こうもりそう (蝙蝠草)

 学名  Cacalia hastata ssp. farfaraefolia
 和名  コウモリソウ
 科名(和)  キク科
  別名(和)  
 漢名  山尖子(サンセンシ,shanjianzi)
 科名(漢)  菊(キク,ju)科
  別名(漢)  山尖菜
 英名  


2018/07/30 長野県富士見町入笠山
 

 コウモリソウ属 Cacalia(蟹甲草屬)には、北半球に約70種がある。
   カニコウモリ C. adenostyloides(蟹甲草,カイコウソウ,xiejiacao)
   イズカニコウモリ C. amagiensis
   C. ainsliaeflora(兔兒風花蟹甲草・白花蟹甲草・八角香・蜘蛛草)
   C. ambigua(兩似蟹甲草)
   C. auriculata(耳葉蟹甲草・耳葉兔兒傘)
     ミミコウモリ var. kamtschatica
     コモチミミコウモリ var. bulbifera
   C. cyclota(輪耳蟹甲草)
   C. davidii(雙舌蟹甲草・西南蟹甲草・角角天麻)
   モミジガサ
(モミジソウ・シトギ) C. delphiniifolia
   C. deltophylla(三角葉蟹甲草・三角葉兔兒傘)
   ウスゲタマブキ C. farfaraefolia
     タマブキ var. bulbifera
     ミヤマコウモリソウ
(モミジタマブキ) var. acerina
   Cacalia hastata(山尖子・山尖菜)
     コウモリソウ ssp. farfaraefolia(C.maximowicziana)
       オクヤマコウモリ var. alata
       ヤクシマコウモリ var. yakushimense(C.yakushimense)
     ヨブスマソウ ssp. orientalis
       オオバコウモリ var. ramosa
       イヌドウナ var. tanakae
   モミジコウモリ C. kiushiana
   C. latipes(闊柄蟹甲草)
   C. muhlenbergii
北アメリカ東部産 
   オオカニコウモリ
(ニッコウコウモリ) C. nikomontana
   ツクシコウモリソウ C. nipponica
   C. otopteryx(耳翼蟹甲草)
   C. palmatisecta(掌裂蟹甲草)
   タイミンガサ C. peltifolia
   C. pilgeriana(太白山蟹甲草)
   C. profundorum(深山蟹甲草)
   C. roborowskii(蛛毛蟹甲草・八角香) 『中国本草図録』Ⅵ/2879 
   C. rubescens(矢鏃葉蟹甲草・蝙蝠草・牛芳草)
   ヒメコウモリソウ C. shikokiana
   C. tangutica(羽裂蟹甲草・唐古特蟹甲草・猪肚子・鷄多囊・羊角天麻)
   テバコモミジガサ C. tebakoensis
   ヤマタイミンガサ
(タイミンガサモドキ) C. yatabei
     ニシノヤマタイミンガサ var. occidentalis

 キク科 Compositae(菊科)の植物については、キク科を見よ。  

 和名は、葉の形から。

 種としては、日本・朝鮮・中国(東北・華北)・蒙古・サハリン・カムチャツカに分布。
 コウモリソウは、日本の本州
(関東~近畿)の山中に分布。

 

 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index