きじむしろ (雉蓆) 

学名  Potentilla fragarioides (P.fragarioides var.major, P.rufescens)
日本名  キジムシロ
科名(日本名)  バラ科
  日本語別名  
漢名  苺葉委陵菜(バイヨウイリョウサイ, méiyè wěilíngcài)
科名(漢名)  薔薇(ショウビ,qiangwei)科
  漢語別名  雉子筵、滿山紅
英名  

2016/05/01  蓼科山
2006/03/04 薬用植物園 2007/03/04 野川公園自然観察園
2007/03/29 野川公園自然観察園
 

2006/04/06 小石川植物園
2008/05/04薬用植物園 2007/07/16 神代植物公園

 キジムシロ属 Potentilla(委陵菜 wěilíngcài 屬)には、主に北半球の温帯・寒帯に300-500種がある。

  P. acaulis (星毛委陵菜) 華北・西北産 『中国本草図録』Ⅸ/4163
  P. ambigua (楔葉委陵菜) 『中国本草図録』Ⅸ/4164
  コバナキジムシロ
(アメリカキジムシロ) P. amurensis(P.supina var.ternata,
        P.supina var.campestris)
        
朝鮮・中国に分布,日本には昭和中期に渡来、本州に帰化。
  P. ancistrifolia (皺葉委陵菜・鉤葉委陵菜)
東北・華北・陝甘・湖北・四川産 
  オヘビイチゴ P. anemonifolia, P.savalieri, P.wallichiana var.minor,
        P.wallichiana var.anemonifolia, P.sundaica var. robusta;
        蛇含委陵菜・蛇含・五爪龍)
  ハイキジムシロ P. anglica
ヨーロッパ原産、20c.末に日本に入り、本州に帰化
  P. betonicaefolia(白萼委陵菜・三出葉委陵菜) 東北・内蒙古・河北産『中国本草図録』Ⅸ/4165
  P. biflora
    var. biflora(雙花委陵菜)
 新疆産 
    var. lahulensis(五葉雙花委陵菜)
甘肅・四川・西藏産『週刊朝日百科 植物の世界』5-171
  ヒメヘビイチゴ P. centigrana(蛇苺委陵菜)
        
日本(北海道・本州・四国)・朝鮮・中国(東北・陝甘・四川)・極東ロシア産 
  カワラサイコ P. chinensis(委陵菜 wěilíngcài・黄州白頭翁)
        『中薬志Ⅲ』pp.246-251、『中国雑草原色図鑑』92
  P. conferta(大萼委陵菜・白毛委陵菜)
 華北・西北・西南産 『中国本草図録』Ⅹ/4628
  P. coriandrifolia(荽葉委陵菜)
ヒマラヤ産 『週刊朝日百科 植物の世界』5-176
  ミツモトソウ P. cryptotaeniae(P.aegopodiifolia;狼牙委陵菜)
        
 『中国本草図録』Ⅴ/2140
  P. cuneata(楔葉委陵菜)
西南・チベット産 『雲南の植物』123・『中国雑草原色図鑑』930
  イワキンバイ P. dickinsii(P.ancistrifolia var.dickinsii)
  ツチグリ P. discolor(P.formosana;翻白草 fānbáicǎo・翻白委陵菜・白頭翁)
        
 日本(本州愛知以西・四国・九州)・朝鮮・中国に分布。
        『中薬志Ⅲ』pp.246-251、『中国本草図録』Ⅴ/2141・『中国雑草原色図鑑』93 
  P. eriocarpa (毛果委陵菜)
 陝西・西南・チベット産 『雲南の植物』122
  P. flagellaris (匍枝委陵菜・鷄兒頭苗)
        
東北・華北産 『中国本草図録』Ⅵ/2651・『中国雑草原色図鑑』94
  キジムシロ P. fragarioides(P.fragarioides var.major, P.rufescens;
        苺葉委陵菜・雉子筵・滿山紅)
 『中国本草図録』Ⅲ/1179・『中国雑草原色図鑑』94
  ミツバツチグリ P. freyniana(P.fragiformis var.japonica, O.fragarioides
        var.ternata,P.monophylla;三葉委陵菜・三葉翻白草)
        
 『中国本草図録』Ⅲ/1180
    var. sinica(地蜂子)
  P. glabra(銀露梅) 『雲南の植物』123・『中国本草図録』Ⅷ/3634
  P. griffithii (柔毛委陵菜・紅地楡・雲南翻白草)
 『中国本草図録』Ⅴ/2142
    var. velutina(長柔毛委陵菜・翻白葉・地皮風)
  ヘビイチゴ P. hebiichigo(Fragaria chrysantha, F.indica var.wallichii,
        Duchesnea chrysantha, D.formosana, D.indica var.japonica;
        皺果蛇苺)
  ヤブヘビイチゴ P. indica(Fragaria indica, Duchesnea indica, P.denticulata;
        D.wallichiana, D.major;蛇苺,ダバイ,shemei)
  P. inquinans(白花委陵菜) 『中国本草図録』Ⅸ/4166
  P. lancinata(條裂委陵菜・麗江委陵菜)
西南産 『雲南の植物Ⅰ』132・『雲南の植物』124
  P. leuconota (銀葉委陵菜・錦綫鏢・錦標草・澁草)
        
