からすむぎ (烏麦) 

学名  Avena fatua
日本名  カラスムギ
科名(日本名)  イネ科
  日本語別名  チャヒキグサ(茶挽草)、スズメノムギ、ニシムケヒガシムケ・ミギムケヒダリムケ、ジネ
漢名  野燕麥(ヤエンバク,yěyànmài)
科名(漢名)  禾本(カホン,heben)科
  漢語別名  燕麥草
英名  Wild oat

2006/05/22 新座市中野

2005/06/08 所沢市南永井
2004/07/06  三芳町竹間沢

 カラスムギ属 Avena(燕麥屬)には、約35種がある。
  ミナトカラスムギ A. barbata(裂稃燕麥)
南ヨーロッパ原産 
  A. chinensis(莜麥)
  A. eriantha(異穎燕麥)
  カラスムギ A. fatua(野燕麥;E.Wild oat)
『中国雑草原色図鑑』291 
  A. ludoviciana(長穎燕麥)
  A. meridionalis(南燕麥)
  ハダカエンバク A. nuda(莜麥)
  マカラスムギ
(オートムギ・エンバク) A. sativa(燕麥 yànmài・鈴當麥・香麥;E.oat)
         
カラスムギからヨーロッパで選抜された栽培植物。『中国本草図録』Ⅸ/4394
  オニカラスムギ A. sterilis ssp. ludoviciana
ヨーロッパ・西アジア原産 
 イネ科 Poaceae(Gramineae;禾本科)については、イネ科を見よ。
 茶挽草の名は、「子供がその穂を採り、油をつけてうりの上にのせ、吹けば茶をひくように廻るのでこのようにいう」(『改訂増補 牧野新日本植物図鑑』)
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)麦に、「和名加良須毛岐」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)穬麦に「和名加良須牟岐」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』18(1806)穬麥に、「カラスムギ和名鈔 カウボウムギ」と。
 西アジア原産。日本には麦とともに入ったものであろう、といい、今日では全国に帰化。
 茎・葉を飼料・肥料とするほか、中国では実を救荒食として利用した。
 また、全草を薬用にする。
 中国では、『爾雅』釋草に「蘥(ヤク,yue)、雀麥(ジャクバク,quemai)」と、郭璞注に「即燕麥(エンバク,yanmai)也」と。
 
  燕麦
(からすむぎ)のなびきおきふす山畑晴れたりとおもふにはや曇りける
     
(1932志文内,斎藤茂吉『石泉』)
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index