きりんそう (黄輪草) 

学名  Phedimus aizoon var. floribundus (Sedum aizoon var. floribundum, Aizopsis maximowiczii)
日本名  キリンソウ
科名(日本名)  ベンケイソウ科
  日本語別名  
漢名  多花景天(タカケイテン,duohuajingtian)
科名(漢名)  景天(ケイテン,jingtian)科
  漢語別名  多花景天三七(タカケイテンサンシチ,duohuajingtiansanqi)、費菜(ヒサイ,feicai)
英名  
2006/03/04 薬用植物園
2010/05/28 神代植物公園
2008/07/18 北大植物園

 キリンソウ属 Phedimus(費菜 fèicài 屬)には、ユーラシアに十数種があるという。

  P. aizoon
    ホソバノキリンソウ
(ヤマキリンソウ) var. aizoon(Aizopsis aizoon;
         費菜・景天三七・土三七・見血散)
          『中国本草図録』Ⅶ/3138・『中国雑草原色図鑑』87
    var. angustifolius(狹葉垂盆草) 『中国本草図録』Ⅴ/2126
    キリンソウ var. floribundus(Sedum aizoon var.floribundum;
         Aizopsis maximowiczii; 多花景天・多花景天三七)
    var. glabrifolius(乳毛景天三七)
    var. latifolius(寛葉費菜)
 『中国本草図録』Ⅸ/4148
    var. scaber
  P. floriferus(多花費菜)
 山東産 
  P. hsinganicus(興安費菜)
 内蒙古産 
  P. hybridus(雑交費菜)
 中国(新疆)・蒙古・ロシア産 
  エゾノキリンソウ P. kamtschaticus(Sedum kamtschaticum,
         S.aizoon ssp.kamtschaticum, Aizopsis kamtschatica;
         堪察加费菜 kānchájiā fèicài・横根費菜・金不換) 『中国本草図録』Ⅲ/1157
         
日本(北海道)・中国(河北・山西・内蒙古・吉林)・千島・カムチャツカに分布。 
  P. middendorfianus(吉林費菜) 日本・朝鮮・中国(遼寧・吉林)・ロシアに分布するという
  P. odontophyllus(齒葉費菜) 四川産 
  P. selskianus(灰毛費菜)
中国(東北)・ロシア(遠東)産 
  ヒメキリンソウ P. sikokianus(Sedum sikokianum, Aizopsis sikokiana)
         
 日本(四国)産 
   
 ベンケイソウ科 Crassulaceae(景天科)の植物については、ベンケイソウ科を見よ。
 和名のキリンソウは、一説に麒麟草の意。朝鮮名も麒麟草。
 日本(北海道・本州・四国・九州)・朝鮮・中国(四川)・サハリン・カムチャツカに分布。
 日本では、江戸時代から栽培。
 中国では、全草・莖・根を薬用にする。
 『花壇地錦抄』(1695)巻四・五「草花 夏之部」に、「麒麟草 初中。花黄色、小りん」と。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index