こんろんそう (崑崙草) 

学名  Cardamine leucantha
日本名  コンロンソウ
科名(日本名)  アブラナ科
  日本語別名  
漢名  白花碎米薺(ハクカサイベイセイ, báihuā suìmĭjì)
科名(漢名)  十字花(ジュウジカ,shízìhuā)科
  漢語別名  白花石芥菜(ハクカセキカイサイ,baihuashijiecai)、菜子七
英名 (English Name)  
2006/06/04 北大植物園 (札幌)

2018/05/18 長野県軽井沢

 タネツケバナ属 Cardamine(碎米薺 suìmĭjì 属)の植物については、タネツケバナ属を見よ。
 和名の由来は不明。「あるいは花の白さを崑崙山の雪にたとえたものか」(牧野富太郎『改訂増補新日本植物図鑑』)。
 北海道・本州・四国・九州・朝鮮・華北・東北・安徽・江蘇・浙江・湖北・四川・極東ロシア・シベリア東部に分布。
 中国では、根を薬用にし、百日咳に用いる。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index