なるこゆり (鳴子百合) 

学名  Polygonatum falcatum
日本名  ナルコユリ
科名(日本名)  キジカクシ科
  日本語別名  エミグサ、オオエミ、ヤマエミ
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2006/05/20 野川公園自然観察園

 Polygonatum falcatum には、次のような変種がある。
    ナルコユリ var. falcatum
    ヒュウガナルコユリ var. hyugaense
    マルバオウセイ var. trichosanthum
    ホソバナルコユリ var. tenuiflorum
 アマドコロ属(ナルコユリ属) Polygonatum(黃精屬)の植物については、アマドコロ属を見よ。
 和名は、実の形から。
 漢名は、李時珍『本草綱目』(ca.1596)黄精の釈名に、「坤土の精粋を得るを以て、故に之を黄精と謂う」と。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)黄精に、「和名阿末奈、一名也末恵美」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)黄精に、「和名於保恵美、一云夜末恵美」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』8
(1806)に、「オホヱミ和名鈔 ヤマヱミ同上 ナルコユリ ササユリ サゝカンザウ ツリガネサウ丹波 ツユクサ地錦抄」と。
 なお、エミクサはアマドコロ
 日本・朝鮮・中国(東北)に分布。
 中国では、P.sibiricum(黄精)などの根茎を、黄精と呼び、薬用にする。なお、地方により いくつかの同属異種の植物の根茎を、黄精として用いる。『中薬志Ⅰ』pp.465-474。
 日本では、ナルコユリやその近似種の根茎を、黄精(おうせい)と呼んで代用する。
2007/05/12 神代植物公園
ナルコユリとワニグチソウの雑種か

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index