甘粛・湖北・西南・臺灣産 『中国本草図録』Ⅳ/1669
  P. leucophylla(白葉委陵菜)
 『中国本草図録』Ⅵ/2653
  P. longifolia(腺毛委陵菜)朝鮮・中国(東北・華北・西北)・ロシア産 『中国雑草原色図鑑』94
  P. matsumurae
    ミヤマキンバイ var. matsumurae
      ケミヤマキンバイ f. lasiocarpa
    アポイキンバイ var. apoiensis
    ユウバリキンバイ var. yuparensis(P.apoiensis var.yupariensis)
  チシマキンバイ P. megalantha(P.fragiformis subsp.megalantha)
  オオツキンバイ P. morrisonensis(玉山金梅)
 臺灣産
  P. multicaulis (多莖委陵菜)
 華北・西北産 
  P. multifida (多裂委陵菜) 東北・西北産 『中国本草図録』Ⅸ/4167
  P. nepalensis
ヒマラヤ原産
  ヒロハノカワラサイコ P. niponica(P.pensylvanica var.hypoleuca)
  P. nitida
アルプス・ドロミテ・アペニン原産
  ウラジロキンバイ P. nivea(P.prostrata, P.macrantha, P.iniflora,
        P.altaica, P.matsuokana, P.nervosa, P.yezoensis;雪白委陵菜)
        
広く北半球の寒帯・高山帯に分布、日本では北海道・本州中部、
        
中国では吉林・内蒙古・山西・新疆に産 
  エゾノミツモトソウ P. norvegica
 ユーラシア原産、北米に帰化
       日本には明治時代に渡来、北海道・長野県に帰化
  P. nudicaulis(大委陵菜) 『中国本草図録』Ⅸ/4168
  P. paradoxa(伏委陵菜・仰臥委陵菜・旱蓮草)
        
『中薬志Ⅲ』pp.101-107、『中国本草図録』Ⅵ/2654
  P. parvifolia(Pentaphylloides parvifolia,Dasiphora parvifolia;小葉金老梅)
        
 『中国本草図録』Ⅴ/2134・Ⅷ/3630・『雲南の植物』124
  オオヘビイチゴ
(タチロウゲ) P. recta 南欧原産、栽培品から逸出帰化
  P. reptans (匍匐委陵菜・細蔓委陵菜・金棒錘・金金棒・小五爪龍)
        
歐洲・北アフリカ乃至中国(新疆)に分布。Potentilla の基準種。
    var. sericophylla(絹毛匍匐委陵菜・金金棒)
        
 『中国本草図録』Ⅶ/3151・『中国雑草原色図鑑』95
  P. riparia
    テリハキンバイ var. riparia
    コテリハキンバイ var. miyajimensis
  ツルキンバイ P. rosulifera(P.freyana var.grndiflora, P.yokusaiana)
  P. saundersiana (釘柱委陵菜)
  P. stenophylla(狹葉委陵菜)
西南・チベット産 『雲南の植物』124・『中国本草図録』Ⅷ/3635
  ツルキジムシロ P. stolonifera(P.japonica, P.fragiformis var.japonica)
  オキジムシロ P. supina (P.fauriei, P.paradoxa, P.supina var.paradoxa;
        朝天委陵菜)
ヨーロッパ原産、日本には20c.半ばに帰化。『中国雑草原色図鑑』92
  P. tanacetifolia (菊葉委陵菜)
         東北・華北・陝甘産 『中国本草図録』Ⅸ/4169・『中国雑草原色図鑑』95
  エチゴキジムシロ P. togasii(P.stolonifera var.lancifolia,P.fragarioides
        var.togasii, P.fragarioides var.lancifolia))
  エチゴツルキジムシロ P. toyamensis
  P. utilis(靑刺尖・扁核木)
 『中国本草図録』Ⅴ/2143
  P. viscosa (腺毛委陵菜・粘委陵菜) 『中国本草図録』Ⅶ/3152
   
 バラ科 Rosaceae(薔薇科)については、バラ科を見よ。
 なお、同じくキンバイ(金梅)と名がついても、キンバイソウシナノキンバイキンポウゲ科の植物。
 和名は、根生葉が丸く広がるのを、雉が坐る筵に擬えて。
 属名はラテン語で「力強い」。この仲間に強い薬効があると考えられたことから。
 日本(北海道・本州・四国・九州)・朝鮮・中国(東北・華北・陝甘・華東・湖南・広西・西南)・モンゴル・シベリアに分布、変異が多い。
 地上部を薬用にする。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index