ひなぎきょう (雛桔梗)

学名  Wahlenbergia marginata
日本名  ヒナギキョウ
科名(日本名)  キキョウ科
  日本語別名  
漢名  藍花參(ランカシン,lan2hua1shen1)
科名(漢名)  桔梗(ケツコウ,jiegeng)科
  漢語別名  細葉沙參、金綫吊葫蘆、藍花草、娃兒菜、拐棍參、毛鷄腿、寒草、一窩鷄、雀舌草、乳漿草
英名  
2007/07/08 高松市 栗林公園

 ヒナギキョウ属 Wahlenbergia(藍花參屬)は、主に南半球に約100種があり、東アジアにはこの1種が分布する。
   W. hookeri(Cephalostigma hookeri;星花草)
 雲南・タイ北部・インド東部・ジャワに分布 
   ヒナギキョウ W. marginata(藍花參)
 キキョウ科 CAMPANULACEAE(桔梗科)については、キキョウを見よ。
 
 日本(本州関東地方以西・四国・九州・琉球・小笠原)・朝鮮・中国(長江流域以南乃至西南)・東南アジア・オーストラリアに分布。
 中国では、根・全草を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index