くさすぎかずら (草杉蔓) 

学名  Asparagus cochinchinensis (A.cochinchinensis var.lucidus, A.lucidus)
日本名  クサスギカズラ
科名(日本名)  キジカクシ科
  日本語別名  テンモンドウ
漢名  天門冬・天冬(テンモントウ,tiānméndōng,てんもんどう)
科名(漢名)  天門冬科
  漢語別名  天冬・天冬草、明天冬、絲冬、老虎尾巴根、九子十弟、三百棒
英名  
2007/04/19 薬用植物園 2007/05/03 同左
2007/05/10 同上
2007/05/26 同上
2007/06/07 同上

   キジカクシ属(クサスギカズラ属) Asparagus(天門冬屬)については、キジカクシ属を見よ。 
 李時珍『本草綱目』(ca.1596)に、「草の茂れる者を虋(モン,men)と為し、俗に門に作る。此の草、蔓 茂り、功 麦門冬に同じ。故に天門冬と曰う。或は天棘(テンキョク,tianji)と曰う。『爾雅』に云う、髦(ボウ,mao) 顚蕀(テンキョク,dianji)なり。其の細葉 髦の如くして、細き棘有るに因る、と。顛と天と、音相い近し。…蘠蘼(ショウビ,qiangmi)、乃ち営実(ノイバラ)の苗なり。而て『爾雅』は指して虋冬と為す。蓋し古書の錯簡なり」と。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)天門冬及び源順『倭名類聚抄』(ca.934)天門冬に、「和名須末呂久佐」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』14(1806)天門冬に、「スベルグサ
延喜式 スマログサ和名鈔 クサスギカヅラ 今ハ通名」と。
 日本(本州以南)・朝鮮・中国(河南・山東・華東・中南・西南)・臺灣・ベトナム・ラオスに分布。
 塊根を天門冬と呼び、薬用にする。『中薬志Ⅰ』pp.90-91 
 宮崎安貞『農業全書』(1696)に、「園に作る薬種」の一として「天門冬」をあげ、
 「天門冬は山谷に自ら生ずる物なり。されど、苗を薬園にうへ、糞養をよくすれば根甚だ多く大(ふと)し。蜜漬にし、砂糖につけて好き物なり。・・・是又薬屋にうりて利なき物にあらず」(岩波文庫本)と。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index