やはずえんどう (矢筈豌豆) 

学名  Vicia sativa subsp. nigra (V.angustifolia, V.segetalis)
日本名  ヤハズエンドウ
科名(日本名)  マメ科
  日本語別名  カラスノエンドウ(烏野豌豆)、ノエンドウ(野豌豆)、イララ、シービービー・ピーピーマメ 
漢名  窄葉野豌豆(サクヨウヤエントウ, zhǎiyè yěwāndòu) 
科名(漢名)  豆(トウ,dou)科
  漢語別名  大巢菜(タイソウサイ,dàcháocài)、野豌豆(ヤエントウ,yěwāndòu)、紫花苕子(シカチョウシ, zǐhuā tiáozi)、薇(ビ,wēi)
英名  Narrowleaved vetch
2006/02/22 新座市大和田
2007/03/28 野川公園自然観察園

2008/04/05 田島が原

2006/04/13 秋が瀬
2006/05/20 野川公園自然観察園 2007/05/23 新座市大和田

2010/06/04 掛川市小夜鹿

 Vica sativa には、次の亜種がある。
 
  オオヤハズエンドウ(オオカラスノエンドウ) ssp. sativa(救荒野豌豆・大巢菜・野綠豆・
         野菜豆・野苕子;E.Common vetch)
 歐洲原産という、日本には帰化 
         
 『中国本草図録』Ⅵ/2693・『中国雑草原色図鑑』119
  ヤハズエンドウ(カラスノエンドウ) ssp. nigra(V.angustifolia,
          V.segetalis;窄葉野豌豆・狹葉野豌豆・大巢菜・野綠豆;
         E.Narrowleaved vetch)『中国雑草原色図鑑』119
    
 ソラマメ属 Vicia(野豌豆屬)の植物については、ソラマメ属を見よ。
 和名カラスノエンドウは、熟した種子と莢の色が黒いことから。ヤハズエンドウの名は、小葉の形から。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』23(1806)翹搖の条に、「カラスノヱンドウ、一名イラゝ筑前 イセンド能州 ツゞラフヂ尾州」と。
 ユーラシア大陸の暖温帯に分布。中国では東北・華北以外の全土に産。
 日本には歐洲から帰化し、北海道・本州・四国・九州・琉球に分布。
 春に開花、種子は初夏に熟し、秋に発芽する。
 若い茎葉や果実・熟した種子は食用になる。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index