いらくさ (刺草・苛草) 

学名  Urtica thunbergiana
日本名  イラクサ
科名(日本名)  イラクサ科
  日本語別名  イタイタグサ
漢名  蕁麻(ジンマ,qiánmá)
科名(漢名)  蕁麻(ジンマ,qiánmá)科
  漢語別名  刺草、咬人蕁麻(ゴウジンジンマ,yǎorén qiánmá)、咬人貓
英名  Nettle

 イラクサ科 Urticaceae(蕁麻 qiánmá 科)には、主に世界の熱帯・亜熱帯に約46-55属 約1300-1500種がある。

   ヤブマオ属 Boehmeria(苧麻屬)
 世界に約100種
   Cecropia(號角樹屬)
中南米に約60-80種 
   モリソウ属 Chamabainia(微柱麻屬・蟲蟻菜屬)
東&南アジアに1種
     C. cuspidata(微柱麻・蟲蟻菜・止血草)
チベット東南部及び台湾亜熱帯地区に産 
   コウトウマオ属 Cypholophus(瘤冠麻屬・隆冠麻屬)
臺灣~ニューギニアに約15-36種 
     C. moluccanus(瘤冠麻)
臺灣・インドネシア・フィリピン産 
   ヤナギイチゴ属 Debregeasia(水麻屬)
 アジア・アフリカに約6-9種
     D. longifolia(長葉水麻)
 中国(陝甘・両広・南西)産 
     ヤナギイチゴ D. orientalis(Oreocnide frutescens;水麻)
 
         
日本(本州関東~近畿・四国・九州・琉球)・臺灣・中国(陝甘・両湖・広西・西南)産 
     D. saeneb(D.salicifolia;柳葉水麻)
チベット・ネパール乃至アフリカに分布
     D. squamata(鱗片水麻)
 中国(両広・西南)産 
   イラノキ属 Dendrocnide(火麻樹屬)
熱帯・亜熱帯アジア~太平洋に約37-42種 
     D. basirotunda(Laportea basirotunda;圓基葉火麻樹)
     イラノキ D. meyeniana(Laportea meyeniana, L.pterostigma;
         咬人火麻樹・咬人狗)
臺灣産 
     D. stimulans(Laportea sinuata, L.stimulans(海南火麻樹・全緣葉火麻樹)
     D. urentissima(Laportea urentissima;火麻樹)
雲南・広西産 
   ウワバミソウ属 Elatostema(樓梯草屬)
 アジア・アフリカの熱帯に約350種
   オニイラクサ属 Girardinia(蝎子草屬) アジア・アフリカに2種 
     G. diversifolia(G.palmata;大蝎子草)
     G. suborbiculata(蝎子草)
   ツルマオ属 Gonostegia(糯米團屬) 
東南アジアを中心に約3-5種
     ツルマオ G. triandra(G.hirta, Memorialis hirta, Pouzolzia hirta;
         糯米團・糯米草・糯米條・奶葉藤)
     G. parvifolia(G.neurocarpa;糯米團臺灣・小葉糯米團)
     オトギリマオ G. pentandra(石薯・石珠仔)
 臺灣産
       var. hypericifolia(狹葉糯米團)
   ムカゴイラクサ属 Laportea(艾麻屬)
   チョクザキミズ属 Lecanthus(假樓梯草屬)
 アジア・アフリカに2-4種
     チョクザキミズ L. peduncularis(假樓梯草)
   ウラジロイワガネ属 Leucosyke(四脈麻屬)
東南アジアに約33-35種 
     L. puya(Maoutia puya;水絲麻・翻白葉・三元麻)
     L. quadrinervia(四脈麻)
   コウトウウラジロマオ属 Maoutia(水絲麻屬)
東南アジア~印度に約10-15種 
     M. setosa(蘭嶼水絲麻)
   カテンソウ属 Nanocnide(花點草屬)
   ハドノキ属 Oreocnide(紫麻屬)
熱帯・亜熱帯アジアに16-19種。
     イワガネ O. frutescens(O.fruticosa;紫麻・野麻・大葉麻・大毛葉)
         
日本(四国・九州)・中国(陝甘・華東・両湖・両広・西南)・東南亜・ヒマラヤ産 
     O. integrifolia(全緣葉紫麻)
     O. kwangsiensis(廣西紫麻)
     O. obovata(倒卵葉紫麻)
     ハドノキ O. pedunculata(長梗紫麻・有梗柴苧麻・山水柳)
         
日本(伊豆半島・紀伊半島・四国・九州・琉球)・臺灣産
     O. rubescens(紅紫麻・紅花點草)
   ヒカゲミズ属 Parietaria(墻草屬)
世界の亜熱帯・温帯に約15-24種
     P. micrantha
       ヒカゲミズ var. micrantha(墻草)
         
日本(本州・九州)・朝鮮・中国から歐洲・北アフリカまで分布
       タチヒカゲミズ var. coreana
         
日本(北海道・本州・九州)・朝鮮産 
   サンショウソウ属 Pellionia(赤車屬)
   ミズ属 Pilea(冷水花屬)
   ヌノマオ属 Pipturus(落尾木屬)東南アジア~太平洋諸島・インド洋に約10-30種
     ヌノマオ
(オオイワガネ) P. arborescens(P.asper;落尾木) 
   Poikilospermum
東南アジア・豪州に約20-27種 
   ヤンバルツルマオ属 Pouzolzia(霧水葛屬)
 熱帯・亜熱帯に約40-50種
     P. calophylla(P. argenteonitida;美葉霧水葛・銀葉霧水葛)
     P. niveotomentosa(雪毡霧水葛)
     P. sanguinea
       var. sanguinea(紅霧水葛・靑白麻葉・籽藤・大粘藥)
       var. cinerascens
スマトラ産 
       キダチマオ var. elegans(P.elegans, P.elegantula;
          雅致霧水葛・水鷄油・濟地燕)
 臺灣産
       var. formosana(P.elegans var.formosana)
       var. nepalensis(尼泊爾霧水葛)
     ヤンバルツルマオ
(オオバヒメマオ・ツルマオモドキ) P. zeylanica(霧水葛)
       アリエヒメマオ var. alienata(霧水葛)
       var. microphylla(多枝霧水葛・石珠・石珠仔・霧水葛)
   ウライソウ属 Procris(藤麻屬)
旧世界の熱帯・亜熱帯に約20種 
     セキモンウライソウ P. boninensis 小笠原産 
     ウライソウ
(烏来草) P. crenata(P.wightiana;藤麻) アジア・アフリカの熱帯・亜熱帯産 
     P. pedunculata(P.laevigata, Elatostema laevigatum)
         
マレーシア・ジャワ・ニューギニア・豪州東北部産 
   コケイラクサ属 Soleirolia(金錢麻屬) 地中海地方西部に1種 
     コケイラクサ S. soleirolii(金錢麻)
   イラクサ属 Urtica(蕁麻屬)
    
 イラクサ属 Urtica(蕁麻 qiánmá 屬)には、北半球に約40種がある。 

  U. angustifolia
    ホソバイラクサ var. angustifolia(狹葉蕁麻・小蕁麻・哈拉海・螫麻子)
         日本(北海道・本州・四国・九州)・朝鮮・中国(東北・華北)・シベリア東部・カムチャツカに分布。
         
『中国本草図録』Ⅲ/1079・『中国雑草原色図鑑』17
    ナガバイラクサ var. sikokiana
  U. cannabina (焮麻・麻葉蕁麻・火麻草・哈拉海・蝎子草・螫麻子)
         
中国(東北・華北・西北)産。『中国本草図録』Ⅴ/2049
  U. dentata(湖北紅活麻・蕁麻・火麻草)
 中国(兩湖)に分布
  U. fissa (蕁麻・裂葉蕁麻・白活麻・活麻草)
『中国本草図録』Ⅵ/2548 中国(浙江・湖北・西南)産
  コバノイラクサ U. laetevirens(寛葉蕁麻・哈拉海・螫麻)
         
 日本(北海道・本州近畿以北)・朝鮮・中国(東北・華北)に分布。
  U. mairei(滇藏蕁麻・雲南蕁麻)
中国(雲南)産
  U. macrorrhiza (粗根蕁麻・靑活麻・活麻・火麻・蕁麻・老虎麻)
中国(雲南・西藏)産
  エゾイラクサ U. platyphylla
         
 日本(北海道・本州中部以北)・千島・樺太・シベリア東部・カムチャツカに分布。
  イラクサ U. thunbergiana(咬人蕁麻・蕁麻)
  U. triangularis(三角葉蕁麻・花葉活麻)
中国(雲南・西藏)産
    ssp. pinnatifida(羽裂蕁麻)『中国本草図録』Ⅷ/3530 
    
 和名イラクサのイラはとげ。イラクサとは、とげに触れると痛いことから。
 ミヤマイラクサ Laportea macrostachya にも、イラの名がある。
 英名の nettle も、needle(針)と同語源。
 学名の種名 Urtica は、uro
(焼く)に由来し、傷の痛みから。
 源順『倭名類聚抄』(ca.934)苛に、「和名伊良」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』13(1806)蕁麻に、「イラグサ ユナグサ
摂州 マムシサウ オニアサ ヒトサシグサ イライラ 疼草和方書 イタイタグサ加州」と。
 漢名蕁麻の北京音は qiánmá。ただし、病名の蕁麻疹(じんましん)は xúnmázhěn(昔は qiánmázhěnと読んだが)
 日本(本州福島県以南・四国・九州)・朝鮮・臺灣に分布。
 全体に シリカ silica(二酸化珪素)でできた刺毛が生え、ギ酸(蟻酸) HCOOH を含み、触れると痛く、ときにみみず腫れ・水疱を生じる。
 この浮腫を、医学で蕁麻疹 Urticaria という。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index