南)・ウスリーに分布。
 雌雄異株。
 嫩茎・嫩葉は食用。アスパラガスに似た味がする、という。
 本山荻舟『飲食事典』に、「四~五月頃一尺くらいに伸びた若芽を採ると、ウドとイタドリとに似た好風味で、浸し物・和え物殊にクルミ和えにすると季節の山菜中随一といわれる。東北各地に簇生するが多産する点で鳥海山が有名である」と。
 中国では、根を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index