まいづるそう (舞鶴草)

学名  Maianthemum dilatatum
日本名  マイヅルソウ
科名(日本名)  キジカクシ科
  日本語別名  
漢名  擴葉舞鶴草(カクヨウブカクソウ, kuoyewuhecao)
科名(漢名)  天門冬(テンモンドウ,tianmendong)科
  漢語別名  
英名  
2018/05/17 長野県入笠山

2018/05/18 長野県軽井沢

2017/07/08 長野県八ヶ岳(横岳)

2008/07/18 北大植物園

 マイヅルソウ属 Maianthemum(舞鶴草 wǔhècǎo 屬)には、北半球に約40種、日本に6種がある。

  M. atropurpureum(Smilacina atropurpurea; 高大鹿藥)
  ヒメマイヅルソウ M. bifolium (舞鶴草・二葉舞鶴草)
        
日本(北海道・本州中部以北)・朝鮮・中国(東北・西北・河北・山西・四川)・樺太・シベリア・カムチャツカ産
  カナダマイヅルソウ M. canadensis
  カラフトユキザサ S. dahurica (Smilacina dahurica; 興安鹿藥) 『中国本草図録』Ⅲ/1431
  マイヅルソウ M. dilatatum(M.bifolium ssp.kamtschaticum,
        M.kamtsvhaticum, 擴葉舞鶴草)
  タイワンユキザサ M. formosanum(Smilacina formosana;臺灣鹿藥)
  M. forrestii(Smilacina forestii;抱莖鹿藥)
  M. fuscum(Smilacina fusca;西南鹿藥)
  S. ginfoshania(金佛山鹿藥)
  M. henryi(Smilacina henryi;管花鹿藥) 
『雲南の植物』30
  S. hirta → S. japonica var. mandshurica
  ユキザサ M. japonicum(Smilacina japonica, S.trinervis;鹿藥 lùyào)
  アイノコマイヅルソウ M.×intermedium 
  M. lichiangense(Smilacina lichiangensis;麗江鹿藥)
  M. oleraceum(Smilacina oleracea;長柱鹿藥)
  M. purpureum(Smilacina purpurea;紫花鹿藥)
  ハルナユキザサ M. robustum(Smilacina robusta, S.japonica var.robusta)
  M. tatsienense(Smilacina paniculata;窄葉鹿藥)
  M. trifolium(Smilacina trifolia;三葉鹿藥)
  M. tubiferum(Smilacina tubifera;合瓣鹿藥)
  ヤマトユキザサ(オオバユキザサ) M. viridiflorum(Smilacina hondoensis)
  ヒロハユキザサ(ミドリユキザサ) M. yezoense(Smilacina yezoensis)
   
 キジカクシ科(クサスギカズラ科) Asparagaceae(天門冬科)については、キジカクシ科を見よ。
 和名は、葉の脈の曲り方を、鶴の羽を広げた形になぞらえて(牧野)。
 日本(北海道・本州・四国・九州)・朝鮮・中国(東北)・千島・樺太・シベリア東部・カムチャツカ・北アメリカに分布。
 中国では、ヒメマイヅルソウ(舞鶴草・二葉舞鶴草)の全草を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index