いそぎく (磯菊) 

学名  Chrysanthemum pacificum (Dendranthema pacificu, Ajania pacificum)
日本名  イソギク
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  イワギク、ハマギク、キラクサ
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2008/05/15 館山市洲崎
2008/08/22 三浦市城ヶ島
2006/11/04 薬用植物園
2006/12/14 神代植物公園

 通常管状花だけからなるが、時に頭花の外周に舌状花が並ぶものがあり、ハナイソギク f. radiatum と呼ぶ。
 かつて、Dendranthema のうち、舌状花の無いものを 別にアヤニア属 Ajania(亞菊屬)としたことがあり、次のようなものが含まれていた。
   A. achilleoides(蓍状亞菊)
   A. latifolia(寛葉亞菊)
   A. myriantha(千花亞菊・千花菊艾)
   イソギク A. pacificum
   オオイワインチン A. pallasiana(亞菊)
   A. parviflora束傘亞菊・小花亞菊)
   A.potaninii(川甘亞菊)
   A. przewalskii(細裂亞菊)
   A. quercifolia(櫟葉亞菊)
   イワインチン A. rupestre
   A. salicifolia(柳葉亞菊)
   シオギク A. shiwoghiku
    キイシオギク(キノクニシオギク) var. kinokuniense
   A. tenuifolia(細葉亞菊・細葉菊艾)
   A. variifolia(異葉亞菊)
 
 米倉(2019)では、これらはキク属 Asteraceae(菊屬)に含められる(但し、中国では今日もこの属を立てる)。
 キクとの自然雑種があり、黄花のものはウラジロギク・サトイソギクなどの名で、白花のものはハナイソギクの名で呼び、栽培する。
 キク属 Chrysanthemum(菊屬)については、キク属を見よ。
 キク科 Asteraceae(菊科)については、キク科を見よ。
 
 千葉県から静岡県の太平洋岸の崖に分布。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index