おおばぎぼうし (大葉擬宝珠) 

学名  Hosta sieboldiana var. sieboldiana (H.montana)
日本名  オオバギボウシ
科名(日本名)  キジカクシ科
  日本語別名  トウギボウシ、ウリッパ・ウリイ・ウリュウ・ウルイ、コレイ、ヤマガイロッパ・ヤマオンバク
漢名  
科名(漢名)  天門冬(テンモンドウ,tianmendong)科
  漢語別名  
英名  
2008/07/24 長野県霧ヶ峰
「トウギボウシ・オオバギボウシ HOSTA SIEBOLDIANA」と表示
    2008/07/18 北大植物園
2005/08/01   野川公園自然観察園
2007/02/08 野川公園自然観察園

 Hosta sieboldiana は、もともとは花茎が葉より短い 栽培のトウギボウシに与えられた学名。様々な栽培品種が作られているほか、野生のものにも変異が大きい。
  オオバギボウシ(トウギボウシ) var. sieboldiana
     
日本(北海道南西部・本州・四国・九州)に分布。日本海側のものをトウギボウシ、
     
太平洋側のものをオオバギボウシとして区別しようとする説があるが、
     
変異が大きく、分けるのは困難という(佐竹・田村)
  トクダマ var. condensata(var.glauca, H.tokudama)
  クロナミギボウシ var. fluctans(H.fluctans)
  レンゲギボウシ var. fortunei(H.fortunei)
  ナメルギボウシ var. glabra
  ハガクレギボウシ var. hypophylla
  コギボウシ var. intermedia
  クロギボウシ var. nigrescens(H.nigrescens)
  タチギボウシ var. rectifolia(H.rectifolia)     
 ギボウシ属 Hosta(玉簪 yùzān 屬)は東アジア特産、暖帯~亜寒帯に19種があり、日本には12種が自生する。

   コバギボウシ H. albo-marginata(H. sieboldii;紫玉簪)
   バランギボウシ H. ×alismifolia
   カンザシギボウシ
(イヤギボウシ) H. capitata(var.nakaiana, H.nakaiana)
     サクハナギボウシ var. normalis
   H. cathayana(契丹玉簪)
   サザナミギボウシ H. crispula
   オタフクギボウシ H. decorata
   H. ensata(東北玉簪)
   ラッパギボウシ H. hippeastrum
   ウラジロギボウシ H. hypoleuca
   H. kikutii
     ヒュウガギボウシ var.kikutii
     ウナズキギボウシ
(トサノギボウシ) var. caput-avis(var.tosana,
        H.caput-avis, H.tosana)
     アワギボウシ var. densinervia
     ザラツキギボウシ var. scabrinervia
     スダレギボウシ var. polyneuron
   キヨスミギボウシ H. kiyosumiensis(var.petrophila, H.densa, H.pachyscapa)
   サジギボウシ H. lancifolia
   H. longipes
     イワギボウシ var.longipes
     オヒガンギボウシ var. aequinoctiiantha(H.aequinoctiiantha)
     サイコクイワギボウシ var. caduca
     イズイワギボウシ
(ハチジョウギボウシ・アマギギボウシ) var. latifolia
     ヒメイワギボウシ var. gracillima
   ミズギボウシ H. longissima(var.longifolia, var.brevifolia)
   ケイリンギボウシ H. minor
朝鮮産
   H. plantaginea
     マルバタマノカンザシ var.plantaginea(玉簪 yùzān・棒玉簪・玉春棒・白鶴花)
     タマノカンザシ var. japonica
   ウバタケギボウシ H. pulchella
   セトウチギボウシ H. phycnophylla
   シコクギボウシ H. shikokiana
   オオバギボウシ
(トウギボウシ) H. sieboldiana(var.gigantea, H.montana,
        H.elata, H.crassifolia)
   コバギボウシ H. sieboldii(H.calliantha, H.albomarginata, H.ibukiensis,
         H.helonioides, H.lancifolia, H.rhodeifolia; 紫玉簪)
   アキギボウシ H. tardifolia(H.sparsa)
     コガラシギボウシ var. tortifrons
   ナンカイギボウシ H. ×tardiva(H.cathayana)
   ナガサキギボウシ H. tibae
朝鮮産
   H. tsushimensis
     ツシマギボウシ var. tsushimensis
     ナガキギボウシ var. tibae
   H. undulata
     スジギボウシ var. undulata
     オハツキギボウシ var. erromena
   ムラサキギボウシ H. ventricosa(紫萼・紫玉簪)
   オトメギボウシ H. venusta
朝鮮産
   フギレギボウシ H. yingeri 
 ギボウシ属 Hosta の植物は、変異が多く分類が難しいらしい。
 「ギボウシ属の種は、多型で園芸品種も多く、かつては種が細分されていたが、地理的な変異を考慮すれば、日本の自生種は13種程度に整理される」
(『世界大百科事典』)
 キジカクシ科(クサスギカズラ科) Asparagaceae(天門冬科)については、キジカクシ科を見よ。 
 和名ギボウシ(ギボウシュ)は、若い花序の形(一説に葉の形)を擬宝珠(ぎぼし,ぎぼうしゅ。廊下の欄干の柱などにつける宝珠形の装飾)に擬えて。
 一説に、ぎぼしは ぎぼ(葱穂)の転と(幸田露伴『評釈猿蓑』岩波文庫1937、p.153)
 別名に含まれるガイロッパ・オンバクは、オオバコ
 ウルイは、本種の日光方言。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』13(1806)に、玉簪は「チヤウセンギボウシ トウギボウシ カウライギボウシ ギボウシ筑前 メンバ佐州。児戯ニコノ葉ヲモツテ仮面(メン)トス。故ニ名ク ウルイサウ江戸 ギボウシユ越後」と、また紫鶴・紫萼・紫簪は「ギボウシ サギサウ筑前 アマナ越後 サジギボウ和州 ツチレンゲ羽州 ワスレグサ防州 イハナ勢州」と。国産・外国産の区別を含めて、これらの名で呼ばれたものがどの種に当るのかは不明。
 日本の 北海道・東北・東北・関東・中部の山地の太平洋側に分布。
 オオバギボウシは、「株全体は生育地によってその大小が大いに違い、別種かと思われるほどである。」(牧野)
 ヨーロッパへは、1712年ケンペルがコバギボウシを Joksan(玉簪の訛)として紹介。1789年ころヒッペルトはタマノカンザシとムラサキギボウシを紹介。1830年ころトウギボウシ・スジギボウシ・フクリンギボウシが日本から渡る。これより盛んに改良され、流行した。
 嫩葉は茹でて食用とし、またそれを乾燥したものを山乾瓢(やまかんぴょう)と呼び、保存食物として用いた。
 『花壇地錦抄』(1695)巻四・五「草花 夏之部」に、「ぎぼうし 末。花桜いろ」「唐ぎぼうし 初。さくらいろ。葉ハ手つよくして、立花ニつかふ」と。

   擬宝珠の長き花茎
(はなぐき)ひとつ立ち日のゆく道に傾きはじむ
     
(1938,齋藤茂吉『寒雲』)
 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index