ひつじぐさ (未草) 

学名  Nymphaea tetragona var. tetragona (N. crassifolia)
日本名  ヒツジグサ
科名(日本名)  スイレン科
  日本語別名  
漢名  睡蓮(スイレン,shuìlián)
科名(漢名)  睡蓮科
  漢語別名  子午蓮(シゴレン,ziwulian)
英名  Pygmy waterlily
2007/05/26 薬用植物園
2007/10/08 同上
 被子植物の分類については、被子植物 Angiospermae を見よ。
 スイレン科 Nymphaeaceae(睡蓮科)には、5-6属 約60-80種がある。
   Barclaya(合瓣蓮屬) マレーシア乃至インドに4種
   オニバス属 Euryale(芡屬)
 1属1種
   コウホネ属 Nuphar(萍蓬草屬)
   スイレン属 Nymphaea(睡蓮屬)
   オオオニバス属 Victoria(王蓮屬)

 スイレン科 Nymphaeaceae(睡蓮科)には、ジュンサイ科
(ハゴロモモ科)を含める場合がある。
 スイレン属 Nymphaea(睡蓮屬)には、世界各地の熱帯乃至温帯に約40-60種が分布する。
   N. alba(白睡蓮)
ヨーロッパ・北アフリカ産
     var. rubra(紅睡蓮)
   N. caerulea
北アフリカ原産
   N. candida(雪城睡蓮)
   N. gigantea
オーストラリア産
   N. lotus 
アフリカ北部原産。古代エジプトの壁画に描かれたもの。『週刊朝日百科 植物の世界』9-10
     var. pubescens(柔毛齒葉睡蓮) 
『中国本草図録』Ⅵ/2574
   N. mexicana(黄睡蓮)
   ニオイヒツジグサ N. odorata(香睡蓮) 
北アメリカ東部乃至中央アメリカ原産
   アカバナヒツジグサ N. rubra
インド原産。『週刊朝日百科 植物の世界』9-11
   N. stellata(延葯睡蓮)
東南アジア産
   ヒツジグサ N. tetragona(睡蓮) 『中国雑草原色図鑑』59・『週刊朝日百科 植物の世界』9-9 
 日本名のスイレンは、スイレン属 Nymphaea(睡蓮屬)の植物の総称。漢名の睡蓮は、属名のほか、種名としてヒツジグサをも指す。
 園芸植物としてのスイレンは、スイレン属の植物の園芸品種で、ヒツジグサと直接の関係はない。
 日本名のヒツジグサは 未の刻(午後2時)に花を開くというので、漢名の子午蓮は 正午頃に花を開くというので、このように呼ぶ。実際には、この花が開く時刻には幅があるという。
 また、花は午後6時ごろに閉じ、三四日は開閉を繰り返すので、睡蓮という。
 広くアジア・北アメリカに分布し、スイレン属の中では耐寒性があり、日本やロシアにも自生する。中国では北は東北から南は雲南まで分布する。日本ではときに観賞用に栽培される。
 今日では、スイレンとして栽培しているものは ほとんどすべて外国種のもの。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index