おへびいちご (雄蛇苺) 

学名  Potentilla anemonifolia (P.savalieri, P.wallichiana var.minor, P.wallichiana var.anemonifolia, P.sundaica var. robusta, P.kleiniana)
日本名  オヘビイチゴ
科名(日本名)  バラ科
  日本語別名  オトコヘビイチゴ、ウツマタグサ、ウマツメ
漢名  蛇含委陵菜(ダガンイリョウサイ, shéhán wěilíngcài)
科名(漢名)  薔薇(ショウビ,qiangwei)科
  漢語別名  蛇含(ダガン,shehan)、蛇銜(ダカン,shexian)、五爪龍(ゴソウリョウ,wuzhualong)、五匹鼠
英名  
2009/04/16 入間市宮寺
2007/04/29 野川公園自然観察園
2007/08/07 秋が瀬

 キジムシロ属 Potentilla(委陵菜屬)の植物については、キジムシロ属を見よ。
 漢名について。李時珍『本草綱目』に、劉敬叔『異苑』を引いて、「田夫有り、一蛇の傷けらるるを見る。一蛇、一草を銜えて瘡の上に著く。日を経て、傷ける蛇、乃ち去る。田夫、因りて草を取り、蛇の瘡を治すに、皆な験あり。遂に名づけて蛇銜草と曰う」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』12(1806)蛇含に、「ウツマタグサ延喜式 ヲヘビイチゴ ヲトコヘビイチゴ キランサウ金瘡小草ニモコノ名アリ。故ニ黄花ノキランサウト名テ別ツ 五葉草勢州。漢名の五葉草ハ五爪龍ナリ キジムシロ大和本草」と。
 日本(北海道・本州・四国・九州)・朝鮮・中国(遼寧・陝西・河南・山東・華東・両湖・両広・西南・チベット)・インド・マレーシア・インドネシアに分布。
 全草を蛇含と呼び、薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